当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 (15:38掲載)
今回は、りーでぃんぐの感想を書こうと思ったのですが……旧版カバーイラスト語りが長くなってしまったので、まずはそちらから掲載します(笑)
…それにしても、最近はほんとに方向性が偏ってる気がしますw

 

■旧版カバーイラストギャラリー
旧版カバーイラストは、けっこう好きなものが多く、絵を描くときの参考にすることも多いので、いちいち旧版を探してくる手間が省けて助かります(笑)
もちろん、一番嬉しいのは、あらいずみ先生のコメント付きだということですが♪

で。以下、とくに印象深い絵と、ちょっと触れておきたい点のある絵について挙げてみます。
以前に書いたことと重複もありますが。

●5巻
なんといっても、それまでにはなかったシリアスな雰囲気となっているのが印象深いです。
リナについては、カバーイラストで初めて、その後の本編で標準的となる衣装になっていますが、ショルダーガードをはじめとする装備も、顔つきもまだ過渡期のもので、よくよく見ると、ベルト類の金具もこの時点だけに見られるもののようです。ショルダーガードを変える際に、ベルト類も変えたようで……。リナってば、おしゃれさん(笑) まぁ、一緒に変えたほうが確かにデザインの統一感は出てていいですけど♪
それにしても、だから6巻の口絵や挿絵では、ショルダーガードだけでなくベルトも身に着けていなくて、マントは留め具を用いずに、襟の部分を結んで身に着けているという、珍しい姿となっていたのですね。今になってようやくその理由に気付きましたが(遅w)、中途半端に旧来の装備を残すのは、お好みではなかったのかもしれません…w
…なにやら脱線が激しいですが、5巻のカバーイラストに戻ります。
話の中でのリナは、4巻・5巻と、6巻の最初のあたりまではこの装備でしたが、カバーイラストとしては1回きりの登場だったので、やはり影が薄い気がします。後に新装版として、この装備のリナが新たに描かれるとは思いませんでしたが(笑)
あと、リナはまだ過渡期であるのに対して、ガウリイはほとんど完成形に近いように思いますが、4巻までのガウリイと比べると、精悍さとまじめさ(?)が増して、大幅にイメージが変わってる気がします(笑) 個人的には、ガウリイがすごくかっこよくなっていることにも、このカバーイラストでは驚かされたものです。

●6巻
個人的お気に入り3強の一角です。
涙を浮かべながら、頭上に掲げた両手の間に魔力を集中させるリナ。
滅多なことでは冷静さを失わないリナが、ここまで感情をあらわにするのは、どんな場面なのだろうかと想像することは今でもたまにありますが……
リナの心が酷く痛むような形で、仲間が傷付けられたときか、それとも……仲間を失ったとすれば、こうした姿を見せるのかもしれない、という気はします。
……ちょっと重い話になってしまいましたが……
ここで描かれた魔法は、魔力の光の色を別にすれば、重破斬っぽい気もするのですが……そうなると、さらに重い場面になってしまいそうです(汗)

あと、あらいずみ先生のコメントに触れておきます。(以下、方向性が激変しますw)
担当さんいわく「これ、パンツじゃないよね!?」って……たしかに、ラフの絵では着色もしてないでしょうから、慌てるのはわからないでもないですが(笑)
…ところで、リナが履いてるものは、あらいずみ先生的には「ズボン」なのですか?
TV版だと、タイツと判断してよさそうなのですが……ここでまたズボンと言われると、原作でのリナのブーツの中(足首から先)がどうなっているのか、またわからなくなってしまいます(笑)

●8巻
これも、個人的お気に入り3強の一角です。
神滅斬のイラストと言えばまずこれが浮かぶ、もっともかっこよくリナが描かれたものだと思います。
個人的に、神滅斬の絵を描くことがあれば、目標はこれに少しでも近い迫力を出すことですが……まぁ、極めて遠大なる目標であることはわかっているつもりです(笑)

ところで、個人的なよけーな余談ですが…
新装版のカバーイラストで、新たなイラストを目にすることができたのは嬉しかったのですが、ここで挙げた6巻や8巻のような、迫力に溢れたものが含まれていなかったのは少々残念な気もしました。
極度のリナ好きとしては、リナの絵が旧版では全巻合計15枚あったのが、合計5枚に激減したのも残念でしたが…(爆)

●9巻
ここで、魔血玉の呪符が絵的にも追加され、服の襟の色も、それまでの薄緑色から、上着と同じ赤系の色となるなどの細かい変更が加えられて、リナの完成形となったようです。

