当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(8/30追記)
※「世界を見てくる」についての話は、この記事の後半です。大したことは書いてないですけど(汗)

 (23:42掲載)
突然ですが…
胃が……弱すぎる…orz まぁ、これは昔から自分が抱えている欠陥なのですが。
で、この夏は、普段以上に胃の調子がよろしくないと思っていましたが、本日は外出仕事から早退するはめに…。
そのおかげで、夕方に帰宅後に何時間か休んだ後、雑談くらいは書ける時間は確保できましたがw
ただ、明日は普段より1時間早く出勤することにw


最近は、時間と頭をあんまり使わずに書ける記事しか掲載できていないので、自分でも物足りなく思っていますが、前記のことも含めて体調が今一つだったりするので、この傾向はもうしばらく続いてしまいそうです。
今後の、なるべく早期に予定してるものは…
 ●当ブログの周辺各国(超大国ばかりで恐縮です(汗))の皆さまの企画について
…おかげさまで記事を書く手間がかなり軽減されました…とかの話にも少し触れるかも(笑)
 ●MEGUMIX語り?の続き
まぁ、2回目と同じく、中身はほとんどなさそーな語りになりそうですがw
 ●漫画版EVOLUTION-R感想
ライトマジック感想でも所要10時間オーバーでしたが、それを考えてしまうため、なかなか着手できずにいます。
…というか、まだ読めてもいないですがorz
 ●なんらかの絵
最近は、自分語り記事ばっかりになっているので、たまには違ったことをしないと…。
次も、着色できるかは不明ですが…少なくとも年内には着色絵を1枚くらい描かないと…。
 ●EVOLUTION-R総括感想
…それにしても……「えぼ」と入力するだけで、「スレイヤーズEVOLUTION-R」と変換できてしまったりするのは驚異ですw
…なんて話は、一部の方にしかわからないかもしれませんが、それはともかく(笑)
(私信:これ↑に関するコメントは、土曜以降?に書かせていただきます)
結局、まとまった時間が得られないため、EVO-R5~8話はまだ見返せずにいます。来週か再来週くらいには…と思いますが、この調子では、総括感想もやっぱりしばらく先になってしまうかもしれません(愚)

今は多分、EVO-Rで燃え尽きてしまったせいで調子が上がらない部分もあるとは思いますが、それにしても、思ったいたよりも遥かに、諸々の進捗状況が悪いです(汗)
そんなこともあって、何か大きな気分転換をしたいという気もしていますので、今年1月以来控えている遠出も検討中だったりします。
もっとも、自分のようなスケールの小さい(+体力がない+胃が弱いw)人間だと、「世界を見てくる」なんてことはさすがに考えもしないですが(笑)
ただ、少し前にネットでうろうろしていたら、実際に自転車で世界1周旅行をしている方がいたりして、こうなるとまさしく「世界を見てくる」だな…と恐れ入った次第です(汗)
思わず、そちらのページを数時間読み続けてしまいましたが(爆)、旅行の動機など、様々な部分にものすごく感じるところがあって、自分の生き方について考えてしまう部分もありましたし、「世界を見てくる」なんて、そこまで凄いことではないにしても、自分にとって何か大きなインパクトの残るような経験をしておきたい、という気もしました。
……って、なぜこのような話に?w



話を無理やりスレイヤーズにつなげますと(笑)、リナは、姉ちゃんに「世界を見てこい」と言われて
数年間にも及ぶ旅(最低でも5年以上?)に出るわけですが、上記のページを見たことで、改めて、これについて色々と考えてしまいました。
 ●旅立つ前のリナはどんなことを思ったのか
旅に出てしまえば、当然それまでと環境が激変するわけですから、先の知れない旅の行く末と、それまでの過去とを思う部分もあったのかも、という気もします。
ただ、この頃のリナはまだ13歳くらい?のような気がしますから、さほど感傷的にならず、わりとあっさり旅立っていった可能性もありますが…どうなのでしょう?(笑)
 ●どんな形の旅立ちだったのか
超個人的には、神坂先生のFC会誌のどれかの投稿イラストにあった、「世界を見てくるよ」との言葉が添えられたイラストのイメージがものすごく強いのですが……って、わかりづらすぎ(爆)
いや、けどあのイラストは本当に素晴らしくて…。自分も、ほんとに見た瞬間電気が走って、なんか無性に熱くなったw
そのイラストを見て以来、どんな旅立ちだったのか考えるようになったのですが、なかなか、話になるようなまとまった形にはなってくれません(笑)
 ●姉ちゃんはどうしてリナに世界を見てくるように言ったのか
もちろん、リナを成長させる目的で言った部分は大きいと思うのですが、それだけだったのか?
もしかしたら、いずれリナが、魔族と事を構えるようになるのがわかっていたから、そうした意味からも、リナを成長させておく必要があった?とか。(二次創作では見たような気がしますが(汗))

