当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、とりあえず初見の印象を掲載しておきます。
追って、前半と後半の2回に分けて掲載していく予定です。

※以下はネタバレですので、未視聴の方が続きを見ると、共に滅びの道を歩むことになると思われますw

 
 
これはあくまで、初見の印象ですが…

えーと……。
なんと言いますか……

いろいろとびみょーな気が……げふんげふんw

うーむ…。
正直、ちょっと期待し過ぎたかな、という印象がありますね…。
もちろん、悪くはなかったのですが、脳内で勝手に、もう少しドラマチックな展開&急展開を期待してしまっていましたw
そういう事を抜きにすれば、根本の話は概ね良かったと思いますし、2回目以降の視聴なら、かなり楽しめる内容なのではないかと思っています。
→2回目だとかなり熱くなれました♪(14:57頃追記)

けどやっぱり……

ぜんぜん終わってないぢゃん(笑) 

決着付いたのって、ザナッファーとデュクリスだけですか…。
しかもデュクリスは……うーむ…。
まぁ、尺を考えると、やっぱりそんなもんだったのかな、という気はしますけど。

…で。
最後に出てきた人は、どう考えても余計な描写だったと思うのですが…(汗)

なぜにすっきり終わらせてくれないのですか?
プロデューサーさんのインタビューでは、『最後は爽快感のある作品』ということでしたが…
あのズー○のどこに爽快感がwww


…それはともかく(笑)
やはり、最終話視聴前から感慨にふけってしまったのは、あまりにも早すぎたようですね…。
お恥ずかしい…(爆)

けど……これでもし次期の放送が地上波で行われないとしたら、どうしようもないですよ…(汗)


なんか、プラス評価を全然書いていないですが、いい部分もあったと思いますので、この後もう一度見返して、恒例?の、話を追いつつツッコミ&脱線する感想を書いていこうと思います。




なお、以下の文は、初見を見た直後にどうしても書かずにいられなくなった、気にならない人にとってはどーでもいい駄文ですので、興味の無い方にはスルー推奨いたします(笑)



■もはや恒例の(爆)BGMについて
…これについては後日、総括感想の中で書くと思いますので、重複部分が多くなりそうなのは目に見えていますが、ちょっと我慢できなくなりました(爆)

今回の話が微妙と感じられたのは、内容についても多少ありますが、一番問題と感じられたのは、BGMでした。
(気にならない方にとっては、ほとんどどうでもいい事だろうとは思うのですが(汗))

…もう、今まで以上に、ものすごく気になってしまいました…。

自分では悟りを開いたつもりでしたから、もう使用魔法や話の整合性の無さなどについてはかなり割り切れるようになりましたが、音楽方面については、自分の中での強い思い入れや思い出とも絡むせいか、なかなか割り切りができないようです。
(他のサイトさまを拝見しても思いますが、音楽に思い入れの深い方はそのせいで、どうしても気になってしまうのだと思います)


しかしまぁ…今回は…
…あくまで自分の印象ですが。

なんというか……BGMだけだと、ほとんどスレイヤーズTRYでした…。

…もはや、ダークスター(ヴァルガーヴ)はどこですか?状態(笑)

自分の場合、TRYを見たのは会社勤めの最初の年で(しまった歳がバレるwww)、学生時代と比べて大幅に自分の時間が減少してしまった事もあり、TRYはこれまでに2回くらいしか見れていないので、曲の具体的な使用場面(何話のどこそこでかかった…というような事)まではわからないのですが、それでも、だいたいどのあたりで使用された曲かは想像できます。
今回使用されまくった、TRYの終盤における曲は、曲として見ればもう本当に素晴らしく、大好きなものばかりなのですが……その曲と、それが使用された場面の印象が強すぎて、そちらにばかり意識が持っていかれてしまうのです。

