当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※10/10 21:05追記
先行発売のリナフィギュアを1つ入手できました♪
 ●当日の様子……(1)簡略版(フィギュア等写真4枚)   (2)レポ   (3)フィギュア写真
それで、目のシールについてはいい方向に予想外だったので、一部文章に打ち消し線追加と、この色の部分の追記をしました(笑)


リナ衣装投票の結果発表も載せたいところですが、ボークスブログに、立て続けに新情報が掲載されましたので、まずはそちらについての感想?から書きます。
(意外と長くなったので「続きを読む」の下に書いてます)
 

キャラグミン速報3!
こちらでは、キャラグミン リナ=インバース最終サンプルの写真等が掲載されました。

・パーツ状態写真
公式で初めてパーツ状態が掲載されましたが、とりあえず黄色い布の色が薄い色に変更されたことはわかりますw
サンプルではあの部分だけやや浮いてた感もありましたし、これは重要ですw
で、11色成型とのことですが、その内訳は…
 黄色い布
 肌色
 服の赤
 服のふちの白
 手袋・ブーツの青灰色
 髪の毛の朱色
 マント・ショルダーガードの黒
 ショルダーガード・剣などの金色
 タリスマン台座の灰色
 宝石のクリアーグリーン
 タリスマン等のクリアーレッド
以上ですが、見事な色分けです♪
それにしてもリナさん、色数多いなぁ…w 

・瞳シール
目については、デカールかシールのどちらかは付属するだろうと思っていましたが、シールが付属するとのことです。
目だけでなく、眉毛もシールに含まれているのは予想外でしたがw

(以下は、予想込みのコメントです)
ただ、恐らく目と眉毛の輪郭の切れ込みは入ってないでしょうから、デザインナイフ等で自分で切り抜く必要があるだろうと思います。もちろん、製品を入手するまではっきりわかりませんが…製品状態で切れ込みを入れるとコストが上がりますし、印刷部分と切れ込みを完全に一致させることは至難と思いますので。
また、シールの紙は多分、白い紙かフィルムでしょうから、その場合シールの断面が白になるので、シールを切り取ってから、断面をマジックやペン等で塗ったほうが見栄えがよくなりそうです。
(眉毛はオレンジ、目は鼻の近く以外黒で、シール断面のみタッチアップ)

先行発売の製品で確認しましたら……なんと、目と眉毛だけ独立したシールになってました(汗)
しかも、シール断面もほとんど気にならないですし、眉毛もかなりいい感じでした♪
…ボークスさま、当方の完敗です。いい意味でまいりました(笑)
それにしても、当方の模型に関する知識は時代についていってない部分もあると痛感させられました(笑)


塗料等を購入しないで済ます場合、眉毛シールは意味もあるかと思います。
ただ、個人的には、眉毛については筆塗りのほうが簡単なような気もします。
タミヤのエナメル系塗料を使えば、はみ出した場合、溶剤を使わなくても爪楊枝で簡単にはがせますし…と思ったのですが。
光沢(つやあり)のオレンジは発売されてますが、艶消しのオレンジはないのですね。
そうなると、艶消しにこだわる場合……オレンジにフラットベース(艶消し剤)を混ぜるか、フラットレッド(艶消し赤)とフラットイエロー(艶消し黄色)を混ぜる必要があるので、ちょっとハードルが上がりそうです。

ボークスのイベントでは、艶消しオレンジの塗料は販売されてました。キットの説明書でも触れられてると思いますが。

あと……瞳シールの予備はなさそうに思えますが、自分の場合念のために、シールを貼る前にスキャナーで取り込んで、予備シールを自作できるようにすると思いますw
それとも、場合によってはデカールを自作したほうが貼りやすいかも…?

瞳シールの予備は付属してましたw なんて良心的なのでせう♪

・瞳部分が埋まった顔パーツも封入
これはぢつにありがたいです♪
顔パーツが2つ付属ということになるので、それなら遠慮なく表情変更改造ができますし(笑)
…本来の目的と違うような気もしますがw

・フルカラー説明書
これは予想外でしたが、なんと豪華なw
あらいずみ先生のイラストが含まれることはドラマガ等で判明してますが、その内容ははっきりとはわからないですし、ぢつに楽しみです♪
箱絵もあらいずみ先生の描き下ろしですし、ここまで豪華な内容だと、ガレージキットとしてはむしろ安すぎる気すらしてしまいます(笑)

・ホビーラウンド会場にてキャラグミン組立て教室開催
キャラグミン「リナ=インバース」、キャラグミン「かんたんタン」の購入者に対して、キャラグミン組立て教室を開催するとのことです。(先着約20名の席を用意、途中参加、立ち見だけの参加可)
12:30~16:00とのことだと、場合によってはオークションに参加できないかもしれませんがw



