当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、放送直前に東北地方で大きな地震があり、放送中止の恐れすらありましたが、地震の特番は2分で終了したとのことで(さすがテレ東♪)、通常の時刻で放送されました。
さすがに、放送途中で字幕が表示されたり、L字画面(画面左と下に地震情報を表示)になったりしましたが、最大で震度6強という規模の地震が起こったのでは、止むを得ないところと思います。

というわけで、第4話の感想です。(7/24 6:45頃作成)
※以下はネタバレですので、未視聴の方が続きを見るのは転倒必至と思われます。
…なんか、いつもより表現が弱いですが…
※少しだけ追記し(この文字色の部分)、ページの構成を変更しました(7/24 7:40頃と14:00~14:30頃) 
※さらに追記しました(この文字色の部分 7/24 21:20頃) 
※トラックバックについて追記しました(この文字色の部分 7/26 深夜)
 
 
まず始めに。

今回の話が文句なく面白かったという方は、

後半の、『悪かった点』は絶対に読まない

ほうがいいです。


…とてつもなく毒を吐いておりますので。

…そういった事情により、今週は各サイト様への、こちらからのトラックバックは控えさせていただきます。
(もちろん、このような記事にトラックバックしていただけたら、トラックバック返しはいたしますが、それですら悪いような気がします。
…つまり、それほどまでに毒を吐いているということです)
スレイヤーズNEWSさんには結局、トラックバックさせていただきました(汗)
それと、意外とこの記事にもトラックバックしていただけていますので、ありがたくトラックバック返しさせてもらっていますが、一部の種類のブログとは相性が悪いようで、反映されないことをお詫びいたします。
(現時点で、アメブロ、はてなダイアリーには送信できないようです…)




…さて…感想ですが…。
はっきり言って、今週は先週以上に感想を書く気になれません。

その理由は後で書きますが…
それでも、己の内の負の感情を力に変えて、書くことにします(…)

まずは、今週の良かった点を挙げていきます。
●TV版アメリア好きの方にとっては、今週はかなりおいしい回になったのでは、と思います。
3話まではリナが目立っていた分、アメリア・ゼルガディスの出番が食われていたとも言えますので。
ただ、リナ好きの自分としては、前半はリナの出番が少なかったことと、話が遅遅として進まないため、全く物足りない感じがしていましたが、後半はそれ以上に………orz(後述します)
●ゼルガディスの出番もわりと多かったですが、ゼルガディス好きの方にとってどうだったのかは、びみょ~な所でしょうか?(笑)
まぁ、NEXTのゼルが好きという方なら、喜んでいたかもしれませんがw
…今週のゼルは、頭がいいのか悪いのかわかりません(笑)
まぁ、かなり頭はいいものの、かなり暴走している、といったところでしょうか?
●冒頭のリナの戦闘?シーンの絵はけっこういい感じでした。
実際にはあの場面は戦闘ではなかったことと、地震速報の文字が残念でしたが。
●全体に、絵の動きはけっこう良かったような気がします。

…良かったのは、まぁこのくらいでしょうか。


…というわけで、前置きが終了しましたので、そろそろ毒を吐いていこうと思います。
…一応断っておきますが、自分はスレイヤーズという作品と、リナというキャラがどうしようもないほどに好きなので、本来なら以下のような文を書きたくなかったのですが、書かないことには気持の整理がつきませんし、ここは自分のブログですので、書かせていただきます。
…べつに、このブログを毒吐きプログにしたいという意図は全然なく、純粋に楽しい作品を、純粋に楽しんで、それで感じたことを書き連ねられればそれで十分だったのですが、自分の場合、それは意外と難しいことだったのかもしれません…。


…今回のようなことがある度に、
「我未だ木鶏たり得ず」(by横綱双葉山)
ということを痛感…
…というより、自分は絶対に木鶏になどなれないと思ってしまいます(汗)



…というわけで、批判的なものを読みたくない方は、この辺りで戻る事をお勧めいたします。
(今回は、文字色の反転は行いませんので…)

