当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日2件目の投稿です。 (10:26掲載)
まずは初見の、ネタバレにはならない話の印象について、文字色反転で記しています。

●話の方向性
ほぼ全編シリアスと言っていい内容でした。
●全体的な印象
かなり熱くてよかったです。ただ、あまり多くは語れませんが、もう「熱い」というだけではなくなってきました…。
…とりあえず、これを投稿したらもう1回見返しです♪

●その他
今週はもう、予想外すぎでした(笑)
●今後について
代わり映えしないですが……次回が楽しみで仕方ありません!

以下は、EVO-R8話の超ネタバレです。
未試聴の方で、感想だけを見ている方も、この続きはまだ見ないほうがいいです。
まず、初めに一言。

……な……なんですかこの展開は…!?(汗)

途中までは素直に熱くて燃える展開だったのですが…
終盤はなんか……すごいんですけど…。
アベルは死んでしまうは、ズーマもゼロスに始末されてしまうは……

見終わった後の、ずっしり残るこの重さは……なんでしょうか…。
REVOではもう、全くありえなかった感覚です。
というか、個人的には、こんな、胸や喉に重さのようなものが残る話は、久しく味わっていませんでした。

もう、流血の有無がどーこーとか、神滅斬のBGMがどーのこーのとか言ってられるような話ではないですよこれは……(汗)

しかし、全13話中の8話(全26話で例えれば、21話に相当)で、残り5回。
8話の段階でこんな重い展開になると……今後、どんな話になっていくのか、予想もつきませんが……なんか、すごいことになるのでは、という気もします。


これからもう1回見返して、その後、話を追った感想に着手しますが、とてつもなく書きづらいですね…これは。
終盤なんて、とても茶々を入れられる雰囲気ではないですし…。
ただ、原作6巻は読んでおいてよかったです。
まさかここまで原作と違う流れになると思いませんでしたが、そのことで、原作を覚えていないよりも大きな衝撃となりましたので…。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんな展開はびっくりされてしまいました…
今回の話は原作派は原作派ほど、びっくりされてしまたと思います。
2009/03/02(月) 13:28 | URL | 皓日(rhrです) #-[ 編集]
ホントびっくりしました~。
もう、原作付きのアニメにとって原作ってなんなんだろうって思ってしまいました。。
6巻のテーマが完璧かわっちゃいましたね(汗
ズーマさんといい・・レボのディクリスのおっちゃんといい・・無理やり出すことなかったんじゃあ・・?
とか思っちゃ・・
だ、だめですよね(汗
とにかく!最後まで見守るのみですね!
うう~~でもアベルが可哀想すぎて・・・立ち直れないです・・。
2009/03/02(月) 22:57 | URL | りの #-[ 編集]
>皓日さん(rhrさん)
もう、後半数分間は、まさに衝撃の展開でしたね…。
いやもう…本当に本編6巻を直前に読んでおいてよかったです(笑)

おっしゃる通り、原作派の人ほど、今回の話を見ての驚きや衝撃が強いのは確実ですね。
個人的には、これはこれで、原作ファンを強く意識した作りなのではないかと思います。
賛否は別れそうな気がしますけど…。
2009/03/02(月) 23:16 | URL | だーくまろ #-[ 編集]
>りのさん
今回は本当に、驚愕・衝撃の回でしたね。
確かに、もう6巻とは別物になり果ててますから、原作に近い物を求める方には、納得のしづらい回だったのだろうと思います(汗)
また、ズーマは結局かませ犬的役割に終ってしまったような気もしますし、アベルもまさかの最期を遂げてしまいましたから、両者のファンの方にとっても非常に複雑だとは思います。
ただ、個人的には、この回の改変は……ありだと思っています。
(REVOのデュクリスは、さすがに評価できませんが)

自分としても、直前に6巻を読んで、アベルへの好感度が上がっていましたから、あんな予想もしない最期を遂げてしまったのは非常に残念に思いました。今でも、「アベルは生かしておいて欲しかった」という思いは強いですし。
ただ、その代償として引き出せたものも、非常に大きかったように思います。
今回ほどの凄まじいまでの衝撃と、話の重さをTV版スレイヤーズで味わったのは、いつ以来か、もうわかりませんし。…もしかしたら、初めてかもしれません。

それにしても、TV版スレイヤーズで、原作よりも重い「悲劇」の方向性に改変したのは、初めてのような気がします。
これはもう、今後の展開の方向性をも暗示しているのでは、と思えてなりません。
自分としては、今回の話で、期待感がますます強くなりました。
これまでにも何度か書いてますが、今後、本当にものすごいものが見れるのでないかという気がしています。そして、それが次第に確信めいたものにもなってきています。

おっしゃる通り、『とにかく、最後まで見守るのみ』です!
最後には、大きな感動が待っているはずですので…。
2009/03/02(月) 23:57 | URL | だーくまろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/138-c8c55609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。