当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…先週の土曜に、知り合い(仮称A・B・C氏w)に会って、色々食ったり見たりしてきました。
その中でアメ横にも行き、皆は時計などを見ていたのですが、当方はとくに興味が無いので、ついて行ってただけでした。
そのついでに、モデルガンなどを扱う店にもちょっと寄ったのですが、そこで売られていたあるものに、目がとまりました。
「ををう……これは…」

そこでは、大小各種のナイフも販売されていたのでした。
(近年に両刃のナイフの所持は禁止されてるので、片刃のものだけですが)
当方、べつにレミーさんのような刃物マニアではないですが(笑)、それでもやはり、剣というものには、二十数年前にドラクエにハマったとき以来、憧れのようなものがありますので、わりと大きめの、いかにも「剣」っぽい外見のナイフには、けっこう惹かれるものがありました。全長30センチ前後のものだと、リナのショートソードのイメージにもかなり近いですし(笑)
もちろん、リナの剣は両刃だったりするので、形状自体が近いものは無かったですが、それでも、本物の剣(※ナイフですw)ならではの質感、その刃の放つ輝きに、ちょっと魅入られてしまいましたw
べつに、「スパァーっと」やりたいわけではないですが。「スパァーっと」(繰り返すなw)

…と。そんな感じで、本物の刃物をみたことに刺激されての、スレイヤーズにおける刃物話です(笑)
最後はまたへんな方向になってますがw
 
(上の文からの続き)
また、全長30センチ前後の剣でも、金属製なのでけっこう重そうでしたが(できれば持ってみたいw)、そうしたことを考えると、リナの剣がそのくらいの大きさというのは、リナの戦い方(基本的に魔法主体で、剣は補助的なもの)だけでなく、体力的な面からしても見合っているのだろうと、改めて思わされました。
(余談ですが、本編3巻や無印26話で、リナの体格には不釣り合いと思える、祝福の剣(ブレス・ブレード)を手にしていましたが、これで相手を貫くように使ったのは、リナの体力的なことから考えてもリアルだったと思います。あの大きな剣を手にしたり構えたりはできても、それを振り下ろしたり斬り結んだりしていては、すぐに体力を消耗してしまうでしょうから…(笑))

それと……スレイヤーズの世界で、剣というものは戦闘を行う可能性の高い人には必携に近いものだとは思いますが、それ以外の一般の人にとってはどの程度身近なものなのだろうか、などということもちょっと考えました。
もちろん、日常生活に用いる道具としての刃物なら、ほとんど誰もが接しているでしょうけど、戦闘を考慮した剣となると、どうなるのだろう、ということです。
我々の世界よりも物騒な世界でしょうから、護身用として持っている人が多いのか、旅をする人にとっては必携とも言えるくらいなのか…?

で。またリナについての話になるのですが、リナが剣というものを手にしたのはいつ頃だったのか、そのときにどんなことを思ったのか……なんてことも考えてしまいました(笑)
「道具としての刃物は身近なもので、剣もその延長戦上にあるものにすぎないので、とくになんとも思わなかった」かもしれませんが…。
ただ、剣というのは当然武器であり、本来は敵を倒すための道具なわけで、その本来の使われ方がされた場合、当然血生臭い結果が待っているわけです(汗)
(魔法での攻撃はギャグっぽく描くこともできますが、剣だとそうもいかないですし(汗))
それで、リナが剣を手にしたときに、そうした想像をしたのか、自らの剣を赤く染める可能性を考えたのか……なんてことまで考えてしまったのですが、いくらなんでも考え過ぎでしょーか?(汗)
まぁ、基本的にリナの戦い方の中で剣の役割は補助的なものに過ぎず、ほとんどの場合、攻撃は魔法で行うつもりだったでしょうから、実際もそうしていたと思われるので、あまり深く考えなかったかもしれませんが。
また、本編では、コピーレゾや魔族相手に、手にした剣で相手を貫く場面がありましたが、本編以前の時点で、敵(人)を斬ったりする場面があったのか、というのは多少気になります。もっとも、そうした場面があったとしても、すぺしゃるなどの話の中では、さすがにそんな、ちょっと重くなりそうな話は書かれないような気はしますが(汗)
(当方、近年のすぺしゃるやすまっしゃは読めてないですけど…(汗))



