当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(11:34掲載)
最初にスレイヤーズとは全く関係ない雑談を。
某国が「人工衛星打ち上げ」と主張する件についてですが、某国が通告した発射の期間が本日11時から始まっているそうなので、いちおうテレビをつけています。
いちおー、これが最後の更新にならないことを祈っておきます(笑)
(4/5 13:15追記)
これから、EVO-R関連の話を少しだけ書こうと思います。大した内容にはならないでしょうから、多分夕方頃までには掲載できると思います。
あと、某国関連の話を、以下、反転色文字で追記しておきます。

テレビは電気代が高いのでラジオに切り替えて警戒?していましたが、結局、発射から約15分後、知り合いからの連絡で知ることになりました。
まさか、ラジオが発射について何も言わないとは……使えなさすぎる…。
とはいえ、結局何事もなかったようでよかったです。
(一度、硬い話を色々と書いたのですが、あまりにも場違いなので掲載はやめましたw やっぱりこういうときは、別ブログが欲しいような気もします)


今回は、表題の通り、EVO-RのOP映像についての補足などですが、大した内容ではないです。
かなり前から書こうと思っていたものの、なかなか掲載できずにいたものですが、最終話を直前に控えたこのタイミングで、なんとなく掲載してみます(笑)

また、ついでにDVD版OPの感想も少しだけ書いています。
OP感想という名を借りた、ただのリナ語りという気もしますがw


今晩か明日にもう一件、EVO-Rの記事を書きたいような気はしますが、間に合うかどうか…(笑)

以下、EVO-R OPのネタバレです。
なお、この記事には、EVO-Rのストーリーに関するネタバレは含まれないです。
また、この記事にコメントをいただける場合は、ストーリーに関するネタバレは避けていただきますようお願いします。
 


■「Front breaking」前奏で現れる、水中の歯車などについて
ご存知の方にとっては、かなりイマサラな内容だろうと思うので、それで書くかどうか迷っていた面もあったのですが、それでも、書いておかないと消化不良感が残りそうなので、いちおう掲載しておきます。

この場面について、OP感想から引用します。
・いくつもの青い球体が現れる。それは水泡。
・水泡の浮かぶ水中を進むと、現れる歯車。
 そこには金色の棒を介した多数の金色の球体や、金色のくさび型の物体も付いていて、いずれも歯車と同じように回転している。
・いくつもの歯車の横を通り抜けると、それまでよりも二回りほど大きな歯車と、その台座となっていそうな、さらに一回り大きい円盤のようなものが。
 歯車のほうには地図?のようなものが、円盤のほうには目盛りのようなものが描かれている。
 また、歯車と円盤の間には、2つのくさび型の物体が見え、互いに逆回転している。


…OP感想では、これの意味は「全然わかりませんでした」と書いていましたが、その後(もう2ヶ月以上前のことですが)、次のように考えるようになりました。
・多数の金色の球体が、天体を示しているようにも思えた
・最後に映る歯車には地図のようなものが描かれていて、それがスレイヤーズ世界のものにも見えた
・多くの歯車は、「世界を動かしている歯車?」とも感じられた

以上のようなことから、これはスレイヤーズ世界、あるいは宇宙を示したものではないかと思うようになりました。

で。ご存知の方もおられるとは思いますが……
某書店の店内に貼られている広告を見て、「これは…!」と思ってしまいました(笑)
その内容は、以下のHPにあります。
http://www.de-club.net/tmt/guide.htm


……細かい形状は異なりますが、基本的に、OPのあの映像にかなり近いのではないでしょうか?
これは太陽系模型とのことですが、そうすると、やはりあの映像は、「スレイヤーズ世界、あるいは宇宙を示したもの」ということで大体よさそうな気がします。



■DVD版OP感想
この記事を書くにあたって、DVDのOPだけ見ました(笑)
大したことは書いていませんが、AT-XなどではOPを見ていて、DVDではご覧になってないという場合は、以下の内容はまだ見ないほうがいいかもしれません。


まず、AT-Xは解像度がかなり低い+縦横比が微妙なので、映像をカットせずに全て表示させるためには、かなり小さく表示しなければならなかったのですが、DVDは当然そんなことはないので、「画面でかっ!」「解像度高いなw」とか思ってしまいました(笑)
当然ディレイもないですし、映像が全体的にはるかにきれいなので、もう全然違いますよ……w
(AT-Xでも、なぜか1回だけディレイなしのOPがあったのですがw)

あと、最後のほうの、リナが魔法を使いながら回転して上昇していく場面は、火の粉の効果が盛大に追加されてるので、全然見栄えがよくなっています♪
ここは、コマ送りとかしないでも違いがはっきりわかります。


