当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えーと。まずは、最近の記事に多くの拍手をいただけまして、ありがたく思います♪
6拍手とか7拍手とかって、EVO-Rの感想の一部等でしかもらえてないと思いますし(汗)
で。来たる28・29日のキャラホビ2010では、ボークス製リナのフィギュアのカラー版がいよいよ展示となりますので、もちろん見に行く予定ですし、ここにも少しは写真を載せたいと思っています。
また、25日頃に発売された模型誌で、先のワンフェスの様子がわずかながらも掲載されたようで、そちらもチェックせねば…と考えています♪
で、今回はなんとなく、ボークス製リナの登場までは最も完成度が高かったと思われる、コトブキヤ製リナの各種写真を掲載します。…と言っても、いまだに組立ててないので、箱と内容物の紹介ですが(笑)
コトブキヤ リナ=インバース 箱側面
あと、最下部には、これまでに発売されたスレイヤーズのフィギュアを、文字だけでまとめて紹介してます。
 

コトブキヤ リナ=インバース 箱側面
箱側面
※各写真はクリックすると2倍以上の大きさで表示されます。
「スレイヤーズNEXT」と書かれてるのが時代を感じさせますが、これの発売はスレイヤーズTRYの放送されてる1997年でした。そして買ったのは98年か99年くらいですが、現在では入手は困難かと思います。

コトブキヤ リナ=インバース 箱上面
箱上面
袋に入れてわりと丁寧に保管してたつもりですが、それでもけっこう傷が付いてしまいました(汗)
まぁ、何回も引越ししてきましたし…w

コトブキヤ リナ=インバース 完成写真
完成写真
リナさんの生写真(笑)が封入されてましたので、それも撮影♪
当時のフィギュア雑誌(レプリカントの2?…知り合いの持ってた本w)の原型師インタビューに、このリナは原型師の方が「リナを作りたい」と言って製品化されたものだった、といったことが書かれてて嬉しくなったものですが、原作にそっくりとまでは言わないまでも、かなりよくできていると思います。
(そもそも、二次元の絵を立体として表現する以上、どうしてもそっくりにはできない部分が出てくると思いますし)
この完成見本の現物は、当時、秋葉原のコトブキヤに展示されてましたので何度か見に行ったものですが、現物はこの写真よりもさらに好ましく感じられ、しばらく見入ってしまったことが思い出されます(笑)
このキットを作るとしたら、宝石部分のクリアパーツ化、剣帯の位置変更などの加工を色々考えてはいたのですが、ボークス製リナの登場で、また当分はお蔵入りになりそうですw
ただ、ボークスのものと異なる解釈で作られたものなので、これはこれで面白いですし、けっこう出来もいいので、いずれは作りたいとは思いますが。

コトブキヤ リナ=インバース 説明書
説明書
通常なら、説明書の写真の大画像は載せないですが、かなり前に生産されたきりの入手困難品ということで載せてしまいます(笑)
ところで、説明書には色の指示も書かれてますが、こうして見ると、やっぱりリナって色数が多いと改めて思わされます。
それと、部品点数は22点ということで、ボークスのキャラグミンのリナの64点と比べると1/3ほどですが、そうしたことからもボークス製リナのぶっとび具合がわかりますw

コトブキヤ リナ=インバース 中身
中身
…これはキットということで当然各パーツがバラバラで、人によっては見たくないかもしれないので、縮小写真はものすごく小さくしておきます(笑)
覚悟を決められた方は、写真をクリックしていただければと思いますw
…2050×1175の巨大サイズで開きますので。
写真をよく見ると、手袋のしわなどに繊細なディティールも見られ、後述のバンダイ製完成品と比べると、そうした部分でも勝っていました。

…組んでないので、写真は以上ですw

最後に、これまでに発売されたスレイヤーズのフィギュアをまとめておきます。
(ワンフェス等のイベントでしか入手できない個人販売品と、ドール等のフィギュアとは呼べないものは除外)

