当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この3ヶ月の間、毎週2話ずつスレイヤーズNEXTを見返してますが、3/31に23・24話を見て、残すはあと2話ということになりました。
23・24話あたりになると、予想してた以上に感動とかが大きくてたいへんになってますが(笑)、とりあえず、ツイッターのほうで軽く書いてた前半分の感想を載せておきます。
ほんとは色々書き足してから載せようと思ってたのですが、結局書けなかったので、とりあえずほぼそのままの引用です。

●関連記事
だーくまろ・すたーしーかー(7) スレイヤーズNEXT編その1 1話
だーくまろ・すたーしーかー(8) スレイヤーズNEXT編その2 2話~17話と、ほんの少しだけ原作4巻語り(笑)
 
 

1・2話
よく考えたらNEXTは15年ぶりだったけど、映像付のGive a reasonで早くも感動w
しかしやはりNEXTは無印と1年違いと思えないほど絵が綺麗ですな~♪
とくにリナのキャラデザ変更は大きいし、あの鮮やかな色遣いも大好き♪ 

そして、無印前半で感じた、リナの声や性格の違和感もなくなって、これぞ(TV版の)リナという感じ♪

無印から連続して見てると、絵の変化だけでなく、テンポのよさも物凄く実感できますな~。
1・2話ともほぼギャグ回ながら、けっこう楽しめるし。
あと、ゼルの声が無印だとちょっと軽い若そうな?感じだったのが、NEXTだと重みが増した感じになってると、今更ながらわかりましたw



NEXT3・4話
カルアス戦のBGMで「ゼロス、真の姿」が初使用されてたんですなぁ…全く記憶になかったww
※なお、この曲の全編が流れた本格使用は21話のレッド・グレイ戦で、以後、スレイヤーズのシリアス戦闘に多用されることになります。

しょーじき、あんまり中身のない回だけど、最後のリナの声はかっこいいな~♪

タリムは原作だと実にいいキャラで好きだったんだけどな~…とどーしても思ってしまうのう。

やっぱりシリアスのある回はいいな~♪ リナさんかっこええ♪(そればっかww)
4話はシリアスないい表情がけっこう多くて眼福w

話的には、まだ序盤で特筆するようなことはないと感じるけど、それでも1時間があっという間ですな…w

先週、NEXTは無印と比べて、絵とテンポのよさが進化してると書きましたが、個人的には、もう一つ、音楽も物凄くよくなってると感じます。
終盤数話の専用曲大盤振る舞いは言うまでもないと思いますが、それ以外についても、実にいい曲が多いと思います。
…曲名がすぐに出てこないのがもどかしいw

NEXT4話にやぼツッコミ。
原作と違って4人いるなら、2人がハルシフォムの足止めして、もう2人でセイグラム倒せばいいじゃん…とか思ったり。
ゼルもアメリアも崩霊裂使えるしw
…って、誰でも思いそうなことをあえて書いてみたり。まぁ、ゼロスが出てくるとこの作戦は成立しなくはなりますが。

(他の方へのコメント)
当方も、ダメージとまではいかないですが、違和感は色々感じますね…。それでも無印中盤と比べればだいぶ安心して見れる感じですが。そちらはもう、ツッコんだら負けな感じでしたから…(笑)

『小骨がちくちく刺さってる感』…よくわかりますww
このへんがこーならいいのに…とか色々思ってしまいますw もちろん、いい部分も多々あるのですが(笑)



5話
いい絵と濃過ぎな絵がなんでこんなに混在してるんだろ?w
話的にはいいし、リナの魅力もよく出てる回だけど、やっぱりもっと話数さいてほしかったな~。
あと、ナメクジ苦手設定はTV版だけだから、初めて見たとき、違和感が強かったのを思い出したりw

リナがセイグラムの誘いを断る場面は実にかっこよく、印象深いですが、他の場面でのリナの口調も実にいいです。
単に強いだけでなく、人の心といった、繊細な部分を感じ取れる面をも併せ持つ、リナという人のらしさがよく出ていて好印象でした。

って、まじめに語ろうとすると、うまく言葉に表現できないww まぁ、とにかくリナさん最高ってことでw
リナの魅力が本格的に描かれるのは18話以降、とくに終盤だと思いますが、そのあたりは語るのがある意味大変そうだなぁ…(笑)

(他の方へのコメント)
バンダナなしリナさんがおでこ出す場面は、自分も注目でしたw
TV版だと、ほくろを描かれてない印象が強かったですが、この回では、おでこの出てた場面でうっすら描かれてるんですねw

リナがハルシフォムを引き付けるべく跳びかかる場面は、どうしても黄色い布に目が行きますねw
ああいう描写はスカートのキャラだと難しいでしょうけど、黄色い布だと問題なく描けるので、それも利点の一つかもw

黄色い布は見た目パンツっぽくても、堂々と描けますから…すごい発明かもしれませんw

黄色い布の存在は、最初のうちは不思議でしたが、デザイン的にいいアクセントになってると思いますし、今ではそれがないと物足りなく感じるようになってしまいましたw 後姿でも目を引きますねw