それにしても……久しぶりにじっくりとOPを見ましたが、なんというリナ重視なOPなのでしょう(笑)
とくに、敵に吹き飛ばされた後、立ち上がる直前の、不屈の表情を見せるリナは本当に最高です。
リナって、目が大きくて、基本的にはかわいい系の顔立ちをしているとは思いますが、それでも明らかに、「意志が強そう」ということがはっきり感じ取れる顔立ちとなっていることは、他の多くのかわいい系のキャラと違っていると思われ、そうしたことが伝わるキャラのデザインは本当に見事だと思います。
(デザインが見事と思うのは、リナの顔立ちだけではなく、服装・装備についてもですが。
とくに本編版は、色彩も含めて、リナの顔立ちや体型との似合い方がいぢょおとも言えるほどで、さらにリナの魅力を引き出していると思います)
(かなり特徴のある服装なので、多少(?)好みは別れるようですけど))


そして、この場面で描かれているような、リナが戦闘時に見せる、不屈の意志を感じさせる表情は、本来かわいい系の顔立ちでありながら、本当に凛々しくてかっこよく、これは他のキャラには見られない、リナの大きな魅力ではないかと感じています。
この場面のリナは、普通に見ても素晴らしいですが、コマ送りや静止画にして見ると、もう最高です。
まして、DVDだと線のギザギザがないので、もう言うことなしです♪
「……だめだ………リナさん、かっこよすぎる……!!!」(笑)
もう、だからリナが好きでたまらないのですよ♪
……って、他にもリナの魅力は書ききれないほどにあるのですが(笑)

余談ですがこの場面、確かに某所で触れられていたように、少年っぽいカットが一つ混じってますね(笑)
右のまつげがないのと、目が小さいせいでしょうか?w



リナ語りを始めると止まらなくなるので、こんなところで終わっておきます(笑)
…果たして、ED感想を書く機会はあるのか…?w
関連記事
コメント
この記事へのコメント
DVD前は、あにてれしあたーの、小さい小さい画面で見てたので、TV画面で、大きく見れただけで、感涙ものです。かわいい系の顔立ちなのに、凛々しく、かっこいいのは、原作イラストもそうですが、リナならではでしょうね~。衣装については、基本リナ本人好きなので、すぺしゃるバージョンでも、オッケーな人なんですが、本編バージョンは、デザインうんぬんより、色合いが、グッジョブなのでしょう~。よくよく考えると、体のラインでまくりの素材ですよね。ショルダーガードとマントが、オブラートになってますが。マントは、本編バージョンの、襟が立ってるのが、好きなんですよ~。
2009/04/04(土) 22:10 | URL | ちはる #-[ 編集]
>ちはるさん
「あにてれしあたー」の画面って、そんなに小さかったのですか…。AT-Xは、それよりはましなのでしょうけど、地デジで見たREVOより、解像度も大きさもかなり劣っていましたので、結局、どなたにとってもDVDは非常においしいものになったようですね。

リナ語りについて、コメントありがとうございます♪
原作でも、リナのかっこいい表情はたまに見られますが、その頻度は少ないので、それが多く見られるという点でも、TV版は実にありがたいと思います♪
リナの、かわいい系の顔立ちなのにかっこいいというのは、性格ともども大きな魅力ですから、当方がリナに転んでしまった大きな要因と言えそうです(笑)

リナの衣装については、自分は本編派ですが、衣装だけでなく、性格についても本編のほうが好きということも影響しているような気がします。
普段のリナの性格は、すぺしゃる当時も本編も、そんなに変わらないとは思いますが、内面のほうはかなり変化しているように感じられます。
すぺしゃる当時のリナは、基本的に一人で生きている感じで、自身が一番大事という感じなのですが、これが本編になると、ガウリイや仲間たちと共に生きるようになり、自身よりも大切なもの、守りたいものを見出すようになっていきますので…。
そうした変化をした後のリナは、さらに魅力を増している……と、個人的には思います。
そんなわけで、デザイン的に本編の衣装が好きであることに加えて、性格面も本編のリナのほうが好みなので、なおさら、本編の衣装のリナを好んでしまうのかもしれません(笑)

本編バージョンは、色合いはもちろん素晴らしいですが、個人的には、デザインも最高だと思います(笑)
個人的印象としては、すぺしゃる版はかわしさ重視、本編版はかっこよさ重視のデザインという気がします。全体的なデザインからもそうした感じを受けますが、部分的な例を挙げると、本編版の襟が立ってるマントも、かっこよさ重視のものと感じられます。
(自分もこれはすごい好きです。魔道士らしさも強調される気がして実にかっこよく、本編版のポイントの一つでしょう♪)

本編のリナは、確かに体のラインが出まくりですね。とくに下の方はタイツ状なので、足の細さがはっきりわかりますし(笑)
ショルダーガードとマントは、リナの体型の細さをカバーするうえで重要だと思いますが、デザイン的にはこれらによって、リナが本来持っているかわいさに、かっこよさという魅力が大幅に加わっているように感じます。これもまた、リナならではの特徴という気がします。
また、ショルダーガードとマントを外すだけで、普段とは全く違った印象のリナを目にすることもできるという効果も生まれています(笑)

……やはり、リナ語りはキリがないですね。気がついたときには、かなり長文になってました(笑)
おかげさまで、リナの性格面も含めて(というか、そちらがメインですが)、いずれリナの魅力について書かないと……という気に、改めてさせてもらえました♪
2009/04/05(日) 11:26 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/163-229ae32d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。