…自分の頭では、ちょっと考えても、あんまり変わったことは浮かんでこないですw


なんとなく、思うままに駄文を連ねましたが、まとまりのないまま終わっておきます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
遅ればせながらこちらに失礼します。
私もあのイラストすごく印象に残ってます。
いい絵ですよねえ。
神坂先生のコメント通り、原点という感じで…。
「世界を見て来い」については、このだーくまろさんの記事をきっかけに改めて色々考えてみちゃいました。
纏めてみたら…長文になりそうなので自分のブログに乗せようかと思います。
ネタを拝借、という事でご挨拶をm(_ _)m
書きあがったらトラックバック打たせてもらっていもいいでしょうか…?
多分明日くらいには書きあがるかと思います。
2009/08/28(金) 01:04 | URL | はまりや #-[ 編集]
こんにちは。電車内から少しだけ失礼します(汗)
とりあえず、トラックバックについてはもちろん大歓迎です♪大したことは書けてないような気もしますので、恐縮ですが(汗) ただ、この記事が考察を書かれるきっかけになったのでしたら光栄です。
それでは、続きは帰宅後に書かせていただきます。また、考察記事も楽しみにしております。
2009/08/29(土) 06:56 | URL | だーくまろ(携帯) #-[ 編集]
こんばんは。
携帯からありがとうございます。
本日、ようやく纏まったので記事を公開しました。
考察というより単なる妄想話になってしまいましたが…w
きっかけをありがとうございました。
楽しかったですw
2009/08/30(日) 00:16 | URL | はまりや #-[ 編集]
>はまりやさん
こんばんは。遅くなりましたが、続きなどです。

あのイラストについての話にコメントをいただけるとは、思ってもいませんでしたw
ただ、本当にあれはいい絵ですね。
それを見るまで、リナの旅立ちがどんなものだったのか深く考えたことはなかったのですが、それを目にしてからは、その「原点」を考えずにはいられなくなってしまったほどです。
絵として素晴らしいというだけでなく、そうした想像までさせてくれたという意味でも素晴らしすぎます…。
そして、それ以来「原点」について漠然とした想像はし続けてきましたが、今回、はまりやさんが書かれた考察+想像によって、ようやく明確な形として見えた、という気がしました。あまりにも見事すぎる内容なので、逆に、すぐにはコメントを書けそうにないですが(長くなりそうですしw)、恐らく数日後にはコメントさせていただこうと思います。
(wikiへのコメントとどちらが先になるかはわかりませんが(汗))

それと、トラックバック+リンク、ありがとうございました♪
(ちなみに、このブログへのトラックバックやリンクは、無断でしていただいて構いませんので♪)
はまりやさんの書かれた記事を拝見したら、冒頭でここのことが紹介されていたので、嬉しく思うと同時に、ちょっと焦ってしまいました(笑)
それにしても、当方の「世界を見てくる」話は、この時に書くつもりは全くなかったものの、話の流れ的になんとなく書いたというくらいのものだったのですが、それがきっかけとなって、はまりやさんにあのお話を書いていただけたのは全く予想外でしたし、「書いておいてよかった」と嬉しく思っています♪
2009/08/30(日) 18:07 | URL | だーくまろ #r6nwzGJ.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/215-5debe5bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 だーくまろさんのブログで「世界を見て来い」の話をされていたのを見て、1ネタ思いついたので思うところをまとめてみます。  「世界を見て来い」…姉ちゃんがリナに言った言葉で、リナが旅を始めたきっかけ。姉ちゃんがなぜこの言葉をリナに言ったのか?、リナの旅立ちの
2009/08/30(日) 00:08:50 | 名称未定2ごうぶろぐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。