当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 (17:47掲載)
意外と書くのに時間がかかってしまいましたが、またしてもリナ衣装絡みの話ですw
とりあえずはこれが最後になると思いますが(汗)
…それにしても、最近数回の更新を振り返ると、8/24以降、ものの見事にリナ衣装関連話しかしてないですねw
7/16の記事『いちおうここでも、リナのコスプレ衣装について。』で初めて触れて以来、この記事も含めると6回も取り上げることになるとは、本人としても全く予想外でしたw
(そして、コメントのお返事では何度も、やたらと長文を連ねてたりw)
また、最近はその方面の記事ばっかりなので、「これは引かれる…w」と思っていたのですが、アクセス数のほうは8/26以降、むしろ増加してるのは一体なぜ…?(笑)
それより前は、カウンターの数字が50を越えることはほとんどなかったのに…w

前置きが長くなりましたが、結局、一つ前の記事で書いたのと結論は変わらず、リナ衣装は購入しませんでした。
当方の種族(というか、はっきり言うとせーべつw)からすれば、これで、危ない橋を渡らずに済んだとも言えますが、やっぱり残念でもあります(笑)
あと、ネタ的な側面だけで言えば、購入していた方が面白かったでしょうから、もし、自分が購入することを期待していた方がおられましたら、期待に添えずもーしわけないですw

では、以下に、購入できなかった理由その他、これまでに思っていた諸々のことも含めて、たわごとをえんえんと連ねてみます。
ひょっとしたら、引いてしまう内容かもしれませんが…(汗)
 

うーむ。ほんとは欲しかったです。
けど、やっぱり買えませんでした…orz

では、購入の障害となった要素を挙げていきます。
(某所…というか、はまりやさんのブログと同じ要素を挙げてます(汗))

■金額
……高価ではありますが、あの出来と、受注生産であること(生産数が少ない)を考えれは納得できるものでしたから、この点はさほど問題になりませんでした。
ただ、もしもあれが3万円くらいで買えたとしたら(もちろん、ありえないでしょうけど)、「とりあえず」購入していた可能性もありますので、やはり値段が足枷にはなっていた部分もあるとは思います(笑)

■大きさ
畳んでおくだけでも、けっこーでかい段ボール箱2つになりそうな気がしますし、展示するとしたら、ショルダーガードがけっこう大きかったりして(幅30センチくらいあるかも)、かなりの空間が必要と思われますが、当方は一人暮らしなので、部屋の整備さえすればどーにかなりそうでしたから(笑)、これもさほど問題とは感じませんでした。

■コスプレ衣装の壁
結局のところ、問題はここに帰結します。
自分は一度もコスプレをしたことはないですが、もしも自分がリナと同じせーべつなら、さっさと購入を決めていたと思います(笑)
まぁ、ねんれー的にも多少?問題は感じますが、べつに外で着ないで家の中で着るくらいなら、まぁいいでしょうし。
…しかし、現実としては当方、残念ながらリナとは「いせい」ですので…(爆)

ちょっと?脱線しますが…
通常は、そのことを残念だと思ったことなどほとんどないのですが、スレイヤーズ絡みのことになると、途端に「残念」な部分が激増しますw
まず第一に…
スレイヤーズについての話をまじめに語るのが、どことなく気恥ずかしいことが多い、ということがあります。もっとも、そんなことを気にしていては、言いたいことを何も書けないので、かなり前からなるべく気にしないようにしてますけどw
ただ、書くのが気恥ずかしい部分があったりしても、諦めて書き連ねた結果、このブログは予想以上に支持してもらえてると感じていますので、それは非常にありがたく思っています♪

続いて、第二に…
同人誌イベントなどに出向いた場合、浮いた存在になりやすいので、けっこー気を使います(笑)
8/25にリナ衣装を見てきた時も、なんとなく場違いな感じもしたので、早々に消えましたしw

そして、今回の場合…
さすがに、自分が、あのリナの衣装を着るわけにはいきません(爆)
…うわ。言っちゃったw

ところで、実は当方、12年前のスレイヤーズTRYが放送されていた頃から、一部の知り合いには、
「もし自分がリナと同じせーべつだったら、確実にコスプレしていた」と漏らしていましたw
あと、もし自分のせーべつが違っていたとしたら、成人の平均身長・体重を元に換算すると、約156センチのかなり軽量型となりそうなので、まぁまぁいい感じだったのに……とか無意味なことも言ってました(爆)
で、その知り合いからは「他のキャラですればいいじゃん」なんて言われたこともありますが、それに対する返答は…