ちなみに、ページ下方の『■どうにも我慢ならないので、少しだけリナ語り』から下は、毒が少なめです。
















それでは、今週の悪かった点です。

今回の話は、漫画版の2話にあった?そうで、それは微妙だったとの意見も目にしていましたが、個人的に、今回の話は微妙なんていう生易しいレベルではありませんでした。
…まず、今回の話を考えた方は、リナというキャラをどのようなキャラと考えているのか、大いに疑問です。
それについては後述します。

今回の話のリナは、冒頭から、ろくな考えもなしに無計画にポコタを捜索していましたが、このあたりからかなり違和感を抱きつつも、「まぁ、TV版だから…」と、諦めつつ見ておりました。

…一応ツッコんでおきますと、ポコタの姿すら確認していないのに、攻撃魔法を使いまくるなんておかしすぎです。…しかも、視界のきかない夜間にそれを行うのはますます疑問です。
そしてなにより、ガウリイの視力は(夜間であっても)人間離れしたものであることに加え、動物的なカンも優れているのはずなのに、動物とポコタを誤認?するのは違和感ありすぎです。

…さらに余談ですが、アメリアがリナに対して「罪のない動物たちを…」などと言っていましたが、あの発言は、極めて不自然と感じます。
あの手の動物たちは、我々の現実世界ですら食料となり得るものですし、あの世界での主食は肉類ですから、さらにその傾向は強いと思います。
当のアメリアとて、「罪のない動物たち」を食わなければ生きていけないのですから。
ついでに言うと、原作者の神坂一先生が、公認FC会誌で、
「ガウリイは動物好きですか?」との質問に対して、
『肉の好き嫌いは無いと思います(中略)ペットとして動物を見る、という感覚がないでしょうね』
と答えていますし(笑)

…話がかなり脱線しましたが。
リナの、冒頭における行動は前述のようにまだなんとか許容できましたし、前半のアメリアが目立つ部分も、個人的にはあまり面白くは感じなかったものの、
「まぁ、先週まではリナが目立ってたから、リナが出てくるまで諦めるしかないか…」
と思いつつ見ておりました。
(※べつに、アメリアが嫌いというわけではないですが、リナを気に入りすぎてるので、ついこのように思ってしまうのですw)
…まあ、本当のことを言うと、もう4話まできているのだから、話をさっさっと進めて欲しいという思いはかなり強かったので、この辺りで延々と続いたアメリア描写で、
「この分だと、今回もろくに話の進まない回のようじゃのう…orz」
と思ってしまいましたが。


しかし、後半はもう、話が進まないどころか、予想を超越した破綻ぶりを示すものとなってしまいました。
まず、魔道戦車もどきのハリボテを自作して、リナとガウリイがそれに乗り込むという話の流れも、すでに無理矢理感が非常に強かったです。
ふつーに考えて、あの短時間で、あんなものはできない…というか、技術的にもまず無理かと。
また、個人的には、ファンタジー世界からあまりにも逸脱したものは出さないで欲しいとの思いもありました。
その上、魔道戦車もどきで町を破壊…。
リナって、敵を倒したりする過程で、結果的に町を破壊してしまうことはたびたびあったと思いますが(とくにTV版は)、ここまで無意味に、自分から進んで破壊するようなことはなかったと思います…。
このあたりでもう意味不明、というかキャラクターの逸脱は既に限度を越えていたと思いますが、
ポコタ+アメリアに攻撃された後のリナの反応は、
もはや理解不能なんてものではありませんでした
さっさと魔道戦車もどきから降りて、アメリアの前に姿を見せれば済むのに、なぜかそれをせずに、勝手に逆上して、戦車もどきの中から、延々と応戦。
このあたりが、『今週の悪かった点』の最初のほうで書いた、
『今回の話を考えた方は、リナというキャラをどのようなキャラと考えているのか、大いに疑問です』
の示していた部分です。
もはや、この全く無意味な戦闘を演出したいがために、リナの性格を無理矢理変えたとしか思えません。

