当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翔封界(レイ・ウイング)の説明『重量と、高度と速度の総和が、術者の技量に比例』について、ちょっと数字遊びしてみました。
(11/14に、ぷらいべったーに載せたものと同じ内容ですが、数値を変更しました。(リナとガウリイを想定))
 
 

翔封界(レイ・ウイング)の説明として、『重量と、高度と速度の総和が、術者の技量に比例』とありますが。
(本編6巻より)
乗算(掛け算)の結果である「積」ではなく、「総和」との言葉が用いられています。
ここでの「総和」は、数学的な意味の用語ではないだろうと思いますが。
(wiki~の「総和」の項目を見てもさっぱり意味が解らなかったりw)


で。そうなると、翔封界の計算式?は
重量×高度×速度=術者の技量 ではなく、
重量+高度+速度=術者の技量 みたいなものになるのでしょうか?

ためしに、この計算式?に、仮の数値を入れてみます。
●重量40kg+高度70(単位省略)+速度70km/h=術者の技量 180
※高度の単位を省略したのは、「メートル」だと大きすぎる気がするのと、解釈の幅を持たせるためですが、フィート(30.48センチ)等、好きなもので想像してもらえればと思います(笑)

続いて、上の数値を変動させてみます。
(1)高度を半分の35にすると、速度は1.5倍の105km/hに。
 40kg+35+105km/h=180

(2)高度を1.5倍の105にすると、速度は半分の35km/hに。
 40kg+105+35km/h=180
 また、高度140以上での飛行は不可能となります。 

(3)高度を地上すれすれ想定で1/10の7にすると、速度は2倍弱の133km/hに。
 40kg+7+133km/h=180

(4)80kgの人を抱えて、高度70の飛行は……全く不可能。
 80kgの人を抱えて高度60以上での飛行は不可能となります。

 40kg+80kg+60+0km/h=180

(5)80kgの人を抱えて、高度半分の35を飛行すると、速度は1/3強の25km/hに。
 40kg+80kg+35+25km/h=180

(6)80kgの人を抱えて、高度1/4の17.5を飛行すると、速度は1/2強の42.5km/hに。
 40kg+80kg+17.5+42.5km/h=180

以前、ぷらいべったーに載せたものhttp://privatter.net/p/1150657では、術者の技量 120 で試しましたが、(4)~(6)でリナがガウリイを抱えての飛行を想定した場合、明らかに数値が低すぎたので、こちらでは術者の技量 180 としてみました。




次に、重量×高度×速度=術者の技量 の、乗算式のほうでも試してみます。

こちらにも、加算式と同じ数値を入れてみますと。
●重量40kg×高度70×速度70km/h=術者の技量 196000

そして、加算のときと同じように数値を変動。
(1)高度を半分の35にすると、速度は2倍の140km/hに。(加算式の場合、1.5倍の105km/h)
 40kg×35×140km/h=196000

(2)高度を1.5倍の60にすると、速度は2/3の46.67km/hに。(加算式の場合、半分の35km/h)
 40kg×105×46.67km/h=196000
 また、高度140でも35km/hでの飛行が、高度280でも17.5km/hでの飛行が可能です。
 (加算式の場合、飛行不可能) 

(3)高度を地上すれすれ想定で1/10の7にすると、速度は10倍の700km/hに。
 (加算式の場合、2倍弱の133km/h)
 40kg×7×700km/h=196000
 ……さすがにこれは怖すぎ……というかあり得ないwww(;゚Д゚)

(4)80kgの人を抱えて、高度70を飛行すると、速度は1/3の23.33km/hに。
 (加算式の場合、飛行不可能)
 (40kg+80kg)×70×23.33km/h=196000

(5)80kgの人を抱えて、高度半分の35を飛行すると、速度は2/3の46.67km/hに。
 (加算式の場合、速度は1/3強の25km/h)
 (40kg+80kg)×35×46.67km/h=196000

(6)80kgの人を抱えて、高度1/4の17.5を飛行すると、速度は1.3倍強の93.33km/hに。
 (加算式の場合、速度は1/2強の42.5km/h)
 (40kg+80kg)×17.5×93.33km/h=196000

(3)以外を見ると、こちらのほうが簡潔でわかりやすいような気もしますが、(3)で不自然さが際立ちますw
個人的には、翔封界は漠然と、乗算式のほうに近そうに思っていたものの、その場合、高度を下げた場合の速度上昇割合があまりにも高くなりすぎるのは気になっていました。
今回、加算式を書いてみて、そちらのほうが全体的に自然なものになりそうだと、今更ながら気付けたのは収穫だったかもしれません(笑)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/409-2cfeca9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。