当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(11:31掲載)
まずは初見の、ネタバレにはならない話の印象について、文字色反転で記しています。

●話の方向性
ほぼ全編シリアスと言っていい内容でした。
●全体的な印象
けっこーよかったです。…例によって書けることがないですけど(笑)
●今後について
次回が楽しみです♪(変化がなさすぎる…w)

以下は、EVO-R11話のネタバレです。
これは試聴された方向けの感想ですので、未試聴の方で、感想だけを読んでいる方も、この続きはまだ見ないほうがいいと思います。
 


今週は、ポコタ、オゼル回でした(笑)
話としては、けっこーよかったとは思うのですが、最終盤にかかったわりには、思っていたより盛り上がりを見せていないような気もします。
(今回は明らかに、そういう方向の話ではなかったですけど)
8話・10話があまりにもインパクトの強い話だったので、それらと比べると、どうしても物足りなく感じてしまう面もあるとは思いますが。
とはいえ、ポコタ、オゼル、リナについては印象に残る場面もありました。
オゼルについても、ようやく色々と理解できましたし…。
(細かいことはまた後で書きますが)
また、見返せば、この回の評価はもっと上がりそうな気はしています。


話の盛り上がりについては、残りあと2話に期待します。
ただ、これであと残り2回って雰囲気が全然しないんですが(笑)
正直言って、11話終了時点では、個人的に期待したほどのものにまでなっていない感じもあるのですが(あまりにも期待が大きすぎ部分もあるでしょうしw)、あと2回でどこまでいくか、楽しみにしています。


あと、今回脚本の方は、4話(と7話)を担当された方だったので、ガウリイの描写がどうなるかについても少し気にしながら見ていたのですが、ごくふつーの当たり障りのなさと感じられました。
前回までの話の流れ的に、今回はとくにガウリナ描写はないだろうと思っていましたが、結局、この脚本の方の真意はわからないまま終わりました(笑)



……ところで、9話で語られた、しかるべき儀式だの、いにしえの魔法とかの話は、本当に9話限定のどうでもいい話だったのですか…(汗)
あそこでギャグ回をやること自体、個人的には全く理解できませんが、最低でも、本筋に関係のある設定と、そうでない設定とは、はっきり区別のつくようにして欲しかったところです。
9話はそうしたことが全然わからないなどの問題があったので、前回の10話も今回も、せっかくいい出来なのに、部分的に違和感が生じる結果となってしまいました。
あの回の失敗ぶりが、ますます鮮明に……。
それ以上書くのは、ここでは控えておきますけど、残り2回でさらに違和感が出たりしないことを祈ります。



今回は、わりと淡々とした回だったので、8・10話の感想よりは早くできるかも、という気がしています(笑)
この記事と同じように、あまり面白みのない感想になるかもしれませんが(汗)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/155-737a32d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。