なんかそこだけ強調されると、まるで拙者がえろいひとみたいに見えますw
拙者は黄色い布を含めて、かっこよくかわいいリナさんが好きなのでござる。キリッ

ひょっとしたら、ハルシフォムさんも黄色い布に目が…(それはないw)
ともあれ、恐るべし…黄色い布…w いや。全体のデザインや配色が素晴らしいのはもちろんなのですが(笑)

リナさんだからこそ、どうしようもなく魅力を感じますし、黄色い布だけ付けたりしてたとしても、さほどピンとこないでしょうしw 見た目的には、あの赤と白の服に、黄色い布の組み合わせの鮮烈さがよいのです。キリッ

なんか、@でリナの本編服(というか黄色い布?)について語ってるけど、外見的な語りだけでも、語り尽くすのは大変そうだな~。あの姿のリナはもう好きすぎるしw
けど、リナの性格的な魅力を語るよりは容易だから、そのうちブログで書きたいものですな~。
※結局まだ書いてないです(汗)

確かにリナは赤のイメージですね。
火炎系の呪文は赤系が多そう?ですし、竜破斬も赤ですし、あとは髪の毛が栗色~朱色ということで、赤系の服がよく似合うと思います♪



6話
あの程度の魔物なら、リナが戦わずとも対処できるだろうに…とかどーしても思ってしまいますなw
そのへんはわかっててスルーしてるのだろう、というのもわかるのですが。
この回の注目点は、TV版のリナの服の構造がわかるのと、バンダナなしのリナを見れる所かw



7話
珍しく、大きなツッコミどころのないギャグ回w
やっぱりこの回はけっこー好印象ですな~。ゼルの扱いひどいけどww

この回は、基本的にギャグ回が苦手な当方にとっても面白く感じられ、旧作のギャグ回では最もよかった気がしていますが、当方以外にも高評価されてる方はけっこうおられるようですな~♪
(TV版としては)大きな破綻等がなく、なおかつ笑えると好印象になるようです。

同様の例としてエボ2話もよかったですが、こちらは戦闘もけっこうあったりして冗長感が全くなかったし、絵の動き等もよかったので、これがギャグ回の中では一番かな…と思っています。



8話
いちおうシリアス回…なのかなぁ?w
まぁ、ふつー以上に楽しめはしました。アメリアがフィルさんとの思い出を回想する場面の曲は、23話冒頭(フィブリゾにガウリイが連れ去られた翌朝のリナ)と同じ曲なので、そっちを思い出してしまったりw(をい)

今のところ、NEXTは6話以外は冗長感もなく、ふつー以上に楽しめてる感じです。
NEXTのセイルーン編も基本的にそんな感じだったと思いますが、原作4巻ほど突き抜けた印象はないのも正直な所。
そのへんについてはなるべく黙っておこうと思いますが(笑)

NEXT8話について少し追加。
使用呪文、けっこー滅茶苦茶でしたなw
リナがカンヅェルにフレア・アローは、宣戦布告の意味、魔族かどうかの確認…といった感じにも取れますが、ゼルが下級魔族にディグヴォルト使ってたのは、レボ8話を思い出してしまいましたよww
どーでもいいことですが……そのレボ8話のゼルガディスさんについては、過去にあほ話を書いたものですな…w →http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/blog-entry-39.html 当ブログ唯一のSSもどき。

(他の方へのコメント)
カンヅェル=三河屋さんだったとは…言われてみればそんな声でしたが、放送の約16年後に知った衝撃の事実でしたww

ディグヴォルトは…まさかNEXT8話でもやらかしてるとは思わなかったので、ちょっと笑いそうになりました。
あんなところで「ひみつの最強呪文」が…w
また、当方のたわけ駄文を覚えててもらえて光栄です♪



9話
特筆するようなことはあまりないかと思いますが、この回はふつー以上に楽しめました。
絵的には、少し崩れたものも見られるのがやや残念ですが、大半の回はそうかもしれません(笑)
あと、この回は夕方と夜が舞台になってますが、そのあたりの色遣いが独特。緑色の髪のリナは珍しいw→

呪文を封じられた直後のリナの反応は、原作よりも深刻な感じですな~。
あんな切迫した感じの声と表情だったとは…。
まぁ、事態を思えば納得いくものではありますが。


10話【マイナス意見多め】
冒頭のリナが出立する場面や、ゼロス活躍場面とその後はよかったと思います。
ただ…それ以外は正直退屈で面白くなかったです。
個人的に、マルチナは25話以外苦手なのも影響してますが、同じく退屈な6話同様、違和感の強い描写が見られるのも低評価の一因です。

具体的に、違和感の強い描写を挙げますと…リナが、呪文を封じられたらマルチナと対等みたいに描かれてるのが物凄く苦手です。
リナの剣術の技量は、ガウリイやゼルのような超一流の使い手と比べれば明確に劣るとは言え、戦士の平均的水準より高い技量を持っていると思われます。

また、体術についても高い技量があるのでは…と思われますが、そのようなリナと、マルチナが同じように描かれるのはちょっと…。
もちろん、マルチナの戦闘力というのはよくわからないですが、たとえ多少武術を身に付けていたとしても、百戦錬磨のリナに敵うわけがないだろうと。

