当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 (19:44掲載)
本日2件目の投稿です。(珍しいw)
では今度こそ、りーでぃんぐの感想です。ただ、大したことは書いてないと思いますが(笑)
それと、誤記なども散見?されましたが、自分はスレイヤーズに関する知識が基本的にあんまりないので、ツッコミはもっと詳しい方にお任せしておきますw

で。まず「りーでぃんぐ」の全体的な印象を。(以下、いちおう文字色反転)
正直言って、インタビュー以外は、「えんさいくろぺでぃあ」とあんまり変わり映えがしない気がしました。読み比べたわけではないですし、全てに目を通したわけでもないですが、見たことのある文章が大半のような気が…(笑)
それに、見た目のボリュームも格段に減ってるのが、なんとも微妙ですw
あと、紙面構成的にも、「えんさいくろぺでぃあ」のような面白みにも欠けてる気がします。

ただ、個人的には大体こんなものかな、という気もしていました。最近のドラマガを見る限り、スレイヤーズ関係で気合の入ったものを作ってくるとは、あんまり思えませんでしたし(汗)
とはいえ、神坂先生・あらいずみ先生へのインタビューは興味深いですし、「えんさいくろぺでぃあ」に未収録の本編12巻以降の分もカバーされてますし、あと、あらいずみ先生のコメント付の旧版カラーイラスト集は便利ですので、買っておいて損はないと思います。


以下、ネタバレです。なお、EVO-R8話までのネタバレも含まれます。
 

…これなら、「続・えんさいくろぺでぃあスレイヤーズ」として、本編12巻以降などの分を、新たにまとめたほうがよかったのでは、という気もしますが、そういうことを言ってもキリがないので、本文の感想に入ることにします。


■第一章 スレイヤーズ めいんきゃらくたーず
各キャラのDATAからして、「不明」が多すぎて、あんまりやる気が感じられませんw
年齢とか身長とかは、過去の神坂先生のファンクラブ会誌である程度は明らかになってますし、それを明かしたところで、想像の余地が少なくなることもないでしょうし、むしろそのほうが喜ぶ人が多かったでしょうから、この際、徹底的に書いて欲しかったと思います。

・リナは、本編開始時で15歳、最後の時点で恐らく18歳、本編初期の頃で身長147センチ。
・ガウリイは、神坂先生にとって永遠の22歳(笑)で、リナとの年齢差は6~7歳、身長は182センチ。
これくらいならはっきり覚えているのですが、他のキャラについては資料を見返さないとよくわからないですし(笑)


お次は、一気にワープしまして…
■第四章 スレイヤーズ 20年目のQ&A
引用はなるべく控えめにしてるつもりですので、ちょっとわかりづらいかもしれませんが…。

●神坂先生インタビュー
(リナの魅力について)「何事にもとらわれない……ように見えるところではないかと思います」
たまに?リナって、すっごい極論を言ったりしますが(笑)、基本的には何事にもとらわれないから、種族の違いとかは全然気にもしないですし、それもやはり魅力だとは思います♪

「きっと見えないところでは、いろいろ苦労もしているじゃないかとも思いますが」
リナって、なんだかんだ言いながら、結局はお人よしで、面倒見のいい面もありますから、そんな性格では苦労も多い気はします(笑)

・「内面的に多少は成長しているんじゃないかなぁ、という気もしますが…」って。
…思いっきり成長してると思うんですが(笑) 長くなるので、ここではその内容には触れませんがw
だから自分、本編のほうのリナにものすごく偏重しちゃってますし。
(あ。衣装の違いのせいだけじゃないですよw)

(ガウリイの魅力について)「天然なのかとぼけているのかがわからないところ、でしょうか」
…そのことにどれほど、全世界のガウリイファンが悩まされ続けていることでしょうか?(笑)

(リナとガウリイは最終的に(以下略))
要は、ご想像にお任せします、ということですね(笑)
まぁ、個人的には、15巻のわりとすぐ後かどーかはともかくとして、いずれくっつくのは間違いないと確信しておりますがw

(ゼルガディスは元の人間の姿に戻れる?)
これまでになくはっきり、「戻れます」と明言されてますね…(汗)

(本編後のエピソードなどを書く予定は?)
ぜひとも、宇宙人に脳改造されて続きを書く気になってくださいw
……いや。脳改造は必須ではないですけど(笑)

(リナと郷里の姉ちゃんはどちらが強い?)
「戦いにおいてはメンタル面の影響を考えなければなりません」って……なんかますますリナが不憫に思えてきました(涙)