過去のTV版スレイヤーズにおいても、リナの性格は、冷静かつ知的なキャラとして描かれている原作と比べれば、猪突猛進気味で冷静さに欠け(シリアス時以外)、押しも非常に強くなっていて、一部?では原作とは別人とまで言われていますし、その上、TV版リナのイメージからすら異なったイメージで描かれてしまったように感じられた回もたまにありました。

しかし、今回は、今までとは比較にならないほど酷いです。

リナって、こんな、ろくに頭を使わずに暴れ、挙句の果てにアメリアに攻撃されれば、アメリア側の事情も考えず逆上し、延々と無意味に応戦し続けるような、頭の悪い暴走キャラだったのでしょうか?
まぁ、過去には逆上して、アメリアに竜破斬(ドラグ・スレイブ)を使おうとしたこともありますが、これは未遂で終わるという前提だから面白く、「まぁギャグだから…」で済むと思います。
しかし、今回のように本当に戦闘になってしまっては(しかも全く無意味な戦闘)、何にも面白くないですし、そうなっては、もはやギャグにすらならないと思います。
…今回のリナは、少なくとも、自分のイメージするリナとは、もはや別人ですし(たとえTV版だとしても)、このようなキャラだったら、気に入るはずもありません。


もはや…前回の第3話のような、『使用魔法がおかしい』などというレベルとは次元が全く異なります。
もう、話自体がどうしようもなくおかしい。
リナというキャラクターの性格を改ざんしなければ成立しない話なんて、どう考えてもおかしく、やる意味があるのか疑問ですし、そうまでして無理矢理作った話なんて、正直言って見たくもありません。
(実際、この話を見返す気にはとてもなれません)
いくら、TV版のリナが『冷静さを欠く』とは言っても、基本的には原作における頭の良さは引き継いでいると思いますし、今作(REVOLUTION)でも、2話と3話ではその点もある程度描かれていました。
しかし、今回、そんなものは冒頭から既に感じられず……
後半は、もはや処置なしです。
魔道戦車の中にいたら、ポコタからはもちろん、アメリアからも全力で攻撃されるのは、どんなに想像力がなくても理解できると思います。
しかし、人間の中では、特別な切れ者と言ってよく、洞察力にも優れているはずのリナが、なぜかそのことを理解しない。
いくらギャグ優先とは言っても、限度があると思います。
…そして、そうまでして作った話が全く面白くないのですから、もはや本末転倒なんてものではありません。


もう、はっきり言ってしまえば、今回の話では、アメリアへの愛は強く感じられましたが、リナへの愛は全く感じられませんでした。
…ただ、アメリアを描きたいがために、リナを悪役的立場に追いやったとしか思えません。
もちろん、話を作られる方にも、それぞれに好みがあるでしょうから、特定のキャラへの思い入れが偏ったりすることは止むを得ないと思います。
しかし、だからといって、リナの性格を無理矢理捻じ曲げる事は、とても賛同できるものではありません。
(※もちろん、同人作品ならこの限りではないですが、公式の作品でこれはないです…)




■結論のようなもの
はっきり言って、今回の話は、面白くもなんともありませんでした。
見ながら「つまんない…orz」と何度も言ってましたし。
そして、つまらないだけではなく、あまりにもリナの本来の性格を無視した強引過ぎる話の展開に、腹立たしさすら感じてしまいましたし…。
遠慮なく言えば、今回の話は個人的に、TV版スレイヤーズ史上、最大の駄作回でした。
(TRYのギャグ月間の各回も、あまり面白くなかったですが、露骨な性格改ざんまではなかったですし…)

…なんというか、今回はもう、怒りを通り越して、悲しい気持にすらなってしまいました。
先週も多少、自分に対する精神攻撃にはなりましたが(笑)、今週は比較にならないくらい強烈でした。
…基本的に自分は図太い人間なので、通常は精神的なダメージを受ける事などほとんどないのですが、今回の話は、ここ数年で最もこたえる精神攻撃でした…。
リナの性格改ざんという策は、自分に対しては最も有効な攻撃だったようです…。