●13巻
個人的お気に入り3強の最後の一角です。
やっぱり自分はシリアスな雰囲気の絵が好きなようですが、リナの表情はもちろん、その姿も大変珍しいものとなっているのが印象深いです。
マントやショルダーガードを身に着けていないのも、カバーイラストとしては珍しいですが、襟元がはだけているのは、これを見た当時、ちょっと驚いてしまったものです(笑)
…個人的イメージなのですが、リナって、人前ではかなりきっちりした服装をしてそうな気がしていたので、襟元をはだけさせるようなイメージがなかったものでして…。
ただ、人前ではない、宿屋の自室でくつろいでるときなどだったら、そうしたこともしそうな気はしますけど。

……ちなみに、この13巻の発売後、スレイヤーズの同人誌で、襟元のはだけたリナが大量発生したのが鮮明に記憶に残っています(笑)

●14巻
正直に申し上げて、14巻の絵柄は、個人的な好みからは離れてしまった感じが強いのですが、ここでのあらいずみ先生のコメントいわく、「ホント時間が無いというつらい状況の中で描きました」とのことで、そうしたことも影響していたのかな、という気もしました。
(次の15巻では、カバーイラストは幼い感じだったものの、口絵はどれも好ましいものでしたし)

●15巻
これも絵柄的に言ってしまうと、個人的好みからは外れていますが、絵の雰囲気としてはかなり好きだったりします。帯に書かれていた文句ともども、15巻を読む前の不安感は思いっきり煽られましたが(汗)
ただ、そこまで壮絶な展開になるのかな、という期待感もちょっと膨らみました。
(結果的には、少なくとも見た目には、この絵ほど大変なことにはなりませんでしたが)

あらいずみ先生のコメントで「13巻とは対照的に」と書かれていますが、13巻ではガウリイがぼろぼろになっていたのに対して、こちらではリナがぼろぼろになっています(汗)
全身の至る所が煤けているだけでなく、上着の裾が焼け焦げ、その部分は怪我をしているかもしれないですし、手袋が片方しか残されていないのは、もう片方は戦闘の最中に失われたか、ぼろぼろになったので外したか、といったところでしょうか?
また、ショルダーガードやマントなどについても、戦闘で失われたとも考えられますが、そうだとすれば、4巻を上回りかねないほどの激戦ということになるかもしれません(汗)
そして、リナの表情も、普段とは全く異なる、力ない、儚げなものとなっていて、その目にはうっすらと涙が浮かんでいるようにも見えます。
…これもまた、6巻と同じく、リナがここまでの姿になる場面というのを想像するのは難しいのですが、色々と想像せずにはいられません。


…意外と長くなってしまいましたが、ずいぶん前から書きたいと思っていた、旧版カバーイラスト語りが、こんなところでできてしまいました(笑)
この後は、りーでぃんぐのインタビューなどの感想も多分書くと思います。
(本来、そっちが主体だろうにw)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
5巻表紙の、寿命の短かった、じゃらじゃらショルダーガード。好きだったりします。(笑)アニメでは、動かしにくいでしょうが、宮廷魔導師っぽくて、原作ベースの、セイルーン編である4巻、邪教集団相手の5巻では、なかなか映える衣装だと、思ってます(笑)あと、この辺り、光の剣の鍔の部分が、すごく、気になります・・・・。でかすぎないか(笑)
2009/07/18(土) 21:14 | URL | ちはる #-[ 編集]
>ちはるさん
じゃらじゃらショルダーガード……言い得て妙です(笑) 何巻の、と言われなくてもすぐに何を指しているのかわかりますしw
6巻以降の堅実なショルダーガードを見慣れて久しい、今の視点からすると、あれはどうしても装飾が多すぎる気がしてしまいますが(笑)、これはこれでまとまっていると思いますし、宮廷魔道士的な高級感はありますね。
また、4巻・5巻は夜間のシーンも多かったようなイメージがあるので、その中でこのきらびやかな装備は映える気がします。ただ、4巻はリナが何度も重傷を負う話ですし、5巻も最後に両腕が大変なことになるので、この装備の時のリナは、結果的に、大変な目に遭う率が異様に高いということにもなっているのですが(汗)
…などと言いつつ、4巻は個人的にすごく好きなので、それに関連した絵も描きたいと思っていますし、単純に、この装備のリナを描いたらどんな感じになるのか見てみたいので、そのうち描こうとは思っています。
以前から「描きたい描きたい」言ってばっかりで、全然実行できていないですけど(汗)

それにしても、6巻でズーマがショルダーガードを壊してさえいなければ、以後もそれが標準となっていたかもしれませんが、TV版でそれを描け、ということになっていたら、さぞかし大変なことになっていたかと思います(汗)
…その時点で、原作にショルダーガード破壊指令が出ていたかも…?(笑)

5巻表紙の光の剣の鍔は……言われてみると確かに、巨大ですね(笑)
ひょっとしたら、リナの肩幅よりも大きいのでは、と思えるほどですw
2009/07/19(日) 00:09 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/208-c28b037c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。