当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(18:35掲載)
本日2件目の投稿です。
まずは、ネタバレにはならない話の印象について、文字色反転で記しています。
今回は本放送直後、これを書く前に見返し、書き途中でさらにもう1度見たので、初見の印象ではないです(笑)
※最下部に、わりとどーでもいい余談的な話を追記しました。
(この色の文字 23:04追記)


●話の方向性
全編シリアスでした。
●全体的な印象
素晴らしく熱くて非常によかったと思います。
●その他1
えええええええええええええええええええっ!?(またかw)
●その他2 (あくまで個人的意見ですが…)
話としてはかなりよかったのですが……個人的には、ちょっと?気になる部分も…。
ただ、そこさえ補完して見れれば、この話はもう素晴らしいと思います♪

●EVO-Rを見終えて
EVO-Rを見れて、本当によかったと思います♪
そうした思いは、見終わってからじわじわと増してきていますし、これから話を追った感想を書くことでさらに増すと思います。また、時間が経てばさらに強まるような気がします。


以下は、EVO-R13話のネタバレ感想です。
これは試聴された方向けの感想ですので、未試聴の方で、感想だけを読んでいる方も、この続きはまだ見ないほうがいいです。

しょっぱなに、でかい文字で超ネタバレを書いてますしw


今回は、本放送を見終わった後、頭の整理がつかないので、直後に見返してから書きました。

…まさか、OPが完全省略とは…(笑)
…そして、まさかの「Give a Reason」(笑)
…で、最も気になっていた決着の場面は、「闇を撃ち抜く光」ですか…。
(もしかしたら、同じ曲調の「五つの希望」かもしれませんが)


…ってゆーかリナさん、

完全版重破斬を制御しちゃってるしー!!!(汗)


初見と2回目の視聴では、話に入り込んでいたのと、思い込みのせいもあって、不完全版だとばかり思っていたので、なんでそれほどまでに使用を迷うのかと思っていたのですが……
まさか、完全版を使っていたとは(汗)
不完全版だと思い込んだまま色々と考察をしてたから、数時間無駄になってしまいましたよw
途中で気付いてよかったですけど(笑)


……そのへんのことについては、また後で書くとしまして。
今回は、素晴らしく熱く、緊迫感もあって実によかったです。
熱さはこれまでで最高レベルという気がしますし、緊迫感についても、状況の似ていたREVOのザナッファーの比ではなかったですね(笑)
本当に、よくぞこれほどまでに進化してくれたものです♪
そして、リナ好きの当方的には、スレイヤーズ全作品の中でも、特別においしい回と言えそうですし、仲間たち全員に見せ場があったことも非常に好印象でした。
仲間と言えば、OPの中盤~後半は、重破斬の使用を迷うリナを後押しする仲間たちのイメージのようなものだったのでしょうね。
また、ポコタについては、12話関係の感想で「不安がある」とのことを書いていましたが、これは、ポコタが生き残ってくれるか、ということについての不安でした。言うまでもないとは思いますけどw
実際、話の中で二度も「死んでしまうのか?」と思わされましたが(汗)、結局、辛くも生き残ってくれたので安心しました(笑)
そんなわけで、基本的にはかなりいい内容だったとは思いますが、気になる点もありました。


■違和感というか説明不足というか…?
正直言って、今回は最も重要な部分で違和感がありました。
これさえなければ、ほとんど文句なしの素晴らしい話と評価できただけに、かなり惜しまれます。
脳内補完すれば、まだ納得できそうな範囲内のものですが(笑)

今回の決着は、先にも書きました通り、予想をしていた不完全版重破斬ではなく、
完全版重破斬でした(汗)

半日ほど前に書いたコメントのお返事の中で、以下のように書いていました。
『OPは確かに完全版重破斬に見えますが、明確に仲間の生死のかかる状況にでもならないと、使われる可能性すら生じないと思います。ただ、不完全版重破斬は誰もが予想していることなので、もしかしたら……という気がしないでもないです。
当方の脳内では、完全版重破斬が使用される話も想像しているのですが、これには後味のよくない部分も含まれるので、多分そうはならないとは思いますし、なってほしくないとも思います』