…今回の話を見てから一眠りした後、午後から電車に乗って東京方面へ出かけてきたのですが、その間も今回の悪夢が頭を離れませんでした。
また、車窓を眺めやすい座席配置の電車だったこともあって、車窓を眺めながら、
「ああ……。このまましばらく旅に出て、今回の事は忘れてしまいたいなぁ…」
などと思ってしまいました(爆)


…というわけで。

今回の話は、自分の中で、なかった事にさせて

いただきます(笑)














■どうにも我慢ならないので、少しだけリナ語り
そして、今作では、リナの意外な(?)人柄の良さが、まだ一度も描かれていないことも気になります。
ギャグ時のリナは、非道と言っても差し支えないかもしれませんが(笑)、本当は誰よりも、仲間のことを大切に思っている、『自己中心のお人よし』(林原さんがリナを評した言葉)なのだと思います。
少しだけ、リナのそういった面を描いた例を挙げてみますと、NEXTの第2話では、リナがゼルガディスのために、クレアバイブルの写本を探すという描写がありましたし、原作でもTV版でも、身を挺して仲間を助けるという場面すらありました。
(そして、仲間を助けた後の受け答えが、またリナらしくていいのです…)
以前からのファンは、そのようなリナの本質を知っているからこそ、ギャグ時に非道とも思える行動をとっても笑って済ませられると思うのですが(ギャグ話の方が断然好き、という方はその限りではないと思いますけどw)、今作で初めてスレイヤーズに接する方は、そのようなリナの隠れた魅力は知るよしもなく、本当にヒドい性格、と思ってしまっているのではないでしょうか?
そして、今回の話で、その傾向にさらに拍車がかかってしまったのではないかと思え、リナ好きとしては憂鬱になるばかりです(涙)
…旧作を知らない方には、原作小説の本編か、TV版の旧作を通して見てもらえれば、今作ではまだ描かれていないリナの良さがよくわかると思うので、ぜひ見ていただきたいと思います…。
全てを見るのが大変なら、原作小説の本編1~8巻か、TV版無印スレイヤーズの18~26話、TV版スレイヤーズNEXTの18~26話のいずれかが、リナの魅力(スレイヤーズの魅力、とも言い変えられます)を最も引き出せている話だと思いますので、ご覧になっていない方には、とくにそのあたりをお勧めします。
…自分も近いうちに、原作本編は読み返すつもりですし、TV版旧作も、REVOLUTIONが一段落する10月以降にでも見直したいと思っています。



■次回以降への期待
…次回は、ようやくゼロスも出てくるようですし、おそらくは今作初のシリアス展開になるでしょうから、個人的には、もう次回に期待するしかないです。
過剰な期待はしないほうがいい、ということは段々わかってきましたが…(笑)
ただ、ギャグ話になると、今回のような大破綻も覚悟しなければならないでしょうから、やはりその前に、少しぐらい空気をいい方向に変えて欲しいと思います。

…次回が駄目なら、もう、8月後半以降の展開に期待をつなぐしかないですが…。
とにかく、全体を通して『駄作』『黒歴史』などとならないよう、大逆転を願うほかありません…。

これで次回が傑作回なら、なんとも浮き沈みの激しいブログ、ということになりますけど、そうなってくれるのなら、多少(?)踊らされることになろうとも、大歓迎です♪
関連記事
コメント
この記事へのコメント
今さっき見ましたが、所々つっこみどころのあるショッキング(理解不能)な行動の連続でした。youtubeのアップが遅れていたのはもしや、皆さんショックが大きくて気力・体力・魔力がほぼ底をつき、現実逃避モードに入っていたからかもしれません(くっ! 負けるもんか!)
アメリアが問答無用でゼルを殴ったり、魔導戦車の車輪がとれたときの車軸?が考えられない形状だったり、リナがアメリアにバースト・フレアをつかったり……。
特にリナの行動はだーくまろさんの言うように、初めて見る人から見ると単なる破壊者ですね。