【10月10日開催!】チャリティーオークション出品アイテム、実物の写真公開!
10月10日(日)、ボークス主催の「ホビーラウンド4」(池袋サンシャインシティ展示ホールA2)でチャリティーオークションが行われますが、それに出品されるリナの写真が掲載されました♪
ぱっと見た感じ、思ったよりも渋めの色合いできたな~と思ったのですが、上記ページと、ホビーラウンドのページの写真では色合いがけっこう違っています。
(たぶんカメラの設定の違い?)
前者は彩度低め、後者は彩度高めで、個人的には後者のほうが好印象で、欲を言えば両者の中間くらいがいいですが(笑)、どちらが実際の色に近いのでしょうか?
全体的な配色としては、最初の塗装サンプルと大差ない、わりと一般的なイメージに近そうですが、手袋とブーツが成型色の青灰色ではなく、白に近い色になってるのが大きな違いかと思います。
そのため、配色的には、あらいずみ先生の近年のイラストや、REVO・EVO-Rのリナに近いイメージになってるとも言えそうです。
個人的には手袋とブーツは青灰色のほうが好みですが(笑)
…って、2年以上前のREVO放送前から、同じことを何度も書いてますwww


それで、まず目についたのは、金色に輝くショルダーガード等の金属?部分です。
金色はプラでもそうですが、成型色だとどうしても地味な色になるので、塗装するととくに効果的なようです。
これはかなりリアルな金属色に仕上がってますが、アサヒペンのメッキ調スプレーあたりを使ってるのでしょうか?(金色塗料にも色々あるので、断定はできないですがw)
…ところで、この写真を見てたら、以前「ショルダーガードや剣の金色部分を真鍮(金色の金属)で自作して磨きあげたら見栄えがしそう…」なんて考えていたことを思い出してしまいましたw

あと、タリスマンの台座部分が銀色に塗装してるのが、ちょっと面白い解釈だな~とか思ったり。
個人的には、暗い灰色というイメージが強かったもので(笑)

そして…後ろからの写真を見て、吹きましたw
バンダナの刺繍の文字が再現されてる…!(笑)
輝く金色や、各部の陰影表現は予想通りでしたが、これは予想外でしたw
…これを、平面ではなく立体のパーツに、違和感なくきれいに書くのはかなり大変そうです(汗)

顔については、塗装用の顔と目が一体のパーツを使用してるようですが、そのために3本まつ毛(笑)が塗装表現になってたり、目の輪郭線が細めになってて、ちょっとメリハリが少なくなってるような気がします。
このあたりは好みが分かれそうですが(笑)
…個人的には、3本まつ毛については、リナを特徴付ける大きな要素の一つだと思っていますので、これはアルミ缶から切り出して自作したものに作り替えようと思っていますw
(これはフィギュア好きの知り合いに教えてもらった技法だったり…w)




●キャラグミン正式サイトオープン(22:45頃追記)
先日予告されていた通り、キャラグミンサイトが一新されました。
http://www.volks.co.jp/jp/charagumin/index.html
まず最注目は、初公開となる、あらいずみ先生描き下ろしのパッケージイラストですね♪
ドラマガに掲載の線画の段階から期待してましたが、やっぱりぢつにかわいくて素晴らしいです♪
このイラストのポーズは、フィギュアとほぼ同じで、表情と顔の角度が異なるくらいなので、表情をイラストに近い感じにしてみたいとも思います。
…幸い、顔パーツは2個付属しますし(笑)

写真的には、リナの横顔とパーツの全容(開封状態)が初掲載でしょうか。
横顔もいい感じですし、入手したらとりあえず早めに素組みして、色々な角度から眺めまくりたいと思わされますw
そして、パーツ状態を見ると、改めて分割と色分けの凄さが伝わってきます。
…ショルダーガード1つだけでも、5パーツ構成とは…(笑)
ボークスブログでも書かれてましたが、ここまで色分けされてると、塗装する場合もマスキングがほとんど不要なので(マント以外)、時間的にも労力的にも、かなり楽にできそうです。

また、組立についても掲載されましたが。
これは基本的にはボークスニュースのものと大差なさそうですが、なぜか仕上げのスポンジペーパーが省略されてます。紙やすりの400番で磨いただけでは、多少傷が残りそうな気もしますが…。
(現物を購入したら確かめてみます)
ニッパーについては、当方愛用の(笑)、タミヤ製精密ニッパーがおすすめになってますね。
「…あれはいいものだ…」(笑)

あと、『瞬間接着剤は低粘度のものをお勧め』となってますが、慣れてる方なら問題ないものの、初めての方の場合、どうなのかな~とも思います(笑)
前回記事でも書きましたが、低粘度は浸透性がよすぎて、多く付け過ぎると予想外の所に回ったりしますし。
パーツと指を接着したことが何度あったことか…w
「自分……不器用ですから」(笑)
まぁ、中粘度やゼリー状の場合でも、付け過ぎたら当然はみだしてくるのですがw
そんなわけで、キットを接着する前に、不要な部分や適当なプラ材など(カップめんのプラ製の蓋などでも可)を適当に切りだして練習してみたほうがいいとは思います。キット初挑戦でも、接着剤の特性を理解できてしまえば、失敗することは滅多にないでしょうし。

自分の場合、はみ出しても拭き取れる&後で再分解できそうな、ゴム系接着剤で組んでみるつもりなので、その結果は後日書くつもりです。
(そういう邪道な組立(笑)は公式ページには載せられないでしょうしw)

…組立についてはまた改めて書くとしまして。
キャラグミンサイトには、まだ準備中の部分があるので、そのあたりも今後楽しみです♪
(通販開始時期も気になりますw)



…なにやら長くなってますが、とにかく10/10にオークションのリナもじっくり見てこようと思いますし、そしてもちろん、キットも買ってくるつもりです♪
そんなわけで、当日がぢつに楽しみです♪
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/325-6e1a6599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。