当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また軽め更新ですが。何も書かないよりはマシなよーな気もしますので…(笑)
1月13日に無印スレイヤーズ11~26話を見まして、それについてもツイッターで感想っぽいものを軽く書いてたので、またこちらに転載しておきます。
新規感想も少し書きましたが、それについては赤文字で色分けしてます。
例によって、まるでリナしか見てないよーな感想?ですがw

 
 

それでは、以下、ツイッターの殴り書き?からの転載ですw

11話
リナが、誰じゃそなた状態ww
シリアス時は近年と大差ないときもあるけど、この回だともはや別人状態で、この頃のリナって、捉えどころがない印象…w
(原作本編も3巻まではそれに近い感じでしたが) 
話としては、原作すぺしゃるに元となった話があるだけに、ギャグ回としては面白いほうだと思います。


12・13話
このへんはあんまり記憶なかったけど、もはやツッコんだら負け…という感じですな…(汗)
時間もあんまりないしそろそろワープするかな…w
このあたりの話は、低年齢向けになってるのが悪い意味で実感できます…。
フィルさんとアメリアの描写がかなりひどい…(汗)
TV版のアメリアって、正直あまり好きではなかったのですが(近年はそうでもないです)、この無印13話その他の、周囲に流されやすく、確固たる意志を持っていないようにしか見えないのが苦手だったんですな~。
近年のレボ4話・8話あたりも酷かったですが、無印のこのあたりの話と同じような感覚で話を作れば、ああなってしまうのもわからなくもない…なんて思ってしまいました(汗)
十数年経ってもその内容では、拒否反応が起こって当然だとは思いますが。



14話
これも以下同文w
けど、腹減ってるなら魚釣れよとか言わずにはいられない…あ。ツッコんだから負けですなw
しかしやっぱりこのあたりは3~10話と違って、話が進まない感も強いですな…。
連続で見るには辛いので18話にワープしますw
本放送で見てた頃も、12話あたりから退屈感が出始めましたが、やはりそれは変わりませんでした。
というか、当時より退屈感は強くなりました(笑)


18話
作画崩壊気味なのが惜しいけど、それでも話が動くと、わりとふつーに楽しめますな~。
リナが剣でヴルムグンを倒すという珍しい場面があるので、もっとちゃんとした絵で見たかったです(笑)


19~26話
語るとキリがないけど、ラスト3話が素晴らしいですな…。
24話と26話のリナがかっこよすぎ…。
もちろん、25話のシルフィールもいいですが、リナを治療する場面での曲もかなり好き。
(さすがに曲名は出てこないですがw)
この曲は、エリスの回想シーン等でも使われてましたが、個人的にはあれを聴くと、シルフィールがリナを治療する場面を思い出してしまってちょっとやばいですw
24話でリナが重破斬使用を決意する場面などもそうですが、ラスト3話はBGMとの相乗効果も見事ですな…。その点については、NEXT終盤が究極だとは思いますが…って脱線してるw

無印のクライマックスですが。
戦闘→仲間負傷→静かに怒るリナ、重破斬使用を決意→シルフィールに静止され、そのシルフィールをかばってリナは重傷を負う→シルフィール、必死の治療→リナ復活…という流れは、実に熱いです♪
また、重傷を負うリナの描写は、今見てもリアルでした。
指先から、血が滴り落ちる描写とか…(汗)

それで、また少しリナ語りになりますが。
リナという人は、普段は非常に冷静かつドライなので、事態に対して、心の底から本気になることはそうそうないですが、それだけに、強い感情に衝き動かされ、決意をみなぎらせるほどに本気になったときの姿は、心打たれるものがあります。
だからこそ、この無印終盤や、そしてNEXT終盤でのリナは、特別に魅力を感じてしまうわけですが…。

そして、もはや語り尽くされていることではありますが。
コピーレゾを祝福の剣で貫いた後、死にゆくコピーレゾの問いかけにこたえるリナの、哀しげな表情と声も印象的です。
これもまた、強いだけではない、リナらしさがよく出ていると感じます。
(本当はもっと言いたいことがあるので、半刻ほど考え込んだのですが、うまく言葉にまとまりませんでした(笑))



総括みたいなこと
十数年ぶりの無印視聴を総括すると、個人的好みからすれば、ギャグが少なければもっとよかったし、使用呪文がおかしかったりとツッコミ所も多数あったけど、話の動く回(3~10・18~26話)はそれなり以上に楽しめたし、ラスト3話は、これ以上はなかなかないと思えるほどに絶品でした♪
戦闘の描写については、正直、思ってたよりも物足りないことが多かったですが、24・26話あたりは好印象でした♪(ただ、フィルさんは出てこないほうがよかったですw)
中盤あたりまでは、リナの描写がまだ安定してない感も強かったですが、前記の通り、終盤のシリアスなリナは絶品でした♪
そんなわけで、やはりリナは魅力的すぎる、ということで終わっておきます(笑)

ところで、最近はNEXTも少しずつ見ているので、本格的にリナ語りをしてみたい気もしますが、性格面の話はとてつもない分量になりそうなので、まずは外見からになるかもしれませんw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/375-9570dc25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。