当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、第3話の感想です。(07:00頃作成、その後07:30過ぎにかけて一部追記)
※以下はネタバレですので、未視聴の方が続きを見るのは玉砕必至と思われます(笑)
※書き忘れなどがあったので、追記しました(7/17 23:00頃と7/18深夜 この色→の文字)
※冷静になってから(笑)3度目の視聴をしましたので、感想を追加しました(この文字色の部分 7/18 23:30頃)
掲示板にいただいた書き込みの返信として、またもやうだうだとネタバレ長文を書きました(7/19 21:40頃)

■お知らせ
第2話感想の誤記訂正と追記しました。(7/17 20:40頃)
※『今後のスレイヤーズREVOLUTIONへの個人的期待♪(妄想風味)』の誤記訂正と追記しました。(7/17 21:30頃)
 
 
 
今回…なんか、ツッコミ所が多いのですが…(汗)
それはともかく、前回の感想ではストーリーを追った書き方をしましたが、かなり大変でしたし(録画を見ながら書くと言う作業が必須w)、そのようなものは他所さまでたくさんありますから(各所で楽しませていただいておりますw)、今回は主な印象に残った点を挙げてみることにします。
(…というか、後述の理由(下の方の文字色の薄い部分)により、今回はストーリーを追った書き方をする気が起こりませんでした…)

今回の話は、原作「すぺしゃる」における話を元にしていたそうですが、既にその話の記憶はほとんど残っておりませんでした(汗)
本編は2回以上読んでいるので、かなり覚えているのですが、「すぺしゃる」のほうは一度きりのことが多いので、よほど印象の強い話以外はあまり覚えてないのです(汗)
ただ、ワイザーというキャラの印象は強く残っていましたので、ようやく本来の姿を見せてくれたか…♪といった感じです。
正直、今まではあまりのクドさに、多少?ウザい感すらしていましたが(リナでなくても、そう思って当然かとw)、ようやくすっきりしました(笑)
また、ワイザーの本質に気付くリナも、いい感じでした♪
(ワイザーについては語りたいこともありますが、今後もまだ出番がありそうという気がしますので、とりあえずここでは触れないでおきます)

そして、3話目にしてようやく、リナ(+ガウリイ)の大食いっぷりが見られました。
ただ、思ったよりは強烈ではなかったような。
…まぁ、TRY序盤のものがインパクトありすぎだったのかもしれませんがw
(あのときはアメリアも混ざって乱闘状態?でしたw)
けど、勝った方がメシ代全額もつって……。
普段、ガウリイのメシ代は、リナの盗賊いぢめ(+海賊いぢめw)で稼いだ金から出ていることが多いような気もするのですが?(笑)
(個人的には、ふつーの仕事で金を稼ぐより、盗賊いぢめでの収入の方が圧倒的に多いというイメージがあります。実態はわからないですけどw)

それと、今回、ワイザーがリナにかけた手錠は特別製とのことでしたが、呪文が効くかは試さないのですかリナさん?w

…それにしてもなぜ、かなづちで叩く?w

かなづちで潰したところで、どーにもならない気がするのは自分だけでしょうか?w
…どうせ道具を使うのなら、金工用の細かい歯のついた鋸のほうが…(絵が地味すぎw)
なんなら、魔皇霊斬(アストラル・ヴァイン)をかけて…w

その後、2回ほどリナがワイザーをぶん殴って、リナも一緒に吹っ飛んで行きましたが(笑)、そのわりには後半で、リナがワイザーを振り回してすっぽ抜けたのは一体…?
まぁ、ギャグなのでさほど問題は感じないですが(笑)
(それにしても…リナのパンチ力すごすぎです。まぁ、ギャグだからですけどw)



さて…今回は、手厳しいことも書かざるを得ませんので、そういったものが苦手な方は以下の文を見ないほうがいいかもしれないです。
(ですので、その部分の文字色は薄くしておきます。見づらいようでしたら、『全て選択』などで色を反転させてください)

作画は、今までもたまに崩れ(絵柄のバラツキや、色の不足(とくに瞳)など)もありましたが、今回はかなり目立っていました。
制作の状況が厳しい?など、色々事情はあるとは思いますが、通常の作画レベルが高いだけになおさら残念に感じてしまいました。
…もちろん、それでも旧作と比べれば格段に綺麗ですし、顔のアップでの崩れはなかったので、かなり贅沢なことを言っているのかもしれませんが(笑)

