当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6話感想について色々と補足を書きます。主にリナについて語っています(笑)
(15:53掲載)
※書き忘れをほんの少し追記しました(この文字色 17:25追記)
以下、EVO-R6話と原作のネタバレです。
 


金曜日以降、6話についての感想を見て回りましたが……それで色々感じる所がありました。
それについてちょっと書いてみます。

●やはり物足りなかった、ここの感想(笑)
今回は原作本編6巻ベースの話でしたが……やはり、それの内容を忘れたままで感想を書くと、原作との比較話が展開できないので、どうしても感想の中身が薄くなってしまいます(汗)
当ブログでは、細かい違和感の指摘もしていますが、あたかも、「木を見て森を見ず」になってしまっている、という気もしますw

ただ、「感想を書く」ということを考えず、単に「話を楽しむ」という点だけで考えれば、原作の話を中途半端に忘れているから、原作との違いという点で不満を感じる部分は少なく、個人的にはけっこう楽しめたので、このスタンスもある意味悪くないかも、とか思わないでもないですが(笑)
REVOを一番楽しめたのは、「スレイヤーズのファンで、なおかつ細かい設定などをあんまり覚えていない・気にしない人だった」というのに似ているかもしれません(爆)

ただ、時間があれば、やっぱり6巻を読み返したいとは思うのですが…やりたいことが多いので、もう無理っぽいです(愚)


●「自分の中のリナ像」について、ちょっとは自信を持ってもいいのかも(笑)
今回のリナについて、感想の中でも、けっこう違和感について触れていました。
それらを抜粋しますと……
『いかにもTV版っぽいと感じられる場面が多かった』
『ラドックのいい人ぶりが丁寧に描かれたあとに、このリナの描写だから、リナのほうが悪者っぽく見えてしまう』
『猿っぽく怒るリナなどもちょっと違和感がありました』
『この間(戦闘中)にリナが呪文を一度も使用しなかったのは、いくら自身が狙われなかったことで虚を突かれたとはいえ、ちょっと不自然に思えます』
(戦闘終盤のリナについて)『正直言って、個人的にはけっこう違和感がありました』


ただ、最後の、戦闘終盤のリナについて、はっきり違和感があると書いた以外は、わりと控えめにしていたつもりです。
それは、「自分の中のリナ像」とは別の、「TV版のリナ像」が自分の中で固まっていないことと、原作6巻の記憶がおぼろげだったためです。
しかし、正直言って、「自分の中のリナ像」に従って言ってしまえば、今回のリナにはかなり違和感がありました。
※「自分の中のリナ像」は、自分では、原作本編のリナにかなり近いと思っています。

上で書いたことと重複しますが、いちおうそれらについて書き連ねてみますと……

・ラドックと会った直後のリナの反応
ラドックは、リナに対してやや高圧的だったものの、原作のような、リナに対して怒り散らすというほどではなく、さらに、少年のことを気遣うなど、原作よりもいい人ぶりが強調されていました。
そのラドックに対して、リナの方は最初からやたらと喧嘩腰で、「なんでそこまで?」と思ってしまい、強い違和感がありました。
あの場面のリナの描写には、少なくとも自分は魅力を感じないですし、むしろ悪い印象をもってしまいました。その後のラドックの、「ラドック=ランザード。お前を殺す」発言以降のリナは好ましかったのですが。

・アベルの発言に怒るリナ
「猿っぽく怒るリナ」も違和感がありましたが、そもそもあの場面で、露骨に怒りをあらわにしてしまうことに違和感を感じました。
もちろん、あれだけ言われれば、内心では怒るでしょうけど、外面としては、わりと冷静に皮肉を交えた発言で切り返したりするのが自然なのではないかと…。

・戦闘に加わらないリナ
あの戦闘、重大な何かが足りない…とは思っていたのですが、セイグラムがいなかったのですね…。どーりで、リナのやることがなくなってるわけです(爆)
…いくらなんでも、それくらい覚えてて欲しかったぞ……自分の脳みそw
戦闘に加わらなかったのは、「自身が狙われなかったことで虚を突かれたため」としか受け取れませんが、そんな理由でリナがいつまでも黙って見ているわけがないですから、もっと明確な理由付けが欲しかったですね。
原作でもよくある「呪文で攻撃したら、仲間に当たってしまいかねない」とか、それくらいは言って欲しかったところです。
まぁ、リナに攻撃をさせなかったのは、あの最後のリナの見せ場(個人的には、とても見せ場とは思えませんが…)のためだったとはわかりますが、ちょっと話が強引すぎたとは思います。
あ。それと、リナが戦闘に加わらない理由としては、「動画をなるべく少なくするため」ということもあったのかも、なんて少し思っていますw
今回は前回同様、作画がイマイチでしたし、動画もかなり少なかったですので(笑)
今回手を抜いた分で、重要な場面の作画がいいものになっていれば悪くはないかも、なんて思ったりもしますw