リナのいいところが全然表現されてないという。

全キャラ(ポコタ以外)の行動の違和感は今までで最高だった気がします。
まあ、悪いことばかり書いてますが、良いことは……う~む、何だろう。「これを機に性格が破綻しなくなる」とか、「超高レベルかつ緻密な攻防」が展開されるようになるとかそんな副作用が起きれば良いなあ。

ひどいこと書いてますが、これからの話、すばらしくなることを期待してます。
次回が高山治郎さん担当ということで少し元気がわいてくる今日この頃。シリアス展開突入とみる。
2008/07/28(月) 03:16 | URL | kobuta3 #sLo3ZbzM[ 編集]
>kobuta3さん
…4話、見ましたか…。
なんと言いますか…
「…こういった種類の精神攻撃が存在するのか…orz」
と、気付かされた回ではありました。
自分は4話の視聴後、なんとか負の感情を振り絞って(…)感想だけは書き上げましたが、その後現実逃避モードに入って、旧作や原作でのリナの活躍に思いを馳せていましたが、それと今回の話とのあまりのギャップに、さらに凹むという悪循環に陥っていましたw

正直な所、今回はツッコむことすら無駄とも思えるほどでしたので、自分の感想はほぼ、リナについての記述に絞りましたが、ガウリイは全く保護者の役目を果たしていないなど、他のキャラも違和感がありましたね…。
ゼルとアメリアはTV版の場合、自分の中でイメージがいまいち定まっていないのと、基本的にギャグシーンが多かったので、個人的にはなんとか許容範囲内でしたが、好きな方からすればやっぱりそうはいかないのでしょうね。
自分としても、具体的にどことは言えないものの、「何かが違う」とは感じましたし。
リナについては…本文で「これでもか!」というほど書きましたので、ほぼ言い残す事はないですが(笑)、視聴後数日が経った今でも、この回を見直すことはできないだろうな…と思っています。

ところで、個人的にはポコタについてすら違和感がありました。
なぜなら…
「なんでニセ魔道戦車にドラグスレイブ撃たないんですか?」w
そして、リナも、それをやられる可能性が高いという事くらい、どう考えてもわかるはずなのですが。

…結局の所、
『アメリア+ポコタ VS ニセ魔道戦車(リナ+ガウリイ)』
という戦闘を描きたいという大前提があって、それを実現させるために、各キャラの性格・行動が改変されたということでしょう。
個人的には、一番好みではない話の作り方です。
スレイヤーズのような、キャラの個性が非常に強い作品の場合はとくに、キャラの個性や魅力を引き出せるような話を第一に考えて欲しいと、痛切に思います…。

『これを機に性格が破綻しなくなる』は、期待したいところですが、この回を面白いと感じている方も結構多く(それは各人の好みの問題ですので、それをどうこう言う気は全くないです)、キャラ崩しが『成功』と受け取られないか、少し心配な面もあります(汗)
それと、制作に関わっている方がネットでの反響を気にしていたとしても、話の制作は1ヶ月以上(?)先行しているでしょうから、それが反映されるのは早くても今作の終盤あたりになるような気がします。
まぁ…そもそも、制作の方が、そういった視聴者の意見を気にしているのかどうか、全くわからないのですが(笑)

『超高レベルかつ緻密な攻防』は、後半に期待ですね♪
旧作なら、4話の段階で既にシリアスな戦闘を見れていたので、もう待ち遠しすぎます。

次回の脚本は、高山治郎さんでしたか♪
脚本の方によって、話の出来不出来が予想できてしまうかもしれませんので、自分はあえて見ないようにしていましたが、それならば希望もわいてきます(笑)
…ああ……次回が本当に楽しみです。
けど、今回があれでしたので、期待はほどほどにしておきますw