そして、何よりも気になったのは、今回のリナたちの使用魔法についてです。
まず、レッサーデーモンに対しては、リナは烈閃槍(エルメキア・ランス)を多用していたものの、さすがに4連発は、ふつーに考えて相手に攻撃パターンが読まれやすくなるから、あまり得策ではないような気がします。
まぁ、レッサーデーモン程度が相手なら、問題ないとも思いますが。
…ただ、なによりも見てて変化がなく、物足りなく感じられるのですw
(作画枚数を減らすために同じ魔法を使っているわけではないようですし、せっかくなら3~4種類の魔法を使ったほうが見栄えがするかと♪)

そして、ゼルガディスはレッサーデーモンに爆裂陣(メガ・ブランド)を使ってますが、この相手には物理的攻撃があまり有効ではないため、大してダメージを与えられないはずです…orz

そして、一番引っかかったのは、最後に登場したデスキメラに対してリナが、素人目にもさほど有効とは思えない、炎の矢(フレア・アロー)を使用。
この時点で既に、使用魔法の選択が微妙という気がしますが、まずは様子見で使ってみたとも考えられるので、これはまだいいです。
しかし、一度効かなかったにもかかわらず、その後、なぜか再度使用…。
さらにその後のリナのセリフ「魔法が効かないってのはちょっと面倒ね」って…
炎の矢(フレア・アロー)じゃ、レッサーデーモンにすらダメージを与えられないでしょーがw
ここで使用した魔法が、魔族にも有効なレベルの魔法、それも覇王氷河烈(ダイナスト・ブレス)あたりの高位魔族の力を借りる魔法で、それでも効かない、もしくは敵の攻撃が激しくて呪文が唱えられない(強力な魔法は、呪文詠唱以外に身振りが必要なものが多い)といった状況なら、「ちょっと面倒」ということも納得できるのですが、よりにもよって、一番効かなそうなレベルの魔法とすら思える、炎の矢(フレア・アロー)だけしか使用していないのは違和感ありすぎです。
まぁ、「防御魔法により攻撃魔法が効かない」ということでしたが、これだけの描写では、どの程度のレベルの魔法まで効かないのか、さっぱりわかりませんでした。
その後、「楯突くってのは、こーゆーことよ!!」と叫んだリナが、より強力な魔法を使うか、他の手立てをとるかと思いきや、ガウリイの助け(?)が入って、それも果たせずに終わりました。
(そもそも、この場面はリナが苦戦、といった描写をしていたのか、イマイチわかりません。演出的にはよくあるピンチっぽい描き方ですが、リナはまだ全然実力を発揮してないですしw)
この場面は、見ていると「なんでもっと強力な魔法使わんのぢゃ?」などと感じて少々ストレスがたまってしまいましたし、最後もいまいちすっきりしませんでした。
…リナがしようとしていた『こーゆーこと』が何だったのか、気になって仕方ありません…(笑)
(1話の竜破斬(ドラグ・スレイブ)未使用よりも、すっきりしない感が残っているかも…w)
…どうも、今回の戦闘では、リナの頭のいい部分や機転の良さはもとより、戦闘力の高さもあまり実感できない描き方になってしまい、しかもそれらを感じさせる可能性のあった部分もカットされたため、リナ好きの自分としては、ものすごい消化不良感が残る結果になったようです。
…細かいことを気にしすぎ、というのは自分でもわかっているのですが…(汗)



今回のような、不適切と感じられる魔法の使用法が今回だけで済めばいいのですが、今後もあったら…と思うと、多少不安にもなってしまいます。
制作の方の、スレイヤーズの魔法に対する理解度が低いせいでこうなった、ということでなければいいのですが…。
先週の第2話では、使用呪文の選択については適切と思われましたので(ポコタが人間と同じ、物理攻撃が有効な存在であるとの前提で、ですが)、大丈夫と思いたいですが…。
今後おそらく見られる(と思われる)、対魔族戦で、炎の矢(フレア・アロー)、火炎球(ファイヤーボール)などの連発では、興ざめなんてレベルではないですし…(滝汗)
過去のTV版スレイヤーズにおける、シリアス時の戦闘は思い出すだけでも熱くなれる、緊迫感溢れる素晴らしいものでしたので、とにかくそこだけは外さないでもらいたい…と切に願っております…。