…今回のネタは、こんな長く書くつもりは無かったのですが、またしてもそこそこ長くなってしまいました(笑)
ちなみに、本物の日本刀ならこれまでにも何度か、城の資料室などで目にしてきましたが、今回のように色々考えてしまうことはありませんでした。
それが、ちょっとナイフを見ただけでこれとは……我がスレイヤーズ脳も、なかなか暴走しているのかもしれませんw

あと、本物の剣(だからナイフだってw)を見たことで、またしても、リナの剣が欲しいなぁ……なんて思ってしまいましたw
ただ、切れないものであっても(というか切れたら所持禁止w)、剣を自作するのはさすがに難しそう、と思ったのですが…
ちょっと調べると下記のような、武具のオーダーメイドをやってくれるところもあるようで(笑)

 ・コスプレ用品・模造剣の販売- 武器工房ギルガメッシュ
  http://blacksmith-gilgamesh.jp/index.html

…うーむ…(笑)
リナの剣を、金属製で作ってもらいたいような…w
ただ、他の剣の金額を見ると、金属製だと十万円オーバーなので、やっぱり厳しそうです(笑)
(非金属製なら数万円でできるかも?しれませんが)
何人かでまとめて注文できたら、量産効果で安くなったりしないですかね~?w
あと、概略の図面なら自分でも引けますしw

…なんか、また話がよくわからない方向に行ってますが、このへんで終わっておきます(笑)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
リナって、誰に剣の手ほどき受けたんでしょうね~。姉ちゃん?とうちゃん?我流?
2009/10/27(火) 20:27 | URL | ちはる #-[ 編集]
土曜日はどうも。

当日の本来の目的地から少し(結構かも)歩いたところに、刀剣の博物館があったんだが。。。

時間と体力次第で見学しに行こうと思っていたのですが、またの機会に。
2009/10/27(火) 21:32 | URL | 仮称 B #-[ 編集]
数年前に海外に行った時に入ったお店で売っていましたね、剣とか槍とか斧とか。
(刃の付いていないレプリカだとは思いますが)
RPG大好きな私は「ドラクエの世界だわっ!」と内心トリップしていましたが、スレイヤーズにまでは思い至らなかった‥‥。
あったかも知れないのにリナの剣!
不覚ですっ!

包丁一本で雷撃竜を倒すような姉を持つリナにとっては包丁ですら「武器」に見えていたかもしれませんね。
だから包丁から剣に持ちかえることにあまり抵抗はなかったのかも、と思いました。
2009/10/28(水) 00:01 | URL | 天湖 #1ysID9Ow[ 編集]
>ちはるさん
リナが魔法を覚えた経緯などはBLASTERで大体明らかになってますが、剣のほうについてはほとんど謎ですね…。(BLASTER!13は未読ですが)

原作中で、リナの剣の腕について「新兵1ダースをあしらえる」「並みの剣士、4~5人ならあしらえる」といったことが書かれてたと思いますが(うろ覚え)、これは冷静に考えると、とんでもない実力です(汗)
それほどの実力を、いつ、誰の手ほどきによって身に付けたのか、というのは興味深いところですが……経緯も含めて考え始めると、泥沼にはまりそうですw
(個人的には、自己流というのは多分ないような気がしますが。リナが一人で剣を振ってたとしても、とうちゃんは口出ししてくるのでは、という気がしますし(笑))

とりあえず、リナの剣の腕についての考察は以前から温めているので、リナの剣術に関する話もあわせて考えてみようとは思います。この記事もかなり中途半端なまま終わってますし(汗)
2009/10/29(木) 00:56 | URL | だーくまろ #r6nwzGJ.[ 編集]
>仮称 Bさん
……先日はどーもw
…って。ここはもう見てないかと思ってました(笑)
あのとき密かに考えてたこと(口に出しても誰も付いてこないだろうから口には出さなかったw)を見られてしまうとはっ(汗)

…それはともかく。
刀剣の博物館ですか。そりはいいかもしれないw
2009/10/29(木) 00:57 | URL | だーくまろ #r6nwzGJ.[ 編集]
>天湖さん
…いまだに海外には行ったことがないですorz
というのはともかく(笑)
海外のほうがファンタジー世界やRPGの発祥でしょうから、そういう店も多くあるのかもしれませんね。
自分も、スレイヤーズを知る前なら、そんな店に入ったら「ドラクエ(とFF)の世界っ♪」と思ったでしょうけど、スレイヤーズはそれらを大きく上回る存在になってしまったので、まず考えるのはスレイヤーズのことになってしまっています(笑)