誰か……お願いだから、頭から離れない曲と、脳裏に浮かんで消えないTRY終盤の光景をなんとかしてください。
猛烈にTRYが見たくなってしまいますw

…あのダークスターの曲は、個人的にまさに神曲ですが、あまりにも印象が強すぎて明らかに、今回の映像を食ってしまっています…。


あと、またしてもNEXTの禁断の曲(「金色の魔王(ロード・オブ・ナイトメア)」)が……。
誰か……お願いだから、頭から離れない曲と、脳裏に浮かんで消えないNEXT終盤の光景をなんとかしてください。
猛烈にNEXTが見たくなってしまいますw

…あの金色の魔王の曲は、個人的にまさに神曲ですが、あまりにも印象が強すぎて明らかに、今回の映像を食ってしまっています…。
(同じ事を長々と2回言うなw)


…ちなみに、『TRYorNEXTが見たくなってしまいます』というのは、本当にそう思ってもいますが、決していい意味で言っているわけではないです。
どちらかというと、曲の使用法を本当に何とかして欲しいという意味が強いです。

今回、新曲のないクライマックスというものを初めて見せ付けられましたが、それで改めて痛感できました。

やっぱりクライマックスは、新曲がないと駄目ですよ…。


旧作の名曲…とくに使用場面を特定して作られた曲(以下、専用曲と記述)ばかり使っていては、それがどんなに名曲であっても、いや、名曲であり名場面で使用された曲だからこそ、そちらの印象に引きずられるだけに終わりかねないですから。
…実際、自分は半ばそうなりかけました。
誰かダークスターをどうにかしてry(くどいわw)


まあ、個人的には、旧作の専用曲は、旧作での使用場面と関連のある場面での使用なら問題ないと思います。
(ですから、NEXT24話の神滅斬(ラグナ・ブレード)で使用された「破滅へのプレリュード」は、TRYでの神滅斬でたびたび使用されたことは何の違和感も無く、むしろ大歓迎でした。REVOLUTIONでは逆に、それが果たされず無念の涙を呑みましたが…(くどいw))

また、専用曲であっても、一見使い勝手のよさそうな曲もありますが、それを使い回ししていいか否かは、多少(?)個人差があると思いますので、そのあたりの線引きはなかなか難しそうです。

とはいえやはり、個人的には、旧作クライマックス曲のオンパレード状態は、さすがにどうなのかと思いますけど…。


そして……これも恐らく、新曲が無かったあおりを受けての事だと思いますが…
前回の12話に続いての、クライマックスでの「Plenty of grit」使用…。
これが残念でなりませんでした。
二番煎じは飽きられてしまって、話の盛り上がりに寄与できなくなるばかりか、初回での使用例における印象すら希薄にさせてしまいかねないので、本当に避けて欲しかったのですが…。

…こうなる事を恐れていたから、前回の感想で、
『主題歌を話の中のBGMとして使うのは、一度だけなら効果は大きいと思いますが、繰り返し使うのは避けて欲しいと個人的には思います』
と書いていたのに……やっぱり今回も使われてしまいました…orz

竜破斬(ドラグ・スレイブ)の呪文詠唱曲の事といい、今回の「Plenty of grit」といい…
期待の方は全く当たらないのに、悪いほうの予感はどうしてこうも的中してしまうのでしょうか?orz




ただ、今回の最終話の使用曲に関しては、曲のやりくりの工夫で、若干は改善できた可能性はあるものの、本当にそうしていたら、実際に放送されたものよりもやや盛り上がりにかけるものとなってしまった可能性は高いと思います。
やはり旧作の専用曲は、曲としては本当に素晴らしいので、それを使用しないとなると、迫力不足になりかねないでしょうから…。
前回までの話は別として、今回は、新曲が使えないという縛りがあった以上、これまで長々と述べた問題を、根本的に打開できる策が見当たらないのもまた事実のような気がします。

そうなると、クライマックス用の新曲(最低でも、今回の「Plenty of grit」の場面で使える曲)が制作されなかった事自体が、大きな失敗だったと思えてなりません。