また、今回は1話・2話と違って、本放送直後に「すぐ見直したい!!」とまでは思えませんでした。
(結局数時間後に見ましたけどw)
上記の使用魔法の件、とくに対デスキメラ戦は、個人的に大幅に減点となりましたが、全体的に見てもどこか低調だったような気がします。ギャグも同じようなネタを乱用しすぎな気もしますし、面白いギャグ自体も少なかったような…。
…まぁ、全ての回が高レベルというわけにいかないのは、過去のスレイヤーズを見ても、わかってはいるのですが(笑)



感想の後半はかなり愚痴っぽくなりましたが、とりあえず来週も楽しみです。
(先週までと違って、期待と不安が入り混じっておりますが…)
…シリアス展開、まだかな~?
個人的には、スレイヤーズの真骨頂はそちらだと思っていますので、待ち遠しくて仕方ないです(笑)
…8月頃にはギャグ話が入ってしまうでしょうから、その前にできれば2回くらいシリアス展開が欲しいところですが…。


→その後、冷静になってから3度目の視聴をしてみましたので、少し感想を追加しておきます。
●中盤のワイザーがくどいw
前半の、リナをペット誘拐犯の真犯人探しに誘導する所や、最後の方の切れ者ぶりを発揮するあたりはかなりいい感じなのですが、それ以外はさすがにウザいだけでしたw
(1話・2話でさんざん同じことを繰り返してますから余計に…)
●島へ向かう途中、リナがガウリイを犠牲にし(笑)、アメリアとゼルガディスを置いてきぼりにしたのは、ギャグ話ならいつものことですが…。
新規さんには、「リナって、とてつもなく薄情なキャラ」という印象を与えてしまうのではないかと、多少不安にもなってしまいました(笑)
まぁ…その認識はある意味正しいとも言えるのですが…
…早くリナのいい部分も描写してくださいまぢでお願いしますw
●キメラ製造の魔道士の建物に入ってからのリナは、シリアスな雰囲気も多く、けっこーいい感じに描かれていました♪
…それだけになおさら、前述の対デスキメラ戦だけは非常に残念でした。
(これについては、掲示板の方にも書きました。(7/19 21:40頃))
●完全なシリアス話ではないせいもあるでしょうけど、デスキメラも含めたキメラのデザインが、愛嬌すら感じられる容姿というのは、どうなのでしょうか?w
(以下数行、原作すぺしゃるネタバレにつき文字色反転)

また、原作では、これらのキメラはペットベースではなく、人間の子供ベースだったそうです。
…すぺしゃるにしては随分ヘビーな…(汗)
(この話を読み直してから書こうと思いましたが、当該の「理由なき冤罪」(すぺしゃる9巻「イリーズの旅路」に収録)は一度読んだだけで未保有だったため、叶いませんでした…orz)
個人的には、どうせ深夜なのだから、原作通りの方がシリアスな雰囲気が出せてよかったような気がします。どうも今回は、ペットに置き換えたから余計、話が中途半端になってしまったような…。
また、アメリアとゼルガディスの見せ場は相変わらずほとんどありませんでしたが、原作ではリナ・ナーガ・ワイザーの3人で行動のところ、ナーガをガウリイに置換え、後の2人は余ってしまったため、見せ場がなくなってしまったのも止むを得ないことだったのかもしれません。

●絵は全体的に見ても、1話・2話より低めの水準でした。なんか、旧作に近い雰囲気の絵も多かったような…(笑)
●総評としては…冷静になってから見ただけに、思ったよりは悪くは感じず、第2話よりは評価が下がるものの、ふつーのレベルの話といったふうに思えました。
昨日は、あまりにも対デスキメラ戦のことが気になって欝になってしまい(をいw)、録画したものを見直す気が起こらなかったのですが、今日の夜になっていざ見直してみたら、案外気分は回復しました(なんと現金な…w)
ただ、スレイヤーズの中で魔法というものの重要性は極めて高いので、使用魔法の選択は外さないで欲しいですし、安易に、苦戦みたいに見えるような演出もしないで欲しい…という印象は変わらないですが。




