当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ、スレイヤーズREVOLUTION関連記事は、最後の大物の(笑)総括感想が控えていますので、自分の中では未だに決着はついていないのですが、現実の時間の流れとしては、最終回から1週間以上経過してしまいましたし、当ブログとしても一つの区切りを迎えたと思えますので、少々挨拶のようなものを書かせていただきます。
(あまりにも長すぎた13話感想で力尽きたせいで、そういった言葉を書き忘れていましたので、尻切れトンボみたいになっていますし(愚)
また、総括感想が書き終わるのは、いつになるかわからないですので…)

それと、この記事の最下部で、9/24にいただいた拍手コメントのお返事を書かせていただきます。
(とてつもなく遅くなってしまい、申し訳ないです…(汗))
 
 
まずは……当ブログをご覧いただいている方々に、感謝申し上げたく思います。

スレイヤーズREVOLUTIONの放送開始1週間前の6月25日に、駆け込みで当ブログを開設いたしましたが、実の所その時点では、自分に何ができるのか、また、どのような方向に進んでいくべきか、ほとんど何も見えていない中での船出でした。
…まぁ、とりあえずは深く考えずに、書きたい事をてきとーに書いてみよう、という程度でやっていましたが(笑)

それから3ヵ月少々の時が流れましたが……
結局の所、これまで自分がやってきたのは、基本的に無駄に長いだけの感想をえんえんと書き連ねるだけでしたが、それで、これほどの支持をいただけるようになったことは本当に予想外でしたし、ありがたい事だと思っています。
さすがに、REVOLUTIONの放送が終わってしまったので、今後は今までより来訪される方が減ってしまうのは避けられないとは思いますが、なるべくそうならないよう、色々とネタを考えていこうと思っています。


■スレイヤーズREVOLUTIONに触れることができて……
(どーでもいい自分語り)

スレイヤーズREVOLUTIONという作品自体についての印象や評価について、詳しくはまた機会を改めて書きますが……
今回は、内容に関わらない、どーでもいい事を書き連ねてみます。

REVOLUTIONについて、色々と言いたい事はあるものの(今までの感想でも既にけっこー漏らしてますがw)、とにかく、それを放送してくれた事は本当にありがたかったですし、また、このネット全盛の時代に体験できた事が、本当に嬉しかったです。
…自分の場合、このような「祭り」を体験できたのは初めてでしたから、なおさらです…♪
また、ギリギリで間に合わせたとはいえ、このブログを立ち上げておいて、本当によかったと思っています。

以前の記事でも書いた事があるのですが、自分の場合、スレイヤーズはあまりにも好きすぎて、それに没頭してしまうと私生活に支障が出るので(笑)、結構長い間、スレイヤーズと距離を置いていました。
その関係もあって、ネット上のスレイヤーズサイトさんを巡るような事も、あまりしていませんでしたから、REVOLUTIONの放送開始と共に、スレイヤーズ方面のネットへの本格的デビューということになりました。
そのようなわけで、ほとんどゼロからのスタートでしたが…
…それからの生活は、以前とは激変しました(笑)

まさに、生活の中心はスレイヤーズ(爆)

そして、睡眠時間がどんどん削れて…(愚)

この11年の間、溜まりに溜まったエネルギーというのは、自分でも驚くほどのものでした(笑)
…もう、いくらでも文章が書けます(笑)
時間が全然足りないから、書きたいものを全く消化できていないですけどw

REVOLUTIONにとくに感謝したい事は、自分がどれほどスレイヤーズの事を好きだったのか、再認識させてくれたことと、そして、これまでで一番といっていいくらい、熱い気持ちにさせてもらえたことです。
……正直なところ、自分でも、ここまでどうしようもなく好きだったとは、思っていませんでした(笑)
…って、こんな事を書いただけでは、全然伝わらないでしょうけどw

…もちろん、それでさらに、REVOLUTIONの出来もよかったのなら、本当に最高だったのですが…(笑)

そして、このブログを通じて、知り合えた方までおられるのは、もう何と表現したらいいのかわからないくらい嬉しいです。
自分の場合、ほぼ、REVOLUTION放送開始=ブログ開設という、ほとんどゼロからのスタートでしたので、なおさらです…。


ただ、(もう何度も書いておりますが)REVOLUTIONには、喜ばされる事も多かったですが、時には思いっきり凹まされることすらありました(汗)
そして、最終的に「悟りを開く」までになってしまったのですが…。
(それが11話の時でしたが、その時の感想で、自分以外にも「悟りを開いた」方が続出(?)していたのには、失礼ながら思わず吹き出してしまったものですw)

…こんな事を言うのは難かもしれませんが、REVOLUTIONは、びみょー出来だったからなおさら、良くも悪くも、絶対に忘れられない強烈な記憶になりそうな気がしています(笑)
ただ、本当に酷いショックを受けた回もあったので、それでもし、ネットもブログもやっていなくて、他の方の感想などを見る機会がなかったりしたら、相当長期間、立ち直れなかったかもしれません(汗)
そういう意味では、他の方の感想やご意見を目にした事で救われる思いがした事も多々ありました。
(とくに、ファーストインパクト(笑)の第4話の時は……)

