当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは、拍手などのお礼を。
毎回お礼を書けてるわけではないのですが、毎回、ありがたく思っています♪
最近の記事にもらえてももちろんありがたいですが、古めの記事にいただけると、「けっこう以前の記事も見てもらえてるんだな~」と嬉しくなります♪
とくに、最近拍手をいただいた古めの記事というのは、REVO・EVO-R感想以外のものとしては、とくに気合いを入れて書いたつもりのブツでしたし(笑)
(遠からず載せることになる、スレイヤーズ回想話(すたーしーかー)の次回分はNEXT後半になりそうなので、その記事との重複も多くなりそうでどうするべきか、ちょっと悩みどころだったりしますがw)

それと、画面左に設けたままのリナ衣装投票ですが、非常にゆっくりペースですが、少しずつ票が伸びてたりしまして、これもありがたいです♪


で、本題です。
『Weiβes Haus』の白いウサギさんが主催されている『スレイヤーズ論述試験』 第二問の回答とチャットログが、本日1月10日から公開されていますので、今回も少しだけ、当方の回答についての言い訳その他と、ほんの少しだけ感想を書いてみます。
●その1の第一問については…こちらです。

というわけで、以下ネタバレです。
※最下部に拍手コメントお返事を追加しました。(1/18)
 

まず、当方の回答ですが…
前回と打って変わって短いですし、我ながら切れ味も足りませんw
第一問のほうに注力してしまったので、こちらではあんまり面白そうな話が浮かばなかったものでして。
…って。『論述試験』のはずなのに、『面白そうな話』を書こうとしてる時点で何かが違ってるような気がしないでもないですが、正攻法では太刀打ちできませんので(笑)

そういえば当方、中学の途中までは感想文その他の文章を書くのが思いっきり苦手でしたが、ある時、「書いてて楽しい文章」「読むのが楽しい(かもしれない)文章」を書くことに目覚めてしまい、感想文などの課題を出された時は、まっとうに評価されることよりも、「本人、もしくは読む人にとって面白いもの」を重視して書くようになりました。
(というか、自分にはそれしかできなかったのですがw)
なので、ある課題の文章を提出した後に教師から、「評価はともかく、読んでて一番面白かった」みたいに言われたことがありますw

今回の論述回答を書きながら、そんなことも思い出してましたが、自分の回答が「読む人にとって面白いもの」になっているのか、自分にはもちろんわからないです(笑) ただ、少なくとも本人的には書いてて楽しかったですw

ところで、前回はわりと急いで書いてたので触れられませんでしたが、自分の回答に、審査員の皆さまからコメントをもらえるのはやっぱり嬉しいです♪
(とくに前回は、考察込みの長文コメントまでいただけましたし(汗))

で。第二問の当方回答にいただいたコメントへの逆レス?をこんなところでしてみますw
・『いちおう無事』……スレイヤーズの中では、生きてさえいれば『いちおう無事』だと思いますw
・『高度より速度重視』になっていたのは……書いてて無意識のうちにそうなってました(笑)
 高度を取るという選択は、自分の中のリナにはあり得ませんでしたw
・『そこはかとなく怯えているガウリイ』
これまで、翔封界でリナに運んでもらうことがそれほどまでに危険な行為であるとは認識していなかったので、ちょっと怯えているのかもしれません(笑)
・『キャニーを引きずったことをリナが『失敗』と認識』
あの時点でのリナは、たぶん『失敗』と認識はしてないでしょうね(笑) なのでこれはちょっと言葉の選定がふさわしくなかったかもしれません(汗)
ただ、無理矢理フォローすると、その後、リナはガウリイたちと出会い、様々な経験を重ねて成長したこともあって、キャニーの一件を「若さゆえの過ち」と思えるようになったのかもしれない……なんて言ってみますw


あと、審査員でもなんでもないのに、僭越ながら一番ツボだった回答を挙げさせていただきますと…
No.18の方のものが素晴らしすぎますw
ポエム調があんまりにも面白くて、思わず4回くらい読み返してしまいましたし、リスク=誘惑というのはものすごく説得力がありますし(笑)
これくらい、切れ味のある内容を書けるようになりたい、とも思ってしまいますw


と、こんなところで終わっておきます。
次回もひじょーに楽しみです♪
(って、毎回ここで関連記事書く気だな、こやつ…)


※1/18追加
以下は1月17日に、この記事にいただいた拍手コメントのお返事です。

 
拍手コメント、ありがとうございました。
スレイヤーズ論述試験に参加された方からコメントをいただけるとは、大変嬉しく思います♪
どの回答をされた方なのか知りたい…なんて思ってしまいますが、そこは我慢しないと…(汗)

当方のみょーな回答で楽しんでいただけたとのことで、ありがとうございます。
やはり、会話形式での回答を考えるのは自分だけではなかったのですね(笑) キャラに代弁させてる方は他にお一人だけおられましたが、それでもちょっと寂しかったので安心しましたw
また、自分は近年、原作小説をあまり読めてないので、リナたちの会話の雰囲気を出せているかは多少不安もあったのですが、『リナさんたちらしい、いきいきとした会話』とまで言っていただけて嬉しいです♪
『読む人が楽しく読めるように』というのは、本当にそうできるかはともかく(笑)、せっかく他の方に読んでもらえるのだから、なるべくそれに近づけるようにしているつもりです。…ただ、『優しい』かどうかは謎です(汗)
(あと、このブログの記事に関しては独りよがりの記事も多いので、楽しく読めそうにないものも多々あると思います(汗))

第3問については、昨日公開されましたので、後ほど、ここで言い訳その他を書こうと思いますので、またご覧いただけましたらありがたいです。
第4問回答は…説明的文章がかなり長いので、読みづらいかもしれません(汗)
あと、誤字が最低でも2ヶ所あったり…(汗)

確かに最近は寒いですね。こちらは室温5℃くらいになることもよくありますし(笑)
そんなわけで、風邪などひかずに過ごされることを、こちらもお祈りさせていただきます。
それでは、今後もよろしくお願いします。

(追伸)このブログの中にも、一つだけ小話っぽいものを掲載しています。
どこかがズレた、ゼル一人称のギャグ小話ですが(笑)
 →やや今更な小ネタ……(REVO)第8話のゼルガディス氏の心境
まだお読みになってなければ、もしかしたら少しは楽しめる……かも(弱気w)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/275-f6363fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。