「わかってないようだな、君は。
 リナでなければならんのだよ」
(……)

「すればいいじゃん」

「できるかぁぁぁぁぁぁっ!」

………なんだかなぁ(笑)
ちなみに、これに近いやりとりは十数年の時を経て、一昨日の夜にも再現されてましたw

ところで、自分は子供の頃、戦隊ものや変身ヒーローなどへの憧れは全然なかったですし、その後も「○○になりたい」みたいな願望はほとんどなかったので、わりと現実的で醒めていたようですが、その一方で、「だーくまろ・すたーしーかー」連載記事で書いたように、理想の主人公、もしくは「自分にとっての星」を、(あまり積極的ではなかったにしても)追い求めるようになった側面もありました。
それが結果として、年齢的に大人になる頃になって、「○○になりたい」的な対象と出会ってしまうとは…w
しかも、その対象のせーべつが自分と違うなんて、もはやそーてーがいなんてものではありませんでした(爆)

…なんか、話が色々な方面に広がってるので、ここらへんで元に戻します(汗)
えと……リナのコスプレ衣装の話ですねw

自分がそれを着るわけにはいかない……というのは書きました。
それなら資料用・展示用と割り切れば……と思ったのですが、コスパのHPにあるような、リナの雰囲気を感じ取れるような展示方法とするには、最低でも胴体部分だけでも、マネキン状のものが必要になりそうです。しかしそうなると、通常なら無縁なはずの未知の世界(笑)に手を出す必要があり、かなりハードルが高く感じます。
また、それよりもはるかに見栄えがする展示方法というのも浮かんだのですが、価格・容積・重量、そして、それを購入することで失うもの(笑)…など、あらゆる面でとてつもなくハードルが高く、自分には無理とよくわかりましたw
…そんなわけで、資料用・展示用として考えても難しいのでした。

しかし、もし、衣装を着用できるのであれば、部分的にでも鏡に映したり、写真に撮ったりすれば、絵を描くときの資料として非常に有効なものとなりそうです。
(…とくに、腕を上げたりしたときのショルダーガードの見え方がどうなるか…などの、本編のリナならではの部分が…(笑))
また、資料としてだけでなく、鏡に映して見たりするだけでも楽しそうですし、リナの目には自身の姿がどのように映るのか、というのが体験できるという点も重要です。
そして、なんと言っても、マントをバサッとできますしw
ただ、自分の場合は着用できないので、そうしたことは一切できないわけですがorz

…などと言いつつ、買わなかった今だから白状しますが、
ぢつは当方、超の付く軽量型なので、物理的には着れないこともなかったりします(爆)
とはいえ、やはり道義的?に考えて、たとえ人前に出ないとしても、それはいくらなんでもまずかろう、と(笑)
そして……いくらなんでも鏡は見れないw

……そんなわけで、理性が欲望に勝りました。(……)
そして、コスプレ衣装の壁……もっといえば、せーべつの壁に阻まれて、購入はできずに終わりました(笑)


当たり前のことですが、やっぱりコスプレ衣装なので、着てなんぼなのでしょう。
そして、自分には着ることが許されなかった。だから買えなかった。結局はそーゆーことですね…。
資料用としての道も模索したものの、深く考えれば考えるほど無理を感じましたから、断念するのが自然だったのだとは思います。
…当初から思っていた通りの、ごく当たり前の結論を出したとは思っていますが……それでも、どこか残念に思う部分もあるのは、我ながら重症だと思います(笑)