…しかし…第4話について、もうそんなに書く気はなかったのですが、またうだうだと書いてしまいました(汗)
それと最後に。
kobuta3さんのご意見は全く正論で、『ひどいこと』だなんて、全然思わないですよ。
自分の感想と、このコメントは……かなり怪しいところですが(汗)
(けど、自分に嘘はつけない性格なので、やめる気はないですけど…)
2008/07/28(月) 21:34 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
いつもいつも返信ありがとうございます。
正直、放送から4日近くたって、あと、2日3日たてば新エピソード始まるという微妙な
タイミングのコメントに返事をするというのは、大変ですよね(笑)
すみません、youtubeなもので。

前回悪いことばかり書きましたが、確かにほかのサイトさんのコメントをみると肯定的な意見が多いですね。というか、見たサイトのほとんどがギャグとして許容していました。
自分もギャグとして割り切りたかったんですが、リナのバーストフレアはさすがに「アメリア死んじゃう!」と思い、ギャグとして判断していいのか迷いました。
今回ゼルのポコタ捕獲作戦(ver.超原始的)が一番の笑いどころのような気もするんですが、どうもゼルとアメリアの掛け合いがしっくりこなくてゼル頭大丈夫か!? とかなり心配しました。
とうとうリナたちのせいでゼルも狂ってきたのか…と。
まあ、この作戦あたりは面白いと思いました。
しかし、頭の中でこの4話全体を見回したときに、どうやってギャグとして認識させればいいのかを考えてみましたが、未だにだめです。
現実逃避モードまではいきませんでしたが(笑)
時がたてば受け入れられかもしれません。

「なんでニセ魔道戦車にドラグスレイブ撃たないんですか?」w
あっ、確かに! ふむ、ポコタもおかしい。あの展開でいきなりドラグスレイブ撃ってもいい気がします。でもって、アメリアが「いけません! 街がなくなっちゃいます!」とか言って発動阻止という手も使えたと思いま……こういうことは考えるときりがないですね。

だーくまろさんのコメントは、気持ちに正直に書いてあってシンクロ?できていいですよ。
2008/07/29(火) 01:27 | URL | kobuta3 #sLo3ZbzM[ 編集]
>kobuta3さん
こちらこそ、いつもコメントいただき、感謝しております♪
自分としては、とにかくスレイヤーズの話ができるのが嬉しいですので、たとえ新エピソード放送後に以前の話へのコメントを頂いたりしても、全く問題ないですよ。
ただ、今回もそうですが、お返事が遅くなってしまうこともあるのはお許しください…(汗)

さて…4話についてですが。
掲示板でも少し書きましたが、アニメ系全般を扱っているサイトさんの場合、肯定的な評価が目立ちますね。
ただ、スレイヤーズ中心で運営されているサイトさんの中には、違う傾向も存在するように思います(まだあまり見れてないですけど…)
バーストフレアは…『入門!リナの魔法教室』から一部抜粋しますと…
「相手が人間ならば、骨すら残さず燃やし尽くすことが出来る」
…いやぁ。凄い威力ですねぇ。はっはっはっ。
って、たしかに、まぢめに考えると死ぬどころぢゃないですね(汗)
自分も、この場面は気にはなりましたが、まずこの戦闘自体が本来なら成立しないはずなので、本文ではスルーしました(笑)
ここは、第2話でポコタがドラグスレイブを食らっても生きていたのと同じく、『ギャグだったから』派手な魔法を使用したと考えるしかなさそうです。
2話の感想でも書きましたが、原作スレイヤーズにおいては、『すぺしゃるのほうでは、キャラクターの生命力は本編の数十倍から数百倍になる』という裏?設定がありまして、今回の第4話はどう考えても、すぺしゃる的なギャグ回でしたし。
…まぁ、そんな強引な解釈を必要とするのは、話としてどーなのかと思わないでもないですが。

個人的には、4話で多少でも面白いと感じたのは、ゼルとアメリアの掛け合いくらいでしたが、両者ともキャラが崩れてると言えば崩れているかもしれませんね。
先にも書きましたが、TV版におけるこの二人のイメージが自分の中で固まっていないので、自分では崩れてるか崩れていないかの判断は下せないですけど。
ただ、妙に博愛主義者的に描かれたアメリアには、大きな違和感を感じました。