最後に余談ですが、地デジ放送について。
(当方、地デジ関連の知識がほとんどありませんので、「なにをイマサラ…」なことを書いているかもしれませんが)

先の記事で触れましたが、それまでがあまりにも酷い写りでしたので、地デジ化後は…もう全くの別世界でした(笑)
まるでパソコンの画面のような画像の細かさ…
素晴らしかったです、本放送時は。

しかし…録画したものを再生すると……
なんですかこのカクカクギザギザの、悪い意味でデジタルな画像は…(汗)
かなりでかいパソコンのディスプレイで、最低の画素数にしたときのような…というか、ゲームの画像みたい(汗)
斜めの線が、みんなギザギザです…orz
最高画質で録画したはずなのですが…本放送よりも確実に画素数が半減しております(涙)
それと、画面右上には、テレ東のロゴがずっと表示…(こちらは対して気になりませんが)

…うーむ。これらのことは、地デジ録画では当然のことなのでしょうか?
追々調べてみようとは思いますが…これなら、普通の放送(良好受信時)の方がむしろ綺麗に撮れるような気すらします(まだ比較はしてないですけど)。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ふう、やっと見れました。何というか、前半まだ良かったんですけど後半のレッサーデーモンと魔法がえっ!? でした。
感想。冒頭、本来は執事である(笑)セバスチャンが湖の向こうのなにかに威嚇して去っていく。これはどういうしかけ? それとなぜ魔道士が高級ペットしかねらわないか。これはもうアニメ都合、報奨金でリナを誘うためなんでしょうが、魔道士としては報奨金出されるようなことして目立ちたくないだろうに。金持ちへの嫌がらせとか?もしくはルヴィナガルド公爵に敵対している貴族へのひどい仕打ち……なのか!
ワイザーがリナの呪文をじゃました理由は「仲間のバケモノに自分を襲わせてさも犯罪とは無関係のように装うとは手の込んだことを。」
と言いたかっただけのような気もする。でもその場合、呪文を妨害しなくてもその前にいえばいいのに。いや、実はあのクラゲ炎を吸収する特殊キメラとかでワイザーはそのこともすでに調査済み!でリナにファイアーボールを打たせたくなかったとか。うわ、この予想苦しい。
島に着くなり大量のレッサーデーモンに囲まれるリナ一行、ってあの魔道士一人でこの量は統括不可能な気がすr。とここですぺしゃるにいない分役割がほとんどないゼルアメに戦闘time、けれどもほとんど戦っているシーンがない……でもやっとゼルが魔法使う。って台詞だけしか聞こえない。今回ゼルはクラゲに思うがままにされるし、少しは反抗したらどうなのかね。
魔法防御について。デスキメラにフレアアロー2発目の前に1発目がそれなのも同じく引っかかりました。普通のペットキメラが出てきたときの初撃がファイアーボールだったのに、それより明らかに強そうな奴に対してフレア…なぜなの~。普通のペットキメラにファイアーボールぶつけたときに効き過ぎたためフレアアローに変えた、そしてデスキメラにもフレアアローで試してみる、効かなくて強化版フレアアローを撃った。とも考えましたが、強化版フレアて……別の呪文でいい。しかもフレアアロー強化しても
それほど効果は考えられない。だーくまろさんのいうように覇王氷河烈(ダイナスト・ブレス)すれば良かったのにい!! 「楯突くってのは、こーゆーことよ!!」のあとに覇王氷河烈(ダイナスト・ブレス)アレンジ版くる展開が本来はあったかも~と勝手に思う。結局、魔法防御はクレアバイブルへの伏線なのかな。
音楽はシーンと違和感を覚えるものが1話ほどはありませんでした。最後にワイザーが魔道士を逮捕する時に「危険がいっぱい,怪物がいっぱい 」が流れたとき、シーンにあわないかな~って思ったけど、話が進むうちにいい感じになってリナの「やってくれるわね」で気持ちは最高潮に! そのあとの「ナイトメア」と一緒に最後でうまくまとめてくれました。前作の音楽はシーンとあわなかったりすることが多いのによくやってくれました。
全体的な感想は戦闘シーンが腑に落ちないけど最後のワイザーが背をみしてつっ立ているシーンがかっこよくてそれだけですべてOK! 男は背中で語る!!
2008/07/19(土) 18:14 | URL | kobuta3 #sLo3ZbzM[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/19(土) 18:20 | | #[ 編集]
>kobuta3さん
第3話、ご覧になれたようでなによりです♪