…今は、REVOLUTIONが終わり、とりあえず祭りは休止期間に入りましたが、個人的には、感想が書き終わったばかりという感覚なので、寂しさのようなものはまだ感じていません。
ただ、そろそろそのような感覚も来そうなので、まずは原作本編でも読み返していこうと思っています。
…もちろんTV版旧作も早く見たいですけど、とくにシリーズ後半は凄まじい中毒性(?)があるから、視聴するには、かなりの覚悟と時間を用意しなければならないですし…(爆)
(なにしろ、サントラを聴くだけでも、もうどーしようもない状態になってしまうひとですのでw)


■感想についてうだうだと。
ちなみに……今回のスレイヤーズは分割2クールですが、正直言ってこれは、製作スタッフの方々だけでなく、自分としても助かりました(笑)
9話の感想までは当日の掲載ができていましたが、10話で様々な事情が重なった事でこれが崩壊し、11話で悟りを開いた後は、分量が極端に増大し始め、12話と13話感想になると、完全にスケジュールに破綻をきたしていましたから、もし、そのまま話が続いていたら、書いても書いても感想が追いつかなくなっていた事でしょう…(爆)

ところで。
文章というものは、それを書くのにかかった時間などというものに意味はなく、出来上がったものの中身が重要なのだとは思いますが、それは知りつつも、13話の感想の推定所要時間に触れてみます。
…自分の感想作成時間は、大雑把に言って、1画面分(1280×1024)で1時間前後かかっていますが、13話感想の5記事を合計すると…約42画面になりました。

…………。
まぁ……木曜に20時間近く?書いて、それ以降、水曜夜まで毎日平均5時間以上は書いてはいたのですが…(笑)
…どーりで、書いても書いても終わらなかったわけです(爆)

ここまでくると、次期の放送時には、感想の手法も一考したほうがいいのかもしれません…(笑)
重要部分以外のセリフの引用を減らすのが無難だとは思っていますけど、セリフの大部分を書き写しておくと、後々になってから、話の大筋を調べるのが楽ですし、「○話のあの場面で何をしゃべっていたのか」というのを調べるときにも便利なので、ちょっと捨てがたい気もします(笑)
それと、パロディ小説を書くときにも便利……かもしれません。書く機会があるかどうかはわかりませんがw
(無駄に思えるセリフの引用が多々あったように思われるかもしれませんが、ぢつはそのような意図もあったのですw なにしろ、気分がノッている時でないと、そんな労力のかかる事はできないですしw)



…本当に、どーでもいいことばかり書いていますが、いくら書いてもまとまりが出るとも思えませんので(爆)、このあたりで終わっておこうと思います。
今後も、なるべく週に2回程度、最低でも週に1回は更新したいと思っていますので、引き続きご覧いただけましたら幸いです。



最後に、9/24に『神滅斬(ラグナ・ブレード)語りを少々』の記事にいただいた拍手コメントのお返事↓を書かせていただきます。

お返事があまりにも遅くなってしまい、大変申し訳ありません(汗)
いつもご覧いただいているとの事で、ありがとうございます。

ラグナ・ブレードの呪文詠唱時のリナの低めの声……素晴らしいですよね。
これについては、かなり前から、いつか書きたいと思っていました。
盛り上がっていただけた上に、コメントまでいただけて、こちらとしても大変嬉しいです♪

リナの声については…普段の元気な声ももちろん魅力的ですが、呪文詠唱時のものは、それとは全く違った魅力が溢れていると思います。そして、その両者が違和感なく、同じリナと言うキャラの口から発せられているのがまた凄いです。
リナって、声も性格も、魅力の方向性が本当に多岐にわたっていて、どこまで魅力的なのだろう、と思わずにはいられません…。
…このままだと、リナ語りが止まらなくなりそうなので、このへんにしておきます(笑)

応援いただけまして、ありがとうございます♪
このブログは、スレイヤーズREVOLUTIONが終わっても『終わりはしない』ですので、今後もご覧いただけましたら幸いです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
感想記、これで最初の一区切りと言うところでしょうか。
お疲れ様でした。

ここ数回の感想は見るからに気合が入っていると言うか、だーくまろさん入魂の、そして渾身の文章と言う感じで、楽しみだったと同時に「だーくまろさん大丈夫なのかな…」と、ドキドキしながらアップを待っていました。
11話~13話までの感想も、だーくまろさんの愛をひしひしと感じます。大変読みごたえがあり、どの記事も食入るように読んでいました。
また、時々挟まれる冗談めかしたツッコミにも笑わせていただき(『完璧すぎるほどに無意味』が一番ツボでした)、ほんと面白くて、もっともっと読みたいと思ってしまいました。

13話・某キャラについての記事は、完全にやられたというか、当方が言いたいことをビシッと書かれていたので、もう自分書かなくてもいいかなーなんて思ってました(笑)。12話の某キャラへの思い入れ話も、当方もNEXTの印象に引っ張られていたところがありましたので、自分の心のうちを目の前