自分はおそらく、時が経ってもこの4話を受け入れる事はできないと思います。
というか、自身の波長に合わない話を、無理に受け入れようとする必要性はないと思っていますし。
だから本文で、
『今回の話は、自分の中で、なかった事にさせていただきます』
などど書いてしまっています(笑)
4話は、
「アメリアとポコタが仲良くなった。以上」
これだけ覚えておけば、ストーリー上何ら問題ないですから、極論してしまえばあってもなくても構わないかと(爆)
…これが精神衛生上、最も楽な方法と思われますしw
ただ、今回の話が面白かったという方も多くおられますので、そういった方々の意見を否定したりせずに尊重しなければならないとは思っています。

アメリアがポコタのドラグスレイブを発動阻止というのは、やって欲しかったですね。
こういった、ちょっとした工夫を凝らすことで、今回の話のキャラ崩壊はかなりの部分を防ぐ事ができたのではないかと思われ、その点は残念です。

当ブログでは、4話についてかなり騒いでしまいましたが、精神面に負った傷(笑)も今はほぼ完治しましたし、かなり落ち着きましたので、後で少しだけ、4話に対する事を書こうと思っています。
(ここで書いた事と重複する部分も多くなると思いますが)

最後に。
このようなコメントにシンクロ?してもらえるとは、ありがたい限りです♪
2008/07/30(水) 21:15 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/18-d1f2a0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
第4話 「Drifter どっちが追うか追われるか!」 録画失敗したので今回は夏ソラに変わりましてスレイヤーズREVOLUTIONの感想を書きますね。 …とは言...
2008/07/24(木) 19:17:18 | Shooting Stars☆
スレイヤーズすまっしゅ。 1 獅子の試練を乗り越えて (富士見ファンタジア文庫 20-59) ペット誘拐の濡れ衣をはらすため謎の小動物ポコタを捕まえたいリナ。山に篭り、魔法を使った力技でポコタを探すが、姿を現すのはイノシシや狼などの動物ばかり。しかし、アメリア
2008/07/24(木) 23:07:53 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
スレイヤーズすまっしゅ。 1 獅子の試練を乗り越えて (富士見ファンタジア文庫 20-59) ペット誘拐の濡れ衣をはらすため謎の小動物ポコタを捕まえたいリナ。山に篭り、魔法を使った力技でポコタを探すが、姿を現すのはイノシシや狼などの動物ばかり。しかし、アメリア
2008/07/24(木) 23:08:27 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
第4話は、アメリアが世界平和の正義のために燃え上がるお話。 正義マニアというかなんというか、こんなに楽しいキャラだったんですね~(笑)。 ゼルガディスも真面目に怖いこと考えてて面白かったですが、ともかくリナのあまりの悪役ぶりに爆笑でした。 ポコタを捕...
2008/07/25(金) 01:43:24 | パズライズ日記
スレイヤーズREVOLUTIONの第4話を見ました。Plentyofgrit/Revoltion『私の前に敵はなく、私の後ろにはお宝の山!!威風堂々傍若無人。どこまでもどこまでも突っ走れぇ!!』第4話 DRIFTERどっちが追うか追われるか!ペット誘拐の濡れ衣をはらすため謎の小動物ポコタを捕まえ...
2008/07/25(金) 15:25:22 | MAGI☆の日記
初っ端からリナ大暴走w ポコタを捕まえるべく魔法をぶっ放しまくるリナですが… ポコタを見つけて攻撃してたのではなく、 結果オーライになればよしの無差別爆撃(;^_^A 森を破壊してただけ… 小熊までビビらせてどうする… 今回もリナ爆走回かと思いましたが意外...
2008/07/25(金) 21:59:06 | のらりんクロッキー
ポコタを捕まえるべく山に篭ったリナたち…。 なんたる山林破壊(汗) いまいち協力しないゼルガディスをリナはやる気にさせようとする。 ...
2008/07/26(土) 22:36:26 | SeRa@らくblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。