その、当方が想像していた、「完全版重破斬が使用される話」の内容ですが……
「何らかの理由で、不完全版重破斬では魔王を倒せない可能性が示されたあと、リナが完全版重破斬の使用を迷い、戦いの中でポコタが命を落とし、リナは重破斬の使用を決意する」…というものでした。
実際の展開とは、細部も、最終的な結末も異なりますが、ある意味近いものがあったのかもしれません(笑)

ただ、そこに書いた、「不完全版重破斬では魔王を倒せない可能性」を全く示してくれなかったのが、今回の話は不親切だったと思います。
そのせいで、どうしてリナがあそこまで重破斬の使用を迷い続けたのか、不思議に思い続けてしまいました。不完全版重破斬なら、原作8巻で使用し、TRY14話でも使おうとしていましたので。
で、「これが完全版だったら、これくらい迷うのも当然なんだけど…」なんて思ってたのですが…
…まさか本当に完全版だったとは…(汗)


「不完全版重破斬では魔王を倒せない可能性」としては、
「光の剣がレプリカのため、光の剣で重破斬の闇を剣の形に集束させて斬り付けるという攻撃はできない(剣が、重破斬の闇には耐え切れない)」ということが考えられるとは思います。
(魔王の中のレゾの助けが得られるかどうかについては不明ですが)
ただ、今のリナは、無印のときにはなかった魔血玉のタリスマンで魔力増幅ができますので、ある程度は、光の剣を使えないマイナスを補えるのでは、という気がしないでもないですが、原作者さまいわく、「重破斬の方は最大MP(=プールキャパシティ)によります」とのことなので、バケツキャパシティによる普通の呪文のような、大幅な威力の増大は見られないのかもしれません。
(原作には、タリスマンによって、重破斬の制御がしやすくなるということは書かれていますが、威力が増大するとのことはとくに書かれてなかったような気がします)
そうだとすれば、無印よりも条件が悪く、不完全版重破斬では魔王を倒せないと考えられるのかもしれません。

ただ、話の中でのリナは、神滅斬で倒せる、もしくはその可能性があると考えていたようで、それもかなり違和感があったのですが、不完全版重破斬と、完全版神滅斬では、どちらの威力が勝るのでしょうか?
(「入門! リナの魔法教室」では両者ともダメージ修正が999となっていますが、個人的には、前者の方がかなり威力が勝るだろうと思っています)

それともう一点気になることを。
前回のリナは、冥王の壷の中に魔王が封じられていると予測できていて、落ち着き払っていましたが、そのときのリナは、魔王が復活したらどうするつもりだったのか、いまいちわかりません。
個人的には、不完全版重破斬を使う覚悟ができていた、とばかり思っていたのですが、そうではなかったようですし。
なので、「リナとしては不完全版重破斬を使うつもりだったが、今回の話の中で、それでは倒せないとわかって、完全版重破斬の使用を迷うことになった」という流れにできていればよかったような気がします。
ゼロスにでも「不完全版のあの方の術では倒せないかもしれません」みたいに言わせるだけでもよかったと思うのですが。

(ゼロスにそこまで、重破斬についての知識があるのかわかりませんが)
これだけで今回の違和感が大幅に解消できたのに……話がいいだけに、もったいなさすぎますよ…。
とりあえず、当方としては、「実はゼロスがこんなことをリナに伝えていた」などと脳内補完をしながら見ることにします(笑)

→この補完をしながら3度目の視聴をしたら、もうまさに文句なしで最高でした♪
やはり、基本的には素晴らしいですよ、この話は…。
ただ……完全版重破斬を制御してしまったというのは、もう究極的なことのような気がしますから、やっぱりこれが最後のスレイヤーズなのかも……という気もしてしまいますね…。
(などと言いつつ、断じて夢は捨てないですけどw)