セバスチャンは、やっぱりどう考えても執事の名前ですよねw
それはともかく、高級ペットしか狙わないのは、血統書付き?みたいな純血種のほうが、雑種よりもキメラ作成には都合がいいのかもしれません。…って、今思いついただけですけど(汗)
まぁ、現実的にはやはり、報奨金でリナを仕向けやすくするためなのでしょうね。
あとは、あのセバスチャンは何かのアニメのパロディだったそうなので(自分は全くわかりませんが)、その関係でああなったのかもしれませんが。

ワイザーがリナの呪文を邪魔した理由は…よくわかりませんね。
単に、ギャグ?としてウザさを更に前面に押し出そうとしただけとも思えますが、それを面白いと感じた方はかなり少数派ではないかという気がします。
ワイザーの本質を事前に知っていた自分ですら、「そのネタはもういいです…orz」って思ってましたし(汗)

レッサーデーモン、確かに数が多すぎです(笑)
ゼル+アメリアに「キリがない」と言わせるほどの数となると、少なくとも数十匹は存在したのでしょうから、やはり一人では統制しきれないような気もします。
ゼルの魔法、台詞しか聞こえないのは微妙でしたね…。
察するに、やはり制作の状況が厳しいので、絵を付ける余裕がなかったのではないかと。
個人的には、後々のシリアス展開で派手な戦闘を描くために、今回分はあまり時間をかけず(少し手を抜いて)、充電しつつ制作をしているのだと思いたいですが(笑)

なお、TV版のゼルについては、過去の3作による経験から、遂に悟りの境地に到達したのではないかと推察しますw
今作のゼルは、今までになく落ち着いている気がしますし。

さて、問題のデスキメラ戦ですが(笑)
とりあえず、掲示板のほうにも自分の意見をまとめましたので、そちらもご覧いただけましたら幸いです(現状でも無駄に長いですが、さらにご意見を頂いたので、さらに色々と書かせていただくつもりですけど…w)
…一発目のフレア・アローはまだいいとして、とにかく二発目も同じというのが、やっぱり解せないですよね…。おっしゃるような強化版フレア・アローというのも、通常版よりはマシですが、やっぱり他の魔法を試してみるほうが遥かに意味があると思えますし。
個人的には、この場面の魔法選択と、中盤のワイザーのでしゃばり過ぎは返す返すも残念でした…orz
ところで、魔法防御はクレアバイブルへの伏線…とまでは思いつきませんでした。
今後、ゼロスが出てくるということは、クレアバイブル絡みの可能性もあるでしょうから、そういった可能性もあるのかもしれませんね。
(漫画版は読んでいない+極力、それの情報は見ないようにしていますので、実際の所どうなのかはわかりませんが…)

音楽は…確かに今回、さほど違和感は感じませんでした。シリアス展開をやるときには、新曲を期待したいですけど(笑)
ちなみに、自分は旧作のTV版サントラは全て揃えていますが、曲名を見ただけではどの曲かわからない場合も多いです(汗)
サントラを聴くと、旧作を見たいという衝動に駆られてしまうことが確実ですが、さすがにそれを見ると、ますます睡眠不足になってしまいますので、やむなく封印しております。
とくにNEXTサントラの3枚目は、あまりにも良すぎるので、取扱注意の危険なブツです(笑)
…好きなものだからこそ、あえて距離を置くということは自分の場合結構多いのですが、そのあたりについては近いうちにこのブログで書こうと思っています。

最後のほうのワイザーは良かったですね。
…個人的には、ワイザーが「クドい」と思われないうちに、この場面を用意して欲しかった…と、どうしても思ってしまいますが…。
2008/07/20(日) 23:07 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
返信どうもありがとうございます。
セバスチャンに元ネタがあったとは知りませんでした。最近あまりアニメ見てないからよくわかんないです。まあ、セバスチャンのネタが最近のアニメのものなのかどうかはわかんないですけど(笑)
そうですか、ゼルのあきらめた感じは過去さんざんいじられて達した境地ですか。
ゼル苦労してるなー(遠い目)
でもそんな姿がもしやゼルファンの心をくすぶってしまっている原因かも。

曲名は調べて引っ張ってきましたよ。自分も全然曲名覚えてません!