…なんか色々と、よくわからないことを書いてしまいました(汗)
ただ、今回のリナ衣装についての話で、自分のリナ好き度を再認識できたのと同時に、多くの方々の、リナへ寄せる並々ならぬ思い入れや憧れを感じ取れたことは、非常に嬉しく思えました。
その衣装そのものについては、自分は購入できませんでしたが、そうしたことを十分に楽しませてもらえただけでも、今回の企画がなされたことには感謝したいと思います♪
(リナの剣も出てれば自分にも買えたのに……とか思ったりもしますがw)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
女性が、男性キャラに扮するのは、多いですよね・・・。今回は、値段が値段なだけに、また、出来が出来なだけに、みなさん多いに、悩んだようですね。お買い上げいただいた方には、拍手~。ぱちぱちぱち~。私は、イヤリングと、タリスマンしか、買えませんでした(笑)
2009/09/03(木) 21:28 | URL | ちはる #-[ 編集]
こんばんは。
この度はお互い色々と葛藤の中決断を出す形になって・・・結果はどうあれやはり後悔があるというオチになりましたねw
私も「本当に17万もの大金を費やしてしまってよかったのか?」という思いが胸にはありますorz。
でも、今回の企画はいろんな意味でほんと楽しかったですね。
性別の問題ですが・・・先日某ジャンプのマンガに「女は少年マンガを普通に読むのに男が少女マンガを読むことに抵抗がある」という例えに
「少年マンガはズボンで少女マンガはスカートなんですよ」
といいセリフが出てきてました。
確かに・・・男がスカート履くのはイレギュラーだけど、女はズボン履いても全然問題ない・・・なるほど、と思ってしまった経験が。

この世の中、趣味に関しては女性優位、なのかも知れませんね。
許容される範囲が広いといいますか。
ちはるさんが仰っている通り、男キャラのコスプレをする女性はたくさんいて、
逆の問題・・・「男キャラの衣装だから買えない」という悩みは発生しないと思いますし。
と、なぜかジェンダー論みたいなものに発展しているw
今日はこの辺で・・・。
2009/09/03(木) 23:21 | URL | はまりや #-[ 編集]
>ちはるさん
女性の男性キャラコスプレ……男装は確かに多く見られますし、何も違和感もないですね。しかしその逆は…(以下略w)
世の中、不思議なものですが、やっぱり「じょそう」は漢(笑)の自分にとっても、なるべく見たくありませんw
今回のブツは、高品質・高価格ということで悩まされましたし、断念された方も多かったですね。
はまりやさんのブログでの、ちはるさんの「一万円ぐらいなら買う」とのコメントを拝見して、確かに…と思いましたが、もっと安ければ、断念される方も少なかったのでしょうね。そして、万難を排して購入された勇者の方は、まさに拍手ものですね♪
あ。それと、「(リナ衣装を)着て生活する」プラン?は素晴らしいです……と、こんなところで横レスまがいのことをしてみたり(爆)

イヤリングとタリスマンは購入されましたか。多分、衣装は買えなくても、それらだけ注文したという方は他にもおられるのでしょうね(笑)で、コスパの中の人は「なんでこんなに注文数に開きが出てるんだ?」と(笑)
自分はなにも買えなかったので、どうしても、剣が出てれば…と思ってしまいます(くどいw)
2009/09/04(金) 20:04 | URL | だーくまろ #r6nwzGJ.[ 編集]
>はまりやさん
こんばんは。
お互い、出した答えは違うものとなりましたが、やはり今回のものは、購入を悩むことになったが最後、後悔が残らない道というものは存在しなかったようですね(笑)
思いっきり購入を後押ししておいてなんですが、17万という金額は、確かに冷静になって考えるとけっこーな額ですね(爆)
はまりやさんのブログでの『テレビが2つ買える』との言葉に、「言われてみれば確かにw」などと、今更ながら思いましたしw
ただ、あの衣装を買わない限り、決して味わえない楽しみも待っているでしょうから…。ああうらやましい…(くどいw)
そして、『今回の企画はいろんな意味でほんと楽しかった』というのは全く同意です♪
衣装を見て楽しめただけでなく、多くのリナ好きの方々の想いに触れることができましたし、そしてもちろん、はまりやさんとも頻繁に雑談を交わすことになりましたし。いやぁ…本当に楽しかったです♪(笑)

