当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 (23:31掲載)
EVO-R DVD3巻の発売が5/27に迫ってきていますが、そんな中、DVD2巻ではなく、1巻をようやく見ました。
…ちなみに当方、REVOのDVDも、いまだに1巻しか見てないですけど…(笑)

それと、最近、絵の構図を考え始めていますが、いざ絵にしてみると、なかなか脳内のイメージ通りにはなってくれず、構図を決めるだけでも当分かかりそうです(笑)
そんなことをやっていると、ますます、ライトマジックはすごいなぁ…なんて思ってしまいますw

あ。それと、EVO-R総括感想は忘れたわけではありませんが、そのうち気が向いたら書くと思います。
DVD5巻が出た後でもいいかな……なんて思い始めてもいますが(笑)

以下、ネタバレというか微妙な所ですが、EVO-R1・2話について触れています。
 

1・2話を見るのは約4ヶ月ぶりで、スレイヤーズ自体を見るのも、約3週間ぶりでしたが、この2つの話はやはりどちらも面白いです。
最近は、せっかくアニマックスに移ったこともあって、少しは他のアニメも見ていますので(レコーダーのHDが一杯にならないよう消化していく感じでw)、それと見比べるような形にもなりましたが、やはり自分にとってスレイヤーズは別格だと、改めて感じました。
他のアニメでも、それなりに面白いものはありますが、スレイヤーズのように、見ていてすごく幸せな気分になれて、熱くなれるものは他になさそうですから(笑)
(もっとも、人生をかけられるほどの作品がいくつもあったりしたら大変ですけどw)

少し脱線しましたが、自分はとくに戦闘場面が好きですので、とくに、「ゼロス、真の姿」(NEXT)の流れる1話の戦闘、2話の、「Smile your trouble away!」(TRY)をバックにしたハンスを取り押える場面、「空と大地の間で」(TRY)、「最終決戦の時きたる!」(無印)の流れる後半の戦闘は、熱くなってしまいます♪
これらのうちの前者2つは、とくに映像とBGMの相乗効果が大きく、そのおかげでますます嬉しくなれたように思います。

BGMについてですが、1・2話は基本的には使用法が良好と感じられ、上で挙げた2話後半の戦闘については某サイトさまで触れられていて、その場面のBGMの使用法と、それを指摘されていたことの両方に感心したものです(笑)
そして今回、2話を見返したことで、その意味する所がよくわかりましたが、TRYと無印という、全く別の場面で使用された、似た曲調の曲を連続して流すという使用法は、実に巧妙と感じられました。

(次の行、3・4話のBGMに少し触れていますので文字色反転)
そのような芸当は、旧作のサントラに収録されている曲の全体像を把握してなければできないと思いますが、それでどうして、3・4話のBGMがあんなことになってしまったのか、非常に不思議ではあります。
サントラの収録曲は把握していても、旧作のほうは見返してないのか、それとも、旧作の使用場面は大して気にとめていないのか…?
ま、BGMについては、またそのうち総括感想の中でも触れることにします。


…BGMの話が長くなりました(汗)
この2回を連続して見ると、どちらかと言えば1話の方がよかったような気はしますが、2話もギャグ回としては異例の出来だと思いますし、シリーズ開始直後のすべり出しが良好だったことは、つくづく喜ばしいことだったと思います♪
あと、なによりOPが最高だったので、最初から全速前進になりましたし、あれは本当に大きかったです♪(笑)


(以下、3・4話の印象に思いっきり触れていますので文字色反転)
最初に触れました通り、DVD3巻の発売が迫ってきていますが、2巻は飛ばして、3巻を見ようと思っています。
なにしろ、3話はBGMが、4話は話の内容自体がトラウマになっていますので…(汗)
せめて、3話は、あの曲さえ使用されてなければ見る気にもなれるのですが……自分にとって、一番やってはならないことをやらかしてしまっていますから、やっぱり無理です。
……どうも、DVD2巻については、負の話が止まらなくなってしまいますが(汗)、3巻のほうは楽しみにしています♪


あと、最後に。
4話追加感想にまた追記しました。大したことは書いてないですけど(汗)
4話追加感想と言えば、最近になってまた拍手を2回いただきまして、とうとう8拍手になってしまいました…(汗)
(以下、4話の印象に思いっきり触れていますので文字色反転)
あれを読んでいただくことで、少しでも気晴らしになってたりするのでしたら幸いですが……それにしても、あれほど痛烈な内容で、それほどの数の拍手をいただけてしまうことは複雑でもあります…。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/183-2803780e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。