余談ですが、前回のリナがかなり余裕を見せていたように見えたことは、前回の時点でも少し違和感がありましたし、今回、迷い続けたリナと比べてしまうと、なおさら違和感が出てしまうような気もしますが、これって、原作2部でリナがよく見せていた、恐怖をごまかすための強がりだったのでしょうか?
当方の目には、あんまりそうは見えなかったですけど(笑)


■描いてほしかったことなど
OPの映像を思わせる、重破斬の使用をためらうリナと、そのリナを後押しする仲間たちの描写は、本当に素晴らしかったと思います。
あの展開では、ゼルガディスをはじめとするキャラたちに、はっきりとした決着が用意されていなかったことは、ある程度止むを得ない気はしますし、それでもよかったとは思います。

ただ、結局、レゾについては、結局よくわからないまま終ってしまった気もします。
タフォーラシアに疫病を撒いたのがレゾかどうかも、やはりわからずじまいですしw
個人的にはレゾはかなり好きなので、どうしても正の側面のレゾを重視して見てしまうのですが、今回はその面しか出てこなかったので、ますますその見方が強くなってしまいますw

そしてなにより。
個人的に一番見たかった、ポコタと、リナたちとの別れのシーンがなかったのは少々残念にも感じられました。
まあ、親子の再会シーンを入れたので、これをやっている余裕はなかったのかもしれませんが。

ただ……ポコタが、リナたちと出会い、ともに旅をしてきたことで、ポコタがどれだけ多くの経験を重ねて、成長できたのか、計り知れないものがあると思います。
そして、ポコタにとって、リナたちの存在感は、とてつもなく大きいものがあると思います。
そのリナたちと、ポコタが別れる場面を描いてほしかった……
もっと言えば、最後に泣かせてほしかった…!(笑)
まぁ、親子の再会シーンでも泣きそうになりましたがw

……いや、もうこのシーンを想像するだけで、泣けそうになってしまいますから……。
もし、ポコタが涙を流しながら、リナになにか言ったりしたら……確実に涙腺決壊してましたよ…。
それが見られなかったのが、初見ではとくに物足りなく感じられてしまいました(笑)
先に述べた違和感の解消と、この場面の描写がなされていれば、今回はほとんど満点をつけられたのですが。


■BGMについて ※ここのみ欝感想が含まれるので、その部分は文字色を薄くしておきます。
重破斬でのBGMは、「闇を撃ち抜く光」でしたが……
「12話初見の印象」のBGM予想で、この曲名は一度書いてから消したのですが、まさか1話の竜破斬と同じになってしまうとは思わなかったです…。
結局、ED曲を除けば終盤の新曲はなかったですし、今回のBGMも微妙な部分がありましたし。
なんで、ポコタの竜破斬で、またあの曲(REVOの竜破斬の曲orz)を使うのですか…。
そんなにあの曲が好きなんですか……?
BGMに関しては、欝感想になってしまうので、とりあえずこのへんにしておきます。
「はぁ……」orz

ただ、「ダークスター」は違和感がなかったです。やっぱり今回の相手は、ザナッファーごときとは違う、ダークスターと同じ魔王でしたし(笑)


■ED曲について
やや欝だったBGMとは対称的に、これについては実に効果的でした♪
少ししんみりとした雰囲気がありながらも明るい曲調で、最後を飾るEDにふさわしい曲だったと思います。
映像と共に、曲の最後の、「旅はずっとずっと続く」の歌詞と旋律とが頭に残ります。

…やばい。泣きそうになってきた(笑)


●こんなところでひとまず終了
また長くなりましたが、今回はこのへんにしておきます。
話を追った感想はとてつもなく書きづらそうですが、木曜の掲載を目標に書いていこうと思います。
…とはいえ、細かい感想を書いていくのが、また楽しみです♪