それと、リナは一度、マルチナかけた呪いで苦しめられた経験がありながら、素直に手袋を手渡す…というのは強引すぎる展開です。
レボでもこの手の無理矢理な展開が見られましたが(4・8話など)、非常に苦手だったもので…煩くてすいませんw
(しかしもう少し続きます)

あと、魔族との戦闘の最初にいきなり、唯一の武器の剣を投げ放ってしまうのも、魔法の使えないリナにとってあり得ない選択だろうと。
(言うまでもないと思いますが、魔族に普通の剣での攻撃は効かないのはわかってますのでw ただ、それでも、そこらに転がってる木の棒とは比較にならないほどマシでしょうから)
戦闘の描写自体も微妙でしたし、それではせっかくかっこいい感じの台詞(個人的にはそれも少し違和感ありでしたが)を言わせても効果薄かと。
そこでのリナのセリフに少し違和感あり、というのは、やられることを想定したようなセリフは言わないのでは…とか、あのような(武士や日本軍みたいな)昔の日本人的美意識を感じさせるセリフは、リナのキャラとは違うのでは、と思ったのでした。

TV版のセイルーン編が、原作と比べてしまうとどうしても見劣りする…といったことはブログ等で何度か書いてましたが、この10話はそうした話以前に、単純に面白くなかったですし、この回のせいでなおさらTV版セイルーン編の印象が悪くなってた…ということを見返して再確認…。

しかしまぁ…TV版って、ほんとに当方と相性の合わない回が存在するなぁ…。



11話
けっこーシリアスなんですな…。そして後半のリナが実にかっこいいです♪

11話も、個人的にどーしてもマルチナがあれですし、戦闘ももう少しそれらしく描いてほしい気もしましたが(あそこで決着するわけではないからやむを得ないでしょうけど)、神滅斬使用を決意するリナの切迫した感じの声はとくによかったですし、神滅斬はかっこいいです♪



12話
やはり皆様、フィルさんの服が違うことを指摘しておられるww
それはともかく、11・12話とも、脳内の記憶よりもシリアスな感じでかなり印象よかったですし、素直に面白かったです。やっぱりリナはシリアスな時が一番好きですな~♪

で、12話は、NEXTのこれまでの話の中で一番よかったです♪ 最後のマゼンダを倒す場面がとくに印象的ですが(これは本放送見たときも見事と感じました)、全体的にもかなり楽しめました。

このあたりの話の記憶はだいぶ薄れてはいましたが、TV版のセイルーン編も、10話以外は十分楽しめて水準以上だったのだな~と、今更ながら思ったり。
まぁ、個人的にはそれでも原作と比較してしまうと辛いですが、それを言い始めるとキリがないので封印でw

あ。使用呪文については皆様わかってるでしょうし言わないでおくw
当時は自分もさほど気にならなかったと思いますが…そのあたりについてはけっこういい加減だったのですなぁ…w

まあそんなことはともかく、戦闘のある回を見ると、リナの呪文発動時等を一時停止して見たくなるし、それを参考に絵も描きたくなるw そのあたりも今後の課題ですが、そんなこともやってたらますます楽しめそうです(笑)

リナさんすきすぎてつらい…。シリアス時のリナさんは声聞いてるだけでも幸せ…。
ああ絵ももっと描きたい…溢るるリナさんの魅力をもっと表現したい…。



13話
ギャグ多すぎなのが気になりましたが、思ったよりも戦闘はいい感じで、けっこう楽しめました。
空間を渡るカンヅェルの攻撃をかわす描写は、ここまでで最もいい動きしてたかと思いますし、神滅斬のリナは、見た目はもちろん、セリフも気合の声も素晴らしくかっこいいし♪

ただ、正直なところ、緊迫感はあまりなかったですし(その点では11話のほうが上でした)、後がない感じもあまりしないため、せっかくのリナのセリフのかっこよさが、あまり際立たないかな…とも思ったり。
他にも色々思う所もありますが、別の機会にそのうち書くと思いますw
※結局書いてないです(汗)

戦闘における細かい?ツッコミ所とかは、さほど気にならないです。
ただ、キャラの性格や行動に強い違和感があったり、能力の描写がおかしかったりすると…爆発します(笑)
あと、シリアス回→ギャグ回の落差が酷過ぎるのも物凄く苦手。(それらもあって14話はスルー)

(他の方へのコメント)
無印はツッコミ所多いとわかってましたが、意外と?この頃でもけっこうツッコミ所多いですねw
もう少し演出の仕方を工夫すれば解決できる部分もありそうですが、あまり気にしない方向だったのでしょうかw

自分にとっては、よくない回は、面白くないどころか絶題な不快感すら生じますが、いい回はこの上ないほどのものなので、十数年前からその差に悩まされ続けてますw
スタッフの方としても、気楽に楽しんでほしかったのでしょうけど自分には無理でしたw



(14~17話は未視聴。…察してくださいw)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/379-d95ed4dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。