だーくまろさんやほかのサイトの方の言うとおり、確かにワイザーはクドすぎて本来の原作の持ち味が薄れていましたね。3話またぐのは無理があったかな~。ガウリナファンとして今後のシリアス展開に期待して、それと新作メインテーマがそろそろくるといいな~とか非常に都合のいい期待を胸によせて、第4話を見届ける(高望みはするなー!!)つもりです。
地デジの録画がうまくいくといいですね。
2008/07/21(月) 14:17 | URL | kobuta3 #sLo3ZbzM[ 編集]
3話のラストで無印の「ナイトメア」が流れた、という風なコメントを書いたのですが、今一度そのシーンを見てみると全く別物の音楽でした。新曲なのかもしれません。
2008/07/23(水) 00:46 | URL | kobuta3 #sLo3ZbzM[ 編集]
>kobuta3さん
自分も基本的に、アニメはほとんど見ない人ですので、セバスチャンのことは他のサイトでの感想で知りました。
TV版スレイヤーズは、旧作当時から、他のアニメのパロディを盛り込む事が多かったようですが、あまり他のアニメを見ない自分には、ほとんどわかりませんでしたw

ゼルはTV版(とくにNEXT)でなぜあのような扱いになってしまったのか、いまだに謎です(笑)
もっとも、それで新たなファンを獲得した可能性も高そうですがw
(離れたファンもいるかも…(汗))
…それはともかく、悟りの境地というのはあくまで個人的意見ですのでw

曲名は…さすがに覚えきれないですよね。
まぁ、あれを全て把握している人など、ほとんどいないとは思いますけど(笑)

ワイザーは、1~2回分の話に詰め込むか、せめて3話では一歩引いて欲しかったですね…。

kobuta3さんは、やはり(?)ガウリナファンでしたか。
このブログでは、とくにそういったことには触れてないですが、自分も同じです。
まぁ、自分の場合、基本的に原作に準じたものが好きですので、必然的にガウリナ派になってしまうという…(笑)
もちろん、リナのことを任せられるのは、どこまでも包容力の溢れたガウリイしかいないと思っていますし、たまにリナがガウリイに見せる、普段とはかけ離れた(笑)可愛いらしい表情は、なんとも言えないですし♪
今作でも、シリアス時のガウリナ展開をぜひ見てみたいものです。
とにかく、今後に色々と期待ですね♪

地デジは…どうも電波が悪いようです…。とくにテレビ東京…orz
2008/07/25(金) 00:04 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/16-9dd10495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
スレイヤーズNEXT DVD-BOX 期間限定版 レストランでランチセット10人前早食い勝負をしているリナとガウリイ。負けたほうが全ての勘定を払うのだ・・・。同じテーブルではアメリアとゼルガディスが恥ずかしそうに普通のランチを食べている。そこに再びやってきたのは
2008/07/18(金) 01:07:45 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
スレイヤーズREVOLUTIONの第3話を見ました。Plentyofgrit/Revoltion『私の前に敵はなく、私の後ろにはお宝の山!!威風堂々傍若無人。どこまでもどこまでも突っ走れぇ!!』第3話 Chase終わりなき追走!金持ちのペットのセバスチャンが勝手に湖の中に泳いで行ってしまう。リ...
2008/07/18(金) 11:50:19 | MAGI☆の日記
ふっ……、食えないおっちゃんね。 「スレイヤーズREVOLUTION」第3話のあらすじと感想です。 そろそろ話の進展を希望。 (あらすじ) 静か...
2008/07/18(金) 20:11:58 | 渡り鳥ロディ
リナ、またまた濡れ衣で逮捕。 ワイザーがリナに濡れ衣を着せて逮捕はパターンでこのまま通すのでしょうか? ワイザーの妄想があまりにもくどかったので、先は読めたものの、今回も肩こらずに楽しめました。 本当にリナが犯人ならそのまま連行すればいいわけですから...
2008/07/18(金) 22:30:51 | のらりんクロッキー
いまだに追われる身のリナ。 でもそんなの気にせずに、ガウリィと勘定の支払いを賭けランチセット10人前早食い勝負(^^; でもってまた...
2008/07/19(土) 23:53:04 | SeRa@らくblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。