■改めて、REVO・EVO-RのOP・ED曲を聴いてみたら……
この13話を見終わってしばらくしてから、「Plenty of grit」「Revolution」「Front breaking」「砂時計」のの4曲を聴いてみました。
中休み3ヶ月を含めると9ヶ月にわたる祭りでしたが、それがひとまずの終わりを告げたことや、最後の最後で素晴らしい話を見れたことで感慨深くなっていますが、こんな心境で聴くとだめですね……。
聴いていると、この9ヶ月間のことが色々思い出されて、最初の「Plenty of grit」のサビで、もうすでに涙が止まらなくなりましたが、「Front breaking」の2番の歌詞は、この13話におけるリナとも重なっていたこともあって、もうぼろ泣きしてしまいました…。
「Front breaking」2番の歌詞は、まず、NEXT終盤のリナと重なり、2番サビが11話でオゼルと、12話でレゾと重なり、そして最後に、再び2番が今のリナと重なることになりました。
これほどまでに作品と反響しあうだなんて、本当に、思いもよりませんでしたが……あまりにも素晴らしすぎます。
自分は、あまり歌詞で感動することのない人のはずなのですが、「Front breaking」については、もうやられまくっているなんてものではないです(笑)
本当にこの曲はすごすぎますよ……。
そして、基本的にEVO-Rの出来もよかったことで、さらに相乗効果を生んだのは間違いないと思います。

…で。欲を言えば、上記の4曲に加えて、今回のED曲まで通して聴けたら最高だったのですが(笑)
頭に残りやすい曲調だから、なおさら、全編通して聴きたくなってしまいます。
DVD特典になる前に、ラジオでかけてくれたら嬉しいのですがw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
か、完全版でしたか!しかも、制御できちゃったなんて、それやっちゃうと、「スレイヤーズ 完」のような気がしますが・・・(笑)脳内補完せずとも、すんなり楽しめるようにするには、神坂先生に脚本書いてもらわない限り、無理なのか(笑)「Givea reason」も気になります・・・。どこで、流れたんでしょうか?レボ+エボ合わせて、26話。大風呂敷広げすぎのような気がしてましたが、それなりに、楽しめましたね!
2009/04/06(月) 20:15 | URL | ちはる #-[ 編集]
>ちはるさん
このような半端な感想をご覧いただいてしまうとは……なにやら申しわけない気もします(汗)

…で、まさかの完全版でした。話の盛り上がりという点からすると、不完全版ではちょっと弱いかも、という気はしていたので、ひょっとしたら……とは思っていましたが、本当に完全版が来てしまうとは…(汗)
ただ、完全版が使われるとしたら、制御できてしまうだろうとは思ってました。ここでL様が降臨したら、ますます話がややこしくなりますし(笑)
とはいえ、確かに、「スレイヤーズ 完」の印象は受けてしまいますね。ただ、原作2部ができる余地は残されていますので、それをやってくれる日を楽しみに待ちたいと思います(本気ですw)
脳内補完不要な脚本は……神坂先生の手をわずらわせなくても、スレイヤーズに詳しい人にチェックしてもらうだけでも済むだろうと思うのですが、そうしたことをする時間もないのかもしれませんね。個人的には、音楽についてもそれと同じようにやってほしいのですが(笑)
「Givea reason」は、REVO12・13話と似たような感じで、攻勢に出る場面で流れました。詳しくは後半の感想で…って、それだと某サイトさまの感想の方が早いような気がしますが(笑)
REVO+EVO-Rの全26話は、REVOの頃は大風呂敷を広げすぎという気もしましたが、EVO-Rになると、個人的には逆に風呂敷が小さすぎたような気もしましたから、ほどよいバランスだったのでは、という気がします。
REVOでは、かなり割り切って見て「それなりに楽しむ」くらいしかできませんでしたが、EVO-Rでは傑作と呼べる回が、今回を含めて何度か登場しましたし、その他の回も大半が水準以上でしたから、もうこれをやってくれたことが本当にうれしく、ありがたいと思っています♪
2009/04/06(月) 21:32 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
13話の途中で、涙はもうぼろぼろしまいました…
どうして?なぜ?
自分にもわかりません。
ただ涙がつづいていく。

