当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■お知らせ (10/06 23:35追記)
このよーなお知らせを、REVO・EVO-R感想のときはよく書いてたな~なんて、ちょっと懐かしい気分にもなってますが、それはともかく(笑)
公録レポっぽいもの(2)は、寝る前には掲載する予定ですが、ちょっと何時頃とは言えないよーになってしまっていますので、明日の朝以降に見るのが無難かと思います(汗)
…それにしても、この感覚は懐かしいなぁ…(爆)
レポのほうでも、ちょっと恥ずかしい内容が入りそうなので、その感覚も久しぶりですがw



では、改めて公録のレポと言うか、感想のよーなものを書いてみます。
個人的などーでもいい話もかなり混入してますが(汗)

ブギーナイト900回公開録音チケット
これは言うまでもなく公録のチケットですが、場所の特定を避けるために検閲済としていますw
 

■チケット引き換えまで
当方は「夜の部」なので、チケット引き換えは15:00からということで、まずは14:30頃にJR新宿駅近くで、知り合いのdさんと合流。
会場の東京厚生年金会館までは1キロくらいありそうでしたが、ぶらぶら歩いてるうちに15分くらい?で会場に到着~。
そして、14:55頃?からはチケット引き換えの列が作られ始めたので、いったんdさんと分離して、その列に並びましたが、2000人強収容可能な会場に対して、当方の整理番号は100番台前半だったため、15:10頃にはチケット引き換えが済んでしまい、dさんと再合流。そして18:00の開場まではフリータイムということに。
わりと早く引き換えは済むだろうとは思っていましたが、これほど早いとは予想以上でしたw
…ちなみに、チケットはなぜか3枚もらえてしまいましたが、1枚はちゃんと返しました(笑)


■開場まで
そんなわけで、3時間近くやることがなかったのですが、当方もdさんも、昼食はろくに食べてなかったので、まずは食事をとって、その後は近くの神社の境内で雑談をすることに。
dさんはスレイヤーズのすぺしゃる方面がとくにお好きなのですが、2年近くお会いしてなかったので、互いの近況を話したり、もちろんREVO・EVO-Rについて話したりもしました(笑)


■開場
17:45頃には会場に戻り、しばらく待ってから18時過ぎにようやく会場入り~♪
って……まさかこんな前の席だとは(汗) 最前列ではないですが、かなり前の方です。
しかも、ほとんど中央でわないですか…w

開演は18:45ですが、その数分前には、林原さんが自ら、諸注意などを放送(笑)
しかも、(ちょっとうろ覚えですが)
「携帯電話の電源は切ってください。…っていうか、いいから切れ~!!
なんてやってくれますしw
これで開演前から早くも会場は大盛り上がりw
なんかみょーな感じもしますが、ふつーではありえない、ひじょーに嬉しいサービスです♪
また、とーぜんと言えばとーぜんとも言えるのですが、リナっぽい声と言い回しだったので、個人的にはなおさらツボでしたw
なお、その後も2回ほど館内放送をされていましたが(どのタイミングで入ったかはよく覚えてないです)、二度目は「萌え」バージョン(汗)、三度目は保志総一郎さんバージョンでした(笑)
「萌え」バージョンは……正直ちょっと引いたかもw


■開演
●ラジオ放送部分など
聞き慣れた番組開始の音楽が流れて、めでたく開演~♪
しかし、その次の、番組開始前のCMが、これまた林原さんによる、来場者向けのCMに(笑)
もちろんここでも「買え!」と命令系w
…買いませんでしたすいませんw

そして、林原さんが舞台の左側から入場されて、中央に設けられた演壇みたいな所に着席。
……って、この位置だと、林原さんの表情までわかるくらいなんですけど(汗)
しかも、ほとんど真正面だから、ふつーに林原さんを見ると、目が合ってしまってちょっと恥ずかしいw(汗)
…もっとも、当方の近くにおられた数人は皆そう思っていたような気はしますし、もちろん、林原さん的には、こちらはほとんど見えていないと思いますがw
ってゆーか、ハズイから見えてなくていいです(爆)
…それにしても、こんな一等地に当たったのは幸運すぎました…(汗)

なお、演壇っぽいものの後方にはスクリーンが設けられ、林原さんの姿が映し出されていました。
こちらのほうが、よりはっきり林原さんの表情が見えるのですが、せっかくの一等地なので、基本的には生の林原さんのほうを見ていました。…ちょっと恥ずかしかったですが(くどいw)
(なお、後のライブパートでは、このスクリーンはありませんでした)