・戦闘終盤のリナ
6話感想(2)でも触れた、最も違和感の強かった部分です。
あそこはやはり、リナをギャグ調にするべきではなかったと、どうしても思えてしまいます。
そのような展開にするために、リナを戦闘に加わらせることができず、あの戦闘の不自然さが強まってしまいましたから、なおさらです。
そして、率直に言って、あのシリアスな場面でギャグ調に描かれたリナに、自分は全く魅力を感じません。
あれが、REVO2話のようなギャグ多めの話ならまだよかったのですが、今回は、ゼルガディスとアメリアが生命の危機にまで晒されています。ついでに言えば、ガウリイも怪我を負っています。
そのような状況下で、仲間の心配をする様子が感じられず(この点について視聴者側で補完は可能ですが、そのような作業が必要のない描写は可能だったはずです)、自身が蚊帳の外にされたことへの怒りばかりをあらわにするというのは、やはり違和感が強すぎます。
せめて、ゼルガディスとアメリアばかりを狙うことに対しての怒りも織り込まれていれば、だいぶ印象はよくなったと思うのですが。
(それと、ギャグ寄りの凶悪な表情をやめてれば。あの場面であれは浮きすぎです)
スレイヤーズは、確かにシリアスとギャグの両面が魅力の作品だと思いますが、この場面では、それの融合のさせ方を間違えてしまったと、個人的には思えてしまいます。

…以上、「自分の中のリナ像」に従って、思うままに書いてみました(笑)
6話は面白いと感じつつも、その裏でこんな風にも感じていましたから、感想でも本当はこれくらい書いてしまいたかったところでした(笑)
ただ、これはあくまで、「自分の中でのリナ像」であって、「TV版のリナ」とは距離があるかもしれないと思えたため、感想では控えめの表現に留めました。
今回のリナも、戦闘終盤は個人的に、「TV版のリナ」としても許容範囲を超えていましたが、それ以外の部分の、怒りっぽいリナなどについては、旧作でも同レベルの描写があったような気がしますから、それくらいは流すべきなのかもしれないですし。
そんなわけで、「TV版のリナ」にどこまで求めていいのか、自分でもはっきりわかっていなかったりします。それだけに、「原作らしいリナ」や「リナらしいリナ」が見れると嬉しくなってしまうのですが(笑)

それと、原作6巻の記憶がおぼろげなので、当方的に違和感のあった部分で、「原作をそのまま再現していた」なんてことだったりしたらあまりにも恥ずかしすぎるので、今回は及び腰になった面もあります。
結果として、ちょっと率直さに欠ける感想になってしまったかな、と少し反省しています(笑)

ただ、今回のリナに違和感のあった方は多いようですので、自分のリナ観も、ファンの中での公約数からそんなに大きく外れていないのかな、と思えて安心しました(笑)


しかし…この回と同じ脚本の方による、2話でのリナはあまり違和感がなかったのですが…。
(違和感のあったセリフは、覚えている限りでは一つだけです)
今回は、それと比べると、かなり気になってしまいますね…。
大部分はTV版として考えれば諦めもつく範囲内なので、TV版としても「明らかに無理」だったREVO4話や8話より、格段にいいのは間違いないのですが。
ただ、この方の描かれるリナにも好印象な部分はけっこうあるので、もったいない気もしてしまいます。

ところで、脚本…と言えば、次回の方について知ってしまったのですが、
次回は……(以下、いちおう文字色反転します)
あの、4話担当の方のようですね…。
シリアス展開なら問題はないと思いますが……やはりちょっと心配もあります。
ただ、あの回もリナの描写はよかったですから、期待の方が大きいですけど♪



●アメリアについて
今回のアメリアのグドゥザ戦については、原作の「骨を折らせて…」と比べてしまうと、あまりにも物足りないですが、「もしかしたら次回に持っていくのかも」…ということで、感想の中では触れませんでした。
これはアメリアの戦闘の中で一番印象深いので、ぜひともやって欲しいのですが♪


…とりあえず、こんな所でしょうか。
やっぱり、リナについての違和感は言っておかないとすっきりしないので、うだうだ書かせてもらいましたw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/129-d8f174d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。