当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニッパー記事は長くなりすぎたので、この記事で後半分を載せています。
DSC_0068
ちなみに、実際の製作の手間は全然大したことはないのですが、写真を撮ったり、記事作成したりの手間が大部分を占めてますw
※一部の写真はクリックすると2倍位の大きさで表示されます。
 

(5)ゲート切断面が露出する部品
お次に切断するのは、ニッパーでゲートを切断した部分が完成後も表に露出する部分です。
まずはゲート切断前の各部品です。いずれも下側にゲートが付いてます。
DSC_0903

そしてゲート切断後。
DSC_0933
これらのゲート跡は、ヤスリ等で磨いてきれいにするのが理想的ですが、面倒であれば、そのあたりは目をつぶっても構わないと思います。

DSC_0906
これはショルダーガードの本体です。

DSC_0907
これまでのパーツと同じように、ゲートを短く切断。

DSC_0909
続いて、パーツより少し手前で切断。

で……これまでと同じように、パーツに刃を密着させて切断したのですが…
このパーツについては、それは控えたほうがよさそうです(汗)
DSC_0910

DSC_0913
2つのうち1つは、切断面に少し凹みができてしまいましたので(汗)
そんなわけで、このパーツのゲート処理時は、精密ニッパー使用の場合でも、刃を密着させず、0.3~0.5ミリくらいゲートを残すようにするのが無難なようです(汗)

ちなみに、当方が試した限り、このパーツ以外では切断時に問題は起きなかったのですが、この部分はパーツの肉厚が薄いために、えぐれやすいようです。

少し凹みができた程度のパーツは、瞬間接着剤などで埋めてヤスリをかけることで修復は可能なのですが、この部分については、金色の部品を接着するとほとんど見えなくなったので、そこまでする必要は感じなかったです。

次は、上着の裾の、スカート状の部品です。
DSC_0916
後ろに付いているゲートを短く切断。
ゲートの付き方がちょっと変わってるので、切り方にちょっと迷うかもしれませんが、まずは単に、ゲートを短くするだけにとどめています。
(他の部分もそうですが、このやり方が正解というわけではなく、一例ですが)

今度は、パーツに対して平行にニッパーを当てて切ります。
DSC_0920

さらに、パーツに刃を密着させて切断。
DSC_0922

これでゲートの大部分が切断できました。
DSC_0925

ちなみに、パーツの形状によっては、こんな感じでゲートを切ってみると、少しきれいになる場合もあります。
(※精密ニッパー使用の場合です。他のニッパーで可能かどうかは不明です)
DSC_0927
とくに曲面のパーツには有効なようで、前髪のパーツの太いゲートは、この方法で何度か方向を変えつつ、ゲート跡に刃を当てて切るようにしてみると、ずいぶんきれいになりました♪(デザインナイフで削る必要がないくらい)



(6)処理のやや難しい部品
これらのパーツは、ゲートをうまく切らないと、組立にも支障が出るものです。
DSC_0934
↑ゲート切断前 例によって、ゲートは下側です。
↓ゲート切断後
DSC_0038

DSC_0034
こちらは、ゲート切断後のものを角度を変えて見たものです。


では、腕のパーツから処理していきますが、ここでは右腕について取り上げます。
DSC_0001
これまでと同様、パーツの1ミリくらい手前でゲートを切断。
下写真は、上写真の角度違いです。
DSC_0003

このパーツのゲートはかなり細長く、しかも曲面になっています。(2つ下の写真参照)
この形状だと、1回で切ろうとして変なふうにパーツに力がかかって割れたりすると困るので、念のために、残りのゲートは2回に分けて切ることにします。
DSC_0005
まず、ニッパーの先端で、ゲートの中間部やや手前に切れ込みを入れます。

DSC_0004
続いて、刃をパーツに密着させて、ゲートの手前側を切断。

残りのゲートは、これまで通り、パーツに刃を密着させて切るだけです。
DSC_0006
下写真は、上写真の角度違いです。
DSC_0008


左腕についてもほぼ同様ですが、こちらのゲートは通常の切り方で問題なかったです。
(ゲート形状には、多少個体差はあるかもしれませんが)
DSC_0009


次は、最もゲート切断が難しいと思われる、胸の黄色い布のパーツです。
DSC_0012
後部上面中央に大きいゲートがあるだけでなく、両側に子分まで従えてます(笑)

この場合、先に子分を始末しないと、大きいゲート(ボス?w)にうまく刃を当てられないので、まずは子分の切り崩しにかかります。
DSC_0013
このように刃を当てて↑↓で、小さいゲートを短く切断。
DSC_0014

DSC_0015
さらに、パーツに刃を密着させ↑↓、小さいゲートにとどめを。
DSC_0018
下写真も、上写真2枚と同じ時点のものですが、ニッパーの刃をかなり内側に傾けて当てているのがわかるかと思います。
DSC_0019

もう一つの子分も同じように始末した状態が下写真です。
DSC_0020
残るは大きいゲートだけですが……
これをどのような順番で切れば手間を最小限で済ませられるか、ちょっと考えましたが。

まずはいつも通り、パーツ手前でゲートを切断。
DSC_0021

次も、パーツに刃を密着させて切断…ということにしてみましたが、見た目には、少し危なっかしく見えるかも(笑)
DSC_0025
なにしろ、角度を変えて見るとこんな感じ↓ですのでw
DSC_0026
このパーツは、誤ってゲート以外の部分を切らないよう、とくに注意が必要です。
これを切り過ぎてしまうと、隙間がかなり目立つことになると思われますので。