リナ=インバース
●コトブキヤ ガレージキット 1/8 税別9800円
 「スレイヤーズNEXT」として1997年発売
これはここで紹介したもので、スレイヤーズのフィギュア(個人販売品以外)として初めて製品化されたものでした。当時の模型誌には『人気の割に製品化に恵まれなかったリナ=インバースが登場』みたいに紹介されてたのを記憶しています(笑)
リナのフィギュアとしては、完成度の高さは当時一番だったので、下のバンダイ製リナを購入後、しばらく経ってからこちらも購入することになりました。

●バンダイ 塗装済完成品 1/8 税別2980円?
 「スレイヤーズTRY」として1998年頃発売 ※ディフォルメのガウリイ付属
TV版衣装のリナのフィギュアとしては定番的存在だったかと思います。
プロポーションはけっこういい感じなものの、軟質素材使用のためかディティールはあっさり目で、何よりも顔や髪の毛があまり似てないのが惜しい製品でした。
それでも、眺める角度によってはけっこう似て見えたりしますし、リナのフィギュアが数えるほどしか存在せず、安価な完成品はこれだけだったので、やはり貴重だったと思います。

●海洋堂 ガレージキット 1/8
 「スレイヤーズごうじゃす」として1998年頃?発売 価格不明
1/8の劇場版衣装のリナとしては唯一の製品ですが、これも顔や髪の毛が似てませんでした。
当時、劇場版衣装はさほど好みではなかったですし、顔も似てないということで、リナのフィギュアとしては唯一未購入です。

●ボークス フルカラーガレージキット 公称1/6(全高23センチだと、それよりやや小さい?)
 「スレイヤーズ(原作小説版)」として2010年10月発売予定 10500円
言うまでもなく、7月になって突如発売予告されたリナのフィギュアで、あらいずみ先生の監修を受けて「原作小説版」と謳われるにふさわしく、プロポーション・細部の造形のいずれも抜群かと思います♪

アメリア=ウィル=テスラ=セイルーン
●コトブキヤ ガレージキット 1/8 価格不明(税別7800円?)
 「スレイヤーズNEXT」として1997年頃?発売
コトブキヤのリナと同じ原型師の方が作られたもので、これは購入はしてないですが、写真で見る限りかなり出来はよかったかと思います。

フィリア=ウル=コプト
●バンダイ 塗装済完成品 1/8 税別2980円 ※ディフォルメのゼロス付属
 「スレイヤーズTRY」として1998年頃発売

他に、上記の1/8フィギュアの半分くらいの大きさの半完成品もありました。
●メガハウス 塗装済半完成品 「ドラゴンヒロインセレクション1」
  2001年頃発売 1個500円
このシリーズは全5+2種が、中身のわからないブラインド方式で販売され、スレイヤーズのキャラは、劇場版…というかすぺしゃる版衣装のリナナーガ、ナーガのマント等装備品の3種類が含まれてました。
で、当方、リナだけ入手できればよかったので、2~4個ずつ買っていったのですが…全然出ず(笑)
結局、リナを引き当てるまでに14個も買うはめになったのでしたw
(その後、中古店で安価にリナとナーガを1つずつ入手できましたが)
で、肝心の出来のほうは…リナは、目があまり似ていないものの、それ以外は大きさのわりにはよく出来ている感じで、個人的には、同じ衣装の海洋堂製よりも勝っている気がします。

…以上が、比較的入手が容易だったスレイヤーズのフィギュアです。
改めて振り返ると、TVアニメの末期~終了後の1997・1998年にそこそこの種類が出たものの、それで流れは止まり、2001年に「ドラゴンヒロインセレクション」で小さいリナとナーガが久しぶりに出たと思ったら、以降は完全に製品化が途絶え、新作アニメ化されてもフィギュアの製品化はなされず……。
しかし、EVO-R終了から1年以上経ってから、素晴らしい完成度のリナが出ることになるとは、全く予想しておらず、なんとも感慨深いものがあります。

意外と長くなりましたが、そんなところで終わっておきます(笑)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/315-3734dd4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。