REVOからEVOまで、私は台湾にも中国にも日本にも、たくさんのファン方の感想が読んでいました。
やはり、みんなはスレイヤーズに対するの思いは大体同じですね。

旧友はもう一度会う、そしてもう一度別れ。
もう会わないですか?
いいえ、私はまだ会うことが信じます。

長い時間でまろさんはご苦労さまでした。
そんなに多い感想が書いてくれて、ありかどうございます。e-68

2009/04/06(月) 22:02 | URL | rhr #-[ 編集]
>rhrさん
自分も、リナが重破斬を使う前、アメリア、ゼルガディス、ガウリイが身体を張ってリナを守る場面で、リナに寄せる絶対の信頼が伝わってきて、どうしようもなく胸が熱くなってしまいました。
そして、帰らぬ覚悟で魔王の動きを封じるポコタ、その仲間たちの思いにこたえ、遂に重破斬の詠唱を始めるリナ。
……意志の力が輝くリナたちの姿は、もう素晴らしすぎます…。

自分は、ここの感想を書くだけで精一杯で、他の方の感想はあまり見れなかったので、その点は残念にも思います。
もうしばらくすれば、時間もできそうなので、じっくりと感想を見て回ろうと思ってはいますけど(笑)
それにしても、国を越えてもスレイヤーズへ思いが変わらない、というのは本当に素晴らしいことですね…。

リナたちとはこれでひとまずのお別れとはなりますから、これが寂しくないといえば嘘になります。
しかし、またいつの日か会えるだろうと、自分も信じています。
EVO-Rは、これがスレイヤーズの最後となってもいいような話ではありますが、同時に、原作2部の話をできる作りにもなっていますから(笑)

こちらこそ、このような感想をご覧いただきまして、ありがとうございます。
ただ、実を言うとこれからがある意味大変かもしれません(笑)
この13話の、話を追った感想はこれまでで最も大変なものになるかもしれませんし、その後にはEVO-R総括感想も控えていますし。
また、このブログはEVO-Rが終わっても、スレイヤーズの語りをえんえんと続けていきますから、今後も、たまにでもご覧いただけたらうれしいです。
2009/04/07(火) 00:04 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
やっぱり『会える』か!
ごめんなさい|||Orz
字が違う|||Orz
やはり、書くことが下手過ぎ...(泣)
2009/04/07(火) 00:19 | URL | rhr #-[ 編集]
>rhrさん
いやいや……お気になさらないでください。
rhrさんに、こうして日本語で、自分にも読めるようにコメントをいただけるだけで、本当にありがたいことですから♪
2009/04/07(火) 09:30 | URL | だーくまろ #-[ 編集]
いつも細かい考察を楽しみに読んでます。
ところで、リナは完全版重破斬を「制御しちゃった」のでしょうか?
まあ、危ない橋を渡ったのは間違いありませんが^^;
1/7シャブラニグドゥの亡霊(ということは1/7×1/x?)が相手ではありましたが、
無印で助けてくれたレゾの魂も100%存在していたわけではないように思います(50%以下かも)近づけない状況もあったわけですし(亡霊シャブの周辺は溶岩の海でしたし)
完全版使ってもしょうがないように私は思いました。

で、制御できたかどうかですが、
白髪のリナが倒れていき、虚無が全てを飲み込みホワイトアウトしたあと、夜明けが来る。
その場面転換の間に語られない何かがあったような気がしてしょうがないのですが^^;


2009/04/07(火) 14:13 | URL | アズコス #Oa2f/7z.[ 編集]
>アズコスさん
はじめまして。
スレイヤーズに関する考察をまともに始めたのは数ヶ月前からですので、あまり自信のない部分もあるのですが、それでも楽しみにしていただけてるのなら、大変嬉しいです。