それと、林原さんの姿を生で見るのは、十数年前にスレイヤーズの劇場版で目にしたとき以来でしたが、そのときはかなり後方の席だったので、こんなに近く(数メートルか十数メートル)で見るのは初めてでした。
そんなわけで、お姿をまともに見たのは初めてとも言えましたが……素直に、綺麗だな、と思いました。
また、あんまりこーゆーことを言うのもどーかとは思いますが、本当に年齢がわかりません…(汗)
当方よりけっこー年上のはずなのですが、外見からはとてもそうは見えないですし。
そのあたりのことは、公録終了後にdさんも言われていましたので、当方がファンだからそのように感じた、というだけではないと思います。


で。番組の内容の方に戻りまして…
(以下数行、ちょっと番組のネタバレも入ります)
「早口言葉の挑戦状」ですが、いつもより難易度の高そうなネタを複数盛り込んだ豪華版w
また、その他のハガキも、面白いものを厳選してるような気もしました。内容はあまり覚えてないので書けませんが、このへんは多分放送の乗るからまぁいいでしょうw
それと、「夜の部」に来場された方の中にも、地方から来られた方もおられて、本当に、北は北海道から南は沖縄まで、となっていたのは驚きでした(汗)
そのような話を聞いてしまうと、大阪でのハートフル公録も応募しておくべきだったかな、という気もしてしまいました。
あと、ハガキを読まれた人が来場してたら「はい」と言ってほしい、みたいに林原さんは言われてましたが、名乗り出ることのできない方もおられました。
過去の公録のときの放送をラジオで聞いてて、これがちょっと不思議だったのですが、会場に来てみて初めて、その理由がわかりました。
なぜなら……名乗り出ると、林原さんの後方のスクリーンに、顔が大きく映し出されるのですから(笑)
これではさすがに、当方がもしハガキを読まれたとしても、名乗り出ることはできなかったことでしょう。
なにしろそれをやったら、このだーくまろの真の姿が、推定2000人もの方に知れ渡ってしまうのですからっ!(爆)
……って。読まれることはないから安心しろ自分w


●ラジオ未放送部分(お祝いコメント)
ここでは、ブギーナイトの900回突破の様々な方からお祝いコメントが寄せられ、スクリーンに映し出されていましたが、トップバッターは、森川智之さんと檜山修之さんのおなじみのコンビw
頭を抱える林原さんが面白かったですw
しかも、お祝いそっちのけで宣伝ばっかりで終始するし(笑)
その後も何人かの方がコメントを述べていましたが、過半数の方が宣伝ばっかりだったようなw



…とりあえず、ここまで載せておきます。続きはまた明日に♪
関連記事
コメント
この記事へのコメント
「どうしたら林原さんのように幸せになれますか?」というハガキを読んで、それに答えている林原さんの人柄に改めて感激して、イベント始まってすぐ涙が滝になってました。全部が楽しくて感動したんですけど、ここでスイッチが入ってしまいまして、最後まで涙が滝でした。

開場前、並んだときにはもう人がいっぱいでした。恐れていたとおり、新宿駅から迷子になりました。マルイとか目印をみながらあるいたはずなのに、いつまでたっても着かない…。気がつくと高島屋とかある。
おかしいなーと思って地図を見直すと、全然違う方向にきてたことが分かり。途中、おまわりさんに道を聞いたりしてなんとか着きました。うう、タクシー使えばよかったかも。
というわけで、後ろのほうに並んだからだと思うのですが、2階席でした。でもハートフルで保志さんも言ってたとおり、見やすかったですよ。そんなに近くはなかったけれど、会場の一体感を充分味わうことができました。
昼の部のお祝いメッセージは保志さん、アンジェラさん、佐久間レイさん、堀内賢雄さんでした。
保志さんは昔の林原さんのCDのツンデレ写真をこれでもかというほど強調。林原さんなんだか恥ずかしがっていてかわいかったです。保志さんおいしいキャラクターだと思いました。アンジェラさんは相変わらずにぎやかなお二人でした。綾波レイのセリフをライブで使わせてもらいましたー。の話でした。なんだかアツコさんの前髪もナナメぱっつんだし、全体的にぎんぎらでした。「ごめんなさい、普段着で」とか言ってましたけど違っ(笑)佐久間レイさんは…いいのかサンリオ的に!?ってかんじでした。アニメの声しか知らなかったので、衝撃でした。楽しいお姉さまでした。ていうか、証言VTRふうに目元を隠した映像でひたすら丸い丸いって…。そのあとの堀内さんも示し合わせたかのように丸い言うし…。この方が提供のナレーションされてたんですね知らなかった。提供ふうに自己紹介されてました。

