当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、本来なら前回記事で載せるつもりだった積み残し分です。
DSC_1205tts2
……現物ではあまり気にならないですが、アップの写真を見ると、眉毛シールの太さが気になってきたり(笑)
※以下の写真のほとんどは、クリックすると倍のサイズで表示されます。
 

まず、1ヶ月遅れ反応ですが(汗)、2/5にスレイヤーズNEWSさんで、第1回キャラグミンリナさんコンテスト 応募作品の発表がありました。
第1回キャラグミンリナさんコンテスト 応募作品大発表!!

それで、当方も前回記事掲載時点の状態でいちおう応募させていただいたのですが、そちらに掲載された写真の、少しだけ大きいものなどを掲載しておきます。

なお、加工点等は以下の通りです。
●塗装
・頬の線と、口……茶色
・下まつ毛……黒
・マント……青紫色のつもりが、暗い青に(笑)
・タリスマン台座……濃灰色
・タリスマンの石、ショルダーガードの宝石……クリアーレッド
・緑色の宝石(足以外)……クリアーグリーン
・腰のタリスマンの金具……金色
・ベルト……黒 (試しに塗ってみたものの、さほど効果なし(笑))
・ベルト側面……濃灰青色
※艶消しトップコートはまだ吹いてないです(笑)

●加工点等
・パーティングライン等は、とくに目立つ部分のみ除去
・上まつ毛を削って細く
・髪の毛先端部を削って、先のとがった形状に
・両腕のタリスマンの紐を、本物の紐に置換え
・タリスマン台座の5ヶ所の溝を、原作イラストに近い形状に修正
・前髪パーツ取付位置を、少し下寄りに

まずは(前回記事で出し惜しみしたw)全身です。
DSC_1220
…実際にはマントの色はもう少し赤みがあるのですが、それでもやはり塗り直したいと思います…w


お次は、上半身アップです。
加工点の大部分は、ここに集約されていますが、まずは、素組みほぼ完成状態の写真です。
(マント襟下に隙間のある状態なので『ほぼ完成状態』としています)
DSC_0516tss

そして、部分塗装や加工を加えたものです。
DSC_1205tts2
写真の撮り方も多少改善してるので、写りにもけっこー差がありますが、それはともかく(笑)
この2枚を比べると、手を加えた箇所がわかるかと思います。

手を加えた箇所について、少しだけ触れておきます。

頬の線と、口に茶色を色入れ
下まつ毛を黒の塗料で追加

いずれも、ボークスさんの製作記事で紹介されているのと同じように、面相筆で描きましたが、自分もこういった色入れは不慣れなので、描いては消してを繰り返しましたw
それでもまだ、左右で不均等になってますがw
なお、ファレホカラー使用で塗料を剥がしたい場合、『失敗しても乾く前なら水で、乾いた後でも「ファレホ・エアブラシクリーナー」で拭き取れる』とのことですが、このような小面積であれば、塗料がある程度乾燥してから(10分~1時間後くらい?)爪楊枝でこすっても剥がせるようです。
(ぢつは、顔の色入れ部を剥がしただけでなく、黄色い布に薄い黄色を塗ってみたものの、どうも気に入らなくて剥がしたのでしたw さすがにこれは、爪楊枝で剥がすには面積が大きすぎて大変でしたし、完全には落とせなかったのですがw)

・両腕のタリスマンの紐を、本物の紐に置換え
この部分に手を加えることは、このキットの購入前から考えていましたw
ただ、単純に腕のパーツに紐を接着するだけだと、紐が浮き上がって見えてしまうと思われますし、本来は、紐が手袋に食い込んでいるような感じに見えるでしょうから、それを表現するために、紐を表現された突起をデザインナイフで削るだけでなく、その部分を深く彫り込むようにしました。
DSC_1136 両腕タリスマン紐
写真右側が、紐のあった部分を彫り込んだ様子で、左側が、それに紐を接着した状態です。
(このサイズだと、ゴム系接着剤のはみ出しが目立ちますがww)

・上まつ毛を削って細く
上まつ毛は、パーツ成型や強度保持などの関係で太めになっていますので、作り替えてしまうつもりでしたが、その前に、元の部品を生かす形で、削って細く見えるようにしてみました。
これもデザインナイフで削っただけですが、デザインナイフだと曲線的に削るのが難しいので、削って細くしてから、少し曲げています。
また、削った後に白っぽく変色した部分には黒を塗っています。

・髪の毛先端部を削って、先のとがった形状に
これも恐らくパーツ成型の関係で、髪の毛先端が丸まった形状になっていますので、とがった形状になるよう、デザインナイフで削りました。
加工後の写真を単体で見ると、加工したことにまず気付かれないレベルだと思いますが、加工前の写真と比較すれば、けっこう効果があるのではないかと思っていますw
改めて写真を見ると、まだ削り足りないように感じる部分もありますが…(笑)

・前髪パーツ取付位置を、少し下寄りに
個人的な印象として、頭部の全高がやや高いような気もしたので、とりあえず、バンダナパーツの上側を1ミリくらい削り、前髪パーツ裏側の干渉しそうな部分も少し削って、前髪パーツの取付位置を少し下げてみました。
削った状態はこんな感じ↓ですが、大きく載せるのは気が引けるので、小さくしておきますw
DSC_0950
…これの効果は、正直なところほとんど感じられない気がしますw
また、『前髪パーツのひと房が、左耳のイヤリングに干渉する』と、以前の記事で触れましたが、その部分はお湯に漬けて内側に曲げてみたところ、干渉しなくなりました♪

・タリスマンの塗装、台座の溝形状の変更……組立記事(8)参照

…現状での加工点はこれくらいですが、ショルダーガードや眉毛などにも手を加えたいですし、ゲート跡やパーティングラインの未処理部分も残っているので、引き続き手を加えていこうと思います♪


で。写真紹介に戻りますが…
けっこー好評な?ポコタ視点ですw
DSC_1213tts

お次は逆に、視点高めです。
DSC_1234
元々の出来がいいので、軽く手を加えるだけでもぢつに見栄えがよくなった気がします♪
ただ、各所に色入れなどをしたので、全体的なバランスとしては、後回しにされたショルダーガードだけ取り残された感じで、ちょっと物足りない気もしてしまいますが(笑)
そのあたりも含め、また近いうちに手を加えるつもりなので、写真はこれくらいにしておきますw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/352-3e2c0f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。