(グレイシアについて)
「《王宮では》高貴でほがらかな笑い声が大評判の淑女」とのことで、少なくとも、《王宮では》高笑いをしたりはしないようですね(笑)

・「ズーマがグレたのは妻を野党に殺された復讐心が歪んで拡大していったせい」
EVO-R8話は、やはり神坂先生の設定が元になっていましたか…。

・「百二十年前にサイラーグを滅ぼしたザナッファーを倒したのは女剣士で傍らに竜族の青年がいつも寄り添っていた」
…自分にはこれの意味がさっぱりわかりませんw
女剣士と竜族の青年って、どこかで出てきたようなキャラなのでしょうか?
…それとも、ガウリイには竜族の血が混じっているかもしれない、とかいう意味ですか?

・十一年ぶりにアニメ化された『スレイヤーズ』に違和感なし!! …って(汗)
この本を買うくらいのファンだと、このような言葉を強調文字で書かれると、かなりびみょーな気分になってしまう人も多いだろうと思うんですが…(汗)
まあ、こうした本の中で、マイナスな内容を書けないのは理解できますが、それにしても、もう少し書き方を工夫してほしかったという気もします。

…もちろん、絵柄とキャストについてなら、REVOの時点でも違和感なしで異論はないのですが(笑)


●あらいずみ先生インタビュー
・「プロの仕事ですから当然締め切りがありますが…」
確かに、趣味でやっていることなら、自分で締め切りを設定しない限り、どんなに時間をかけても問題はないですが、仕事ではそうもいかないというのは、わかる気がします(汗)
「少しでも妥協しなくてはならないのは描く人間としてはつらいところでした」というお言葉は、イラストを描くことへのこだわりが伝わってきます。
…考えてみれば、あらいずみ先生の描かれるキャラのデザインは、「どう考えてもこれは、大変な手間がかかるだろうに…」と思えるものばかりですが、リナについてだけ言っても、何種類も衣装があるのに、全てその例に漏れないあたりが素晴らしいです(汗)

・「既存のものにとらわれるのではなく、自由な発想でやってくれ」
個人的に、これは大成功だったのではないかと思います。
当方も、「ファンタジー好きの人」の例に漏れず、とくにすぺしゃるのリナに当初は違和感を覚えたものですが(汗)、既存のものにとらわれなかったことで、スレイヤーズは、絵的にも新鮮なものになったと思いますし♪

・屍肉呪法(ラウグヌト・ルシャヴナ)?
神坂先生も、あらいずみ先生のことを心配されていましたが、さらにこのようなことを書かれると、ものすごく心配になってしまいます…(汗)
どうぞ、ご無理をなさらないでいただければと思います…。

ともあれ、スレイヤーズには今後の更なる展開も期待しつつ、一生ついていく所存でありますw


■第八章 スレイヤーズ アイテム辞典
一つだけツッコミを(笑)
【特殊武器類】
・ブラスト・ソード (斬妖剣)
…なんか、ここの記述は異様に引っかかったので、えんさいくろぺでぃあとも比較したのですが…
魔王竜(ディモス・ドラゴン)に、なぜか『カオスドラゴン』(=魔竜王ガーヴ)とルビが振られてるので、かなりおかしいことに(汗)
いや。確かに紛らわしいですけど…。とは言っても、自分にもおかしいのはわかるぞこれくらいw

また、「赤の竜神(スィーフィード)が持つとされている」って記述が追加されてますが……
自分の記憶では、ブラスト・ソードって、光の剣と比べたら威力は大きく劣る※1と思ったのですが、赤の竜神が持つとなるとふつーに考えれば、赤眼の魔王の持つ餓骨杖に対応するような武器ということになりそうな気もするのですが、そのへんはどーなのでしょうか?

※1……神坂先生曰く、「威力の差は東京ドーム?杯分くらい」というような、よくわからない例えをされてたと思います。うろ覚えですが(汗) …たぶん、ブラスターのどれかに載ってたとは思うのですが。
…って、そういえば、最近のブラスターはいまだに読んでなかったです。一冊は結局買い漏らしたし(愚)




…そんなわけで、うだうだ書きましたが、自分ではこれくらい書いておけば十分だと思っています(他力本願w)
いちおうこれまで、りーでぃんぐ感想は回避し続けていましたので(笑)、これから軽く感想めぐりをしてこようと思います♪
…次は、エヴァの名前ネタを軽く書くかもしれませんが、EVO-Rの漫画版もそろそろ読みたいところです(遅w)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/209-106bfe8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。