ちなみに、日本でも、武器の模造品を売ってる店が秋葉原にはあるようです。
http://www.wbr.co.jp/
ただ、大型の剣が中心なので、やはりリナの剣はないです(笑)
強いて言うと、このあたり↓が、イメージとしては近いような気はしますが。
http://www.bukiya.com/cgi-bin/shop/details.cgi?itemno=27
http://www.bukiya.com/cgi-bin/shop/details.cgi?itemno=105
いずれも刀身はやや長めですし、装飾が多すぎますが。
ただ、値段は手ごろなので、ちょっと欲しい気もします(笑)

『包丁一本で雷撃竜を倒す』……そういえば、そんな話がありましたね(汗)
確かに、そんなものを見せられたら、得物が包丁であっても、それはリナの目には「武器」と映ってたような気がします。
剣についてのことは、我々の世界(というか日本人)の基準で考えるべきではないような気もしていましたが、やはり、この記事ではちょっと余計なことを書いてしまったかもしれませんね(笑)
この記事の補足的なことは、そのうちまた書くことになるかもしれませんw
2009/10/29(木) 01:20 | URL | だーくまろ #r6nwzGJ.[ 編集]
リナの剣もコスチュームと同じで、微妙にデザインが違っていたりしますよね。
この記事のおかげで、私のショート・ソード好きはリナが原因だったことを思いだしました(笑)。ブロードーソードでも短剣でもなく、その中間の剣が好きになったのは、リナがそれを使ってたからというのも大きかったなあと。いまではドラクエの「どうのつるぎ」も地味に好きだったりします(笑)

まとめて注文で安くなる、は盲点でした。考えればコスプレ関係はそれがないから高いんですよね。実際、それで安くリナの剣が手に入ったら嬉しいです(笑)
2009/11/03(火) 01:13 | URL | 桐生 #8kSX63fM[ 編集]
>桐生さん
リナの剣は大きく分けると原作の場合、すぺしゃる及び本編初期と、本編6巻以降のものに別れると思いますが、3巻表紙では巨大な柄の剣だったり、10・11巻表紙では変わった形の剣だったりしますし、細部形状は例によって細かく変化してますので、どれが標準的なものなのか難しそうですね(笑)
また、アニメ版では、劇場版などはわりと長めの普通の剣(だったような?)、無印は普通の長さのレイピア、NEXT以降が金色の柄で刀身の短い片手剣(本編6巻以降とほぼ同じ)…といった感じだったと思いますが、この記事は本編6巻以降・NEXT以降のものを念頭に書いています。

自分はもともとは長めの両手剣が好きでしたが、わりと短い片手剣も好みに入るようになったのは、間違いなく、本編中期以降のリナがそれを使っていたせいです(笑)
「どうのつるぎ」はわりと刀身が短めだったような気がするので、今の視点で言うと、まとまりのよい形状だったような気もします(笑)
…それにしても、ドラクエⅠでは、これを手にするまでは「ゆうしゃ」が「ひのきのぼう」か「こんぼう」で魔物と戦うのですから、何とも言えないものがありますw
逆に言うと、「どうのつるぎ」が手に入ると、「これでようやくまともな武器が…」と思えて感慨深かったものです(笑)
…そんなことを気にして遊んでいた小学○年生は珍しかったかもしれませんがw

「まとめて注文で安くなる」は、あくまで想像ですが、少なくとも原価としてはそうなるはずです(笑)
最初の1個を作るには、(1)資料収集→(2)形状の決定(図面化)→(3)製作、といった過程が必要だと思いますが、2個目以降は(1)(2)の過程が不要で、(3)の製作についても、1個目の製作で得られたノウハウを生かせますので…。

ここで、リナの剣が欲しい方を、ちゃんとした形で募集してみましょうか?
2本以上の数になれば、1本当たり数万円で収まるのでは?なんて勝手に思ったりもします(笑)
ただ、どのリナの剣がいいか、というのは意見が別れるかもしれませんがw
(個人的には、これも本編6巻以降のもので考えています)

…ついでにタリスマンを作ってもらうのもいいかも…なんてちょっと思ったり(爆)
さすがに金属製で自作はできないですし(笑)
2009/11/04(水) 00:16 | URL | だーくまろ #r6nwzGJ.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/249-1120b0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。