完全版重破斬についてですが、個人的には「制御しちゃった」と思っています。
重破斬の闇が集められ、シャブラニグドゥに向かって放たれていたように見えていたこと(記憶がおぼろげな部分もありますので、後で確認はします)、ゼロスがそれを見て「お見事です、リナさん。あなたこそは…」と言っていたことから、個人的には間違いないと思っています。
(制御できていなければ、ゼロスはこのような言葉を口にしないと思います)
また、個人的には、リナが倒れていった後の場面転換には、さほど意味はなかったような気がします。
制御に失敗し、リナの身体にL様が降臨していたら、今度こそリナは帰ってこれないと思いますし(汗)

今回の相手はシャブラニグドゥの亡霊ではありましたが、傷付いたまま復活したとはいえ、能力的には元のレゾ=シャブラニグドゥより格段に劣ることはないような気もします。ゼロスも「亡霊とはいえ、魔王は魔王」と言ってますし。劣るとしても1/2以内ですむのでは、という気がします。(勝手な想像ですが)
それで、完全版を使うことも止むを得ないというのは、色々と考えるうちに、自分もそのように思えるようにはなりました。
また、話の盛り上がりという点から考えても、断然その方が面白いという側面もあると思います(笑)
しかし、自分の場合は、当初は「不完全版でも倒せるのでは?」と思っていましたし、そのように感じる方も多いのでは、という気がします。また、「不完全版で倒せる可能性」で考察していけば、それなりに説得力のある説ができてしまうような気がします。
(なにしろ、具体的な強さを示すものは提示されていないですから)
そしてなによりも、完全版重破斬はまさに禁呪となっていますから、それを使うことをなかなか想像できない人は多いのでは、と思えます。
ですから、感想でも触れていますように、話の中で、「不完全版で倒せる可能性」を消して「完全版でなければ倒せない」ということを示しておいてほしかったと、強く思う次第です。

それでは、今後もよろしくお願いします。
2009/04/08(水) 02:51 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
やっぱり「制御しちゃった」かあ
いや、なんとなくですがこの「しちゃった」と言う表現に
簡単に、とかこともなげにともとれるような軽い印象を受けてしまいまして
それが引っ掛かっただけなのでした^^;
2009/04/09(木) 07:53 | URL | アズコス #Oa2f/7z.[ 編集]
>アズコスさん
「しちゃった」と言う表現は、頭に浮かんだ言葉をそのまま書いたものでして、単に当方の性格というか、文体というか……そうしたものが出てしまっただけです(汗)
あくまでこの感想は、視聴された方向けに書いたものですが、実際に話を見た方なら、リナが重破斬を必死に制御しようとしていたことはわかるでしょうから、それを言葉で再現するつもりは全くなかったこともあり、今回の表現となりました。
ただ、現在作成中の、話を追った感想の方では、まじめに書くつもりです。

……今回のコメントをいただけたことで、いまさらながら、シリアス場面を軽く表現するのはあまり好ましく思われないのかな、という気もしました。
そうすると、12話感想は失敗だったのかも……という気もします(汗)
2009/04/09(木) 17:20 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
12話の感想には違和感を感じておりません。
引っ掛かったのは13話だからというか物語の結末部分だからという
要素が大きいように思います。
個人的な感想なのであまり気になさらないように願います(^-^)
2009/04/10(金) 14:12 | URL | アズコス #Oa2f/7z.[ 編集]
>アズコスさん
ご丁寧にお返事をいただけまして、ありがとうございます。
確かに物語の結末部分というのは重みが違いますし、まして、スレイヤーズの中で重破斬という呪文は特別な位置付けですから、引っ掛かりやすい部分があるのはわかる気がいたします。
ただ、12話で違和感を感じておられないというのは意外でした。あちらのほうが自分としては「やりすぎた」とも思っていましたので(笑)

お言葉をいただけたように、あまり気にはしないようにはしますが、一つの意見として頭の片隅には置いておこうと思います。
(今後もスレイヤーズ関係の感想は書いていきますので…)
2009/04/11(土) 20:36 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/166-3995ad49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。