ハガキ読む時は青いブラウス姿→ライブパート白いドレッシーな林原さん
萌えソング→検証V→乙女の祈り映像・ドラグスレイブ→青いさわやかワンピース姿林原さん登場スレイヤーズメドレー
このあたりは夜の部と共通ですが、すばらしい演出だとおもいます。スレイヤーズ曲、メドレーで一番のみとはいえ、5曲も聴けるなんて!!特に好きな曲ばかりだったのでテンション上がりましたよ。
会場もいっぺんにヒートアップ!
締めに「終わりはしないー」だったのがなんだか意味ありげに感じて。私の勝手な推測でしかないけれどまたなにか動き出しそうで。でもラジオでのスレイヤーズ話増えた気もするし…。もう…胸がいっぱいです…

集結の園。十字のシルエットが美しかったです。あんまりエヴァっぽくない曲だなーと思うんですが。

ラスト。トーキョーブギーナイト!
約二時間の公開録音の終わりを告げる曲、ラジオの看板曲。

OAでも最後の言葉が流れたのですが、ゴメリンコはがきをコピーして送ってきたリスナーさんの話をして。ラジオで流れないハガキも、全部、ぜーんぶ読んでるよ!っていう話をして。来週もシーユーアゲイン。おやすみ。ばいばい。ってしめくくって。

涙は滝のまんまだったけど、平坦な感動ではなくて、ものすごい起伏に富んだ感動でした。こんな機会をほんとにありがとう。心から思えました。だからこれからも応援し続けると思います。イベントに参加することはなくなるとしても。

全然レポートになってないですねorzすみません…OA部分と夜の部重複部分もあるのでそれ以外を選んだつもりだったのですが…。
2009/10/12(月) 00:35 | URL | たかはらさえき #-[ 編集]
>たかはらさえきさん
当方のレポ?は、ただの感想と化していて恐縮です(汗)
まっとうな夜の公録のレポは、リンク先の『Weiβes Haus-しろぱう-』で白いウサギさんが書かれてますので、そちらを見ていただければ詳細がわかるかと思います(汗)

それにしても、たかはらさえきさんにとっても、大感動の公録となったようでよかったです♪
当方は、会場では周囲に人のいる状況だったので、泣きそうになるのをどうにか我慢しましたが、公録昼の部OAを聴いたら、最後の語りの、2回公演のきっかけとなった話でやっぱり泣けました。そんなわけで、人目を気にしさえしなければ、Give a reason以降は涙腺決壊していたと思います(笑)

当方は、己の方向音痴を強く自覚して、行く前にネットでルートを確認し、現地でも新宿駅近くにある地図を確認し、さらに携帯のGPS地図でも確認w
そこまでしたので、現地ではさほど迷いませんでしたが(さほどって…w)、行ったことのない場所などに行く場合は、最短ルートよりも、曲がる回数が少なくなるような、わかりやすいルートで行くのが無難な気はします。もっとも、新宿のような大きい駅だと、どの改札から出るかでルートは大きく変わってしまったりもするので、面倒ならタクシーに乗ってしまうのも手かもしれませんね。
…って、行く前にそういうことを書ければよかったのですが…(汗)

当方の会場での席は、3列目のほぼ中央でしたが、林原さんの姿がよく見える代わりに、会場の雰囲気や一体感というのは、感じづらかった気もします。そういう点で言えば、後ろの方や2階席もよさそうですね。

お祝いメッセージは、とくに保志さんのお話と林原さんの反応が面白そうですね(笑)
あと、「丸い」というのは、夜の部でも日高のり子さんが言ってましたw

スレイヤーズメドレーは、最高に盛り上がりましたね♪あれには会場全体が「来たぁぁぁぁっ!!」となってたと思います。
Revolutionが最後だったのは、「スレイヤーズはまだまだ終わらない」という意味を込めてのことでしょう♪ 少なくとも、第二部をアニメ化してくれるまでは終わってもらっては困ります(笑) …とゆーかそれでもまだ終わって欲しくないですけどw

集結の園は、曲調的には、いかにも林原さんの熱い系統の曲という感じで、確かにあまりエヴァっぽくない面もあるような気はしますが、残酷な天使のテーゼあたりと比べれば、曲の雰囲気は近いような気もします。歌詞についてはあまり覚えてないので、よくはわかりませんが(汗)

『こんな機会をほんとにありがとう』は、本当に、そう言わずにはいられないですね…。
さすがに2回公演は今回だけのような気もしますので、今後、公録に参加できる機会があるかわかりませんが、自分も、参加できないとしても応援し続けるのは間違いないです。

自分の、暑苦しいだけの「ぽいもの」(笑)とは比べものにならないほど、ちゃんとレポートになっているかと♪
まして、こちらのレポ?の後に、これだけの内容を書かれるのは逆に大変だったのでは、という気がしますし。
詳細レポ、ありがとうございました♪
2009/10/13(火) 23:22 | URL | だーくまろ #r6nwzGJ.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/242-0fe7a3b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。