で。切った後はこんな感じになりました。
DSC_0028
けっこううまくいきましたが、もう少し切ってみます。

こんな感じで刃を当てて……とどめっ!(笑)
DSC_0029

予想以上にきれいに切れました♪
DSC_0030
この部分は、ニッパーでのゲート切断後、デザインナイフでの作業が必須かと思っていたのですが、ニッパーだけでも組み付けに問題がないくらいに切れました。
もちろん、この部分はデザインナイフで仕上げてもいいのですが(というか、本来はそちらがふつーだと思いますw)、個人的には精密ニッパーがあればそのほうが簡単だと思います。

DSC_0032
後ろから見てもこんな感じで、このままでもほとんど気にならないかと思います。



(7)細かい宝石類の部品
細かい部品の多いこのキットの中でも、これらはとくに紛失注意なので(笑)、最後のほうにまわしました。
DSC_0039
↑ゲート切断前 ※右上の、足に付く宝石のパーツのもう一つが消息不明なので抜けてます(笑)
↓ゲート切断後
DSC_0058

DSC_0050
これはショルダーガードの宝石のゲート切断後で、手順については前回記事中の(4)と同様です。

お次は、手袋に付く宝石です。
これのゲートの切り方はとくに難しくはないですが、ゲートの付き方がちょっと変わってますので、いちおう手順の一例を書いておきます。
DSC_0051
まずはゲートを短く切断。

続いて、取付部の突起に刃を密着させて切断。
DSC_0052

さらに、残ったゲートを切断。
DSC_0053

以上で、ゲートは下写真のように、ほぼ処理できましたが…
DSC_0054
もう少しきれいにしてみます。

3連の宝石の、つなぎ目の隅に残ったゲートに、刃を2方向から入れてます。
DSC_0056
この写真では刃を右下から入れてますが、この次に右上から刃を入れて、ゲートの残りを切断しました。
(その写真を撮ろうとしてるうちにゲートが切れたので撮れませんでしたがw)

下写真は、2つ前の写真と比べると宝石の丸みが強調されて、ちょっといい感じになったかと思います。
DSC_0057
組んだ後にその違いが出るかは微妙な気もしますが、ほとんど手間はかかってないのでいいでせうw


ここまでの行程で、ゲートのニッパーでの切断は終了しました……
DSC_0060
と、書こうとしたのですが、後回しにしてた、髪の毛先端部の処理を忘れてました(笑)



(8)髪の毛先端部の処理
この行程を後回しにしたのは、髪の毛先端部の処理後は、強度が低下し折れやすくなるから、という事情もありました。
髪の毛先端部に何箇所か突起が付いてますが、精密ニッパー使用の場合は、それでほとんどの部分を除去できます。
DSC_0064
↑髪の毛先端部処理前
↓処理後
DSC_0070

では、前髪の一ヶ所を例に、いちおう手順を書いてみます。

まずは、突起をおおまかに切断。
DSC_0065
↑↓これらは、同じ時点の写真で、視点の異なるものです。
DSC_0066
髪の毛は曲線を描いてますが、ニッパーでは直線状にしか切れないので、角度を変えて何度か切ることで曲線に近くなるようにします。

続いて、髪の毛先端の大部分にニッパーを密着させて切断。
DSC_0068
↑↓これらは、同じ時点の写真で、視点の異なるものです。
DSC_0067

切断後は、こんな感じになりました。
DSC_0069
これの右側が切断した箇所です。
もう少し先端を細くしてもよさそうですが、このくらいでもさほど気にならないかと思います。
(もっと細くしたい場合、デザインナイフやヤスリを使うことになりますが、細くなればなるほど折れやすくなるので、取り扱いには注意が必要です)

下写真は、ニッパーでの処理を終えた髪の毛のパーツを、別角度から撮ったものです。
DSC_0072
前述の通り、この処理後は、髪の毛先端が折れやすくなっていますので、パーツを箱に入れた状態で乱雑に扱ったりしたり、ということは厳禁です。
(しばらく組まないという場合、緩衝材にくるんで収納しておくのが無難かと思います)



…以上で、ニッパーの作業が終了しました。
というわけで、ちょっと息抜きを…。(※以下はスルー推奨ですw)

なんとなく、某まんじゅうを買ってきたので試食してみました♪
DSC_0061
…別名・埼玉県民判別装置

これを食したら…
DSC_0062

「…うまい。うますぎる!」
そう言わなければならない法律が存在しますw

ところで、11/21のスレイヤーズオンリーで、お会いした方にこれを配りましたが(渡しそびれた方もいました(汗))、このまんじゅうの存在を知っておられたのは約10人の中で、埼玉県民のお1人だけだったという……。
さすが埼玉県民判別装置w
ただ、元々は埼玉県行田市の名物だったそうで、それが埼玉の名物になったのだからかなり昇格したと言えそうです。


参照動画↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm833592
これはニコ動ですが、他にもようつべや、十万石公式もあります。
このCM、当方の幼少期から今に至るまで、全く変わらずに放送され続けてますが、30年位続いてるのでしょうか?w

ちなみに当方、この時に初めて、十万石まんじゅうを食べましたが…
「うまい。うますぎる!」と言うには至りませんでした(笑)
ただ、まんじゅうとしては、けっこううまい部類だと思います。
また、皮がちょっと珍しい感触?という感じもするので、皮がもっと厚ければより個人的な好みに合ったかな、という気がします。



…って、なにやら脱線しまくってますが(笑)
次回は、デザインナイフでの最低限の処理、仮組みに入っていきます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/340-986480dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。