ジェンダー論?、ありがとうございます(笑)
『少年マンガはズボンで少女マンガはスカート』…素晴らしい例えですね。
自分は、通常の少女マンガは見たことないですが、スレイヤーズの同人誌には、少女漫画的と思われるものも多々ありますので、自分がそのようなものを読んでもいいのかな……なんて思うことは多々あります(汗) そうか……スカートだったせいなのか…(爆)
また、女性のほうが広範に趣味活動ができる、というのはありそうですね。
衣装についてもそうですが、他にも、男性の趣味と見られていたものに女性が参加しても大抵は歓迎されますが、その反対はやっぱり、かなりビミョーですし(笑)
ただ、漢(笑)の自分から見ても、一般的に世の中がそのようになっていることは、ごく自然なことだと思っていますので、自分としては、いくらリナが好きでも、道義?から外れない程度にやっていこうとは思います(笑)
それと、スレイヤーズ中心のサイトやブログをやっている男性というのは、なぜかほとんどいないようなので(これは凄い不思議なのですがw)、そうした意味で、自分のブログは希少価値があるかもしれないので、今後は自分にしかできないようなこともやっていきたいなぁ……なんて思ってもいます。…「言うは易し、行うは難し」ですが(爆)
2009/09/04(金) 20:06 | URL | だーくまろ #r6nwzGJ.[ 編集]
こんばんは。長い葛藤にも時間というピリオドが打たれたようで、お疲れ様ですw
購入しなかっただーくまろさんと、購入されたはまりやさんがそれぞれ詳しくブログで語っておられるのを拝見して「買っても買わなくても後悔する」というのがよーくわかりました(笑)
お二方とも悩みどころは違えどそれぞれまじめに検討しておられたところに申し訳ないのですが、一連の葛藤と皆様から寄せられるコメントを大変楽しく読ませて頂きました。まさしく「あきらめる理由と手にする夢の価値、どちらも使い方次第」だなあと(笑)

私は今回購入の予定はありませんでしたが、バンダナとかだけバラで売っていたら、もしかしたら買っていたかもしれません。良い布や皮革を使って、縁に魔法文字の刺繍があるやつとないやつ2種類、ちゃんと裏側にプラスチックで良いので小さな宝石が縫いつけてあったら………もう絶対買ってますね(笑)
そういえば今回、バンダナはセットのなかに含まれていましたが、裏に宝石はあるのでしょうか?(笑)
もし、あったら感動モノですが、なかったら縫いつけてしまうのも、いい気がします。でもバンダナの見た目はまったく変わらないわけで、そこまでするかという気がしますけれども、こういうのって個人の満足度が大切だろうなと思うので。………私は多分やっちゃうような気がします(笑)

本当に盛り上がれる企画でしたね。購入しなくても写真だけでもすごく素敵でした。
2009/09/04(金) 21:29 | URL | 桐生 #8kSX63fM[ 編集]
買ったら、着なきゃですよ(笑)真面目に考えてたのが、2点。まず、髪!自分、ショートなんです(笑)色は、染めてるんで、ほぼ、栗色なんですが、伸ばすか、ウイッグにするか、ヘアピースにするか(笑)マントで遊ぶには、やはり!リナみたいな、ロングヘアーでないと、カッコ良くありませんよね(笑)あと、ブーツが、靴の上からの、カバー式になってましたよね?これって、どうなのよ?とか、思ってました。なんか、ここだけ、ちゃちくないか~?飛び蹴りとかした時の、一体感がないじゃんとか(笑)はまりやさんの写真アップで、一番楽しみにしてるのは、スパッツの足の部分!コスパの写真では、やはり、ブーツに隠れて、見えない足先。どんな、形状になってるんでしょう?11月に、謎が、明らかに!
2009/09/04(金) 22:41 | URL | ちはる #-[ 編集]
>桐生さん
こんにちは。
今回の件は、締切というものがなければ、いつまでも迷い続けていたような気もしますw
もちろん、締切があったために迷いが深くなったのですが(笑)
自分は結局、せーべつの壁の前に購入できませんでしたが、はまりやさんが購入を決められたおかげで、結果的には好対照の記事になったとは思います。
また、今回の件は本気で悩んでいましたが、自分で書いてても、「後で読んだら絶対笑い話になるw」と思っていましたし、ネタ的には面白い面もあるのでは、という気もしていましたから、楽しんでいただけたようで本望です♪
そして、皆様からのコメントは、はまりやさんのブログのものも含めて、自分も大いに楽しんでいました。このようなことは、通常なら一人で悶々と悩み続けることになりがちですが、そうならなかったのは実にありがたかったです(笑)
「あきらめる理由」は、ここで長々と書きましたが、どうしても、せーべつ問題に触れないわけにはいかなかったので、今回のことが、それに本格的に斬り込んでいくきっかけになったのも、個人的にはよかったような気もします。あとは、はまりやさんの「手にする夢の価値」を期待することにいたしましょう(笑)

ところで、あの衣装ですが、写真で各部を見ると、「原作等における設定や衣装の構造の再現」よりも、「コスプレ衣装としての実用性・着脱の容易さ」を重視していると感じられます。
そうしたことがとくに感じられるのが、胸の黄色い布で、これは原作等では、少なくとも見た目はチューブトップ状ですが、あの衣装の写真をよく見ると、細長い生地を後ろでマジックテープか何かで止めるタイプになってます。
(当初はそのことに気付きませんでしたが(汗))
そして、バンダナなのですが……NEXTでは鉢巻状として描かれていましたが(あらいずみ先生の絵でも、外されて鉢巻状として描かれているバンダナの絵があったようななかったような…?)、今回の衣装のものはおそらく、ヘアバンド状か、それに近いものとなっていると思います。そのような方向性のものなので、裏に宝石はさすがにないような気がします。それがあると、身に着けててちょっと痛そうな気がしますし(笑) もちろん、もしそれがあったら、確かに感動ものですがw
で、もし縫いつけるとなると、ふつうにやると、バンダナの表に縫い目が出てしまいそうなのが難しいところです(笑) 接着なら簡単ですが、風情がないですねw
『こういうのって個人の満足度が大切だろうなと思うので』というのは全くその通りだと思います。
コスプレ的な行動は、好きなキャラへの憧れの表れでもあるでしょうから、キャラの外見だけでなく、周りには見えない、身に付けた本人にしかわからない部分も、出来る限り再現したいと思うのは当然という気がしますので。

ところで、原作の、バンダナ裏の宝石についての記述は、リナが備えている魔道士としての能力の特殊性や、スレイヤーズ世界の空気感が伝わってきて、かなり好きなのですが、日常的にそのようなものを身に着けていて、おでこに凹みができていないか、ちょっと心配になったりもします(笑)
…などと、原作1巻の感想で書くべきようなことを連ねてしまいましたが、それはともかく(汗)
おしゃるような、原作ファン向けのバンダナというのも、出して欲しい気がしますね。
それを身に着けて、額が宝石に圧迫されることで感動しつつ、リナがどのように呪文を唱えていたのか想像するのも楽しそうです(笑)
…ただ、NEXTの鉢巻状を再現すると、どうやって固定するのかが問題になってきますがw

それにしても、今回のことでは、本当に色々な意味で楽しめましたが、個人的には現時点で、EVO-R以降における最大の祭りでした(笑)
2009/09/06(日) 18:03 | URL | だーくまろ #r6nwzGJ.[ 編集]
>ちはるさん
現実的には、ロングヘアーというのは色々と大変そうな気もしますが、確かに、マントで遊ぶには、ロングヘアーのほうがいいとは思いますし、やはりあの衣装にはそのほうが似合うとは思います(笑)
ただ、固定観念を抜きにすれば、ショートでも似合わないということはないだろうと思います。
どこかで、アメリアがリナの衣装を着た絵を見たのですが、それはさほど違和感がなかったですし。
(ただ、その逆は、驚くほどに似合ってなかったですがw)

『ブーツが、靴の上からのカバー式』というのは、自分としても気にはなりました。そのほうが価格は抑えられそうですが、それで旅をしたり戦闘したりというのは、かなり不安がありますw
けど、『飛び蹴りとかした時の、一体感がないじゃん』って……w
飛び蹴りするアテでもあるのですか?(笑)
アテがないのなら、ナーガあたりのコスプレしてくれる人を探してこないといけませんw

スパッツ?の足の部分は……普通のズボンと同じように、足首のところまでと予想します。
EVO-R7話のような足の全体を覆っている形状だったら驚きますし、ちょっと拍手を送りたくなりそうですが(笑)
ただ、それだと、何度も履いてるうちに、足の裏の部分に穴があいてきてしまいそうですから、そう考えると、「足首のところまで」が最有力かな、という気がします(笑)
いずれにしても、はまりやさんが購入されたおかげで、11月にはまた大きな楽しみができたのは、ありがたいことです♪
2009/09/06(日) 18:34 | URL | だーくまろ #r6nwzGJ.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/227-ec148be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。