REVOLUTIONでは、ほとんど新曲は制作されませんでしたが、それでもワイザーの曲などの新曲が少数あったようです。個人的には、それを作るくらいなら、最終話のクライマックス専用曲をせめて1~2曲でも作って欲しかったと思ってしまいます。

個人的には、クライマックスの専用曲は絶対に必要だったと思っていますが、自分のような、音楽的知識も無く、アニメにも全然詳しくない者でさえそのように感じるのに、プロの方がその事に思い至らなかったことは、本当に不思議でなりません…。

結局、クライマックスの専用曲が制作されなかったため、音楽の面からREVOLUTIONの名場面を振り返れるのは、「Plenty of grit」だけに終わりましたが(※1 下記参照)、それすらも12話と最終話の2回連続で使用されてしまったことで、印象が極めて希薄なものとなってしまいました。
(12話だけでの使用なら、個人的には好印象だったのですが…)
(※1)個人的には、旧作の曲を使用していながら、絵や場面が曲を食ってしまったように感じられた例が少数ながらありましたので、そういった曲を聴いても、REVOLUTIONを思い出せるとは思います。
すぐに浮かぶのは、こんな所でしょうか。
 ●OP前のリナの語りの際に流れた、「それぞれの出発」(スレイヤーズNEXT SOUND BIBLEⅢに収録)
 ●7話のズーマ対リナ、そして10話の神滅斬(ラグナ・ブレード)の際に流れた、「金色の翼」
  (スレイヤーズTRY TREASURY☆BGMに収録)
 ●これは、元の使用場面の方が印象は遥かに勝りますが…
  7話のズーマ戦後半、10話のガウリイ対ズーマの際に流れた、「とめられない想い」
  (スレイヤーズNEXT SOUND BIBLEⅢに収録)




REVOLUTIONの残念な部分は色々ありますが、個人的には、そのうちの大きな要素の一つとして、BGMの選定のまずさと、新曲の欠如を挙げる事は、決して避けられません。
そして、その問題が、最終話で最も露呈する形になってしまったのは、本当に残念な事でした…。
次期では、クライマックスに新曲が用意されている事と、曲の使用法の再考とを、切に願います…。




……ふぅ。
とりあえず、今言いたい事は大体書けました(笑)

音楽に関してはまだまだ書きたい事はありますが、それは総括感想の方に回す事にしますw

って……。
これはもはや、総括感想の部分先行版みたいになってしまいましたけど…(汗)

まぁ、せっかく書いたので、さっさと掲載してしまいます(笑)


…そんなわけで、追って、いつも通りの感想も掲載していきます。
2度目の視聴もこれからしますが……今度は素直に楽しめる事を期待しています(笑)


前半分の感想は以下のページです。
スレイヤーズREVOLUTION 第13話 「Misty 振り下ろされる刃!」 感想(2) 前半分
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/60-1834ffc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
微妙な終わり…ちょ、最後のはなに(笑)AT-Xでのスレイヤーズ祭り、アニメ第5期も既に決定されているスレイヤーズ4期もとうとう終わりです。 ...
2008/09/25(木) 18:46:04 | Shooting Stars☆
最終第13話は、デュクリスもまたザナッファーかが始まるお話。 ザナッファーの強いこと強いこと、本当に通常の魔法はまともに効かないみたいですねぇ。 デュクリスに対しては取り込むではなく同胞化を促進させたかったようで。 頑張ってザナッファー相手に戦っては...
2008/09/26(金) 00:12:50 | パズライズ日記
私の支配者はこの世で只一人!このリナ=インバースだけよ! 「スレイヤーズREVOLUTION」第13話のあらすじと感想です。 運命を切り開くと言う...
2008/09/26(金) 00:28:30 | 渡り鳥ロディ
スレイヤーズREVOLUTION Vol.1 ポコタの持つ光の剣がガウリイに託された。魔獣ザナッファーには光の剣による攻撃は有効だが、剣自体がレプリカであるため長期戦には耐えられない。ガウリイの攻撃により一旦地中に退避したザナッファーだったが、突如地中からレーザーブ...
2008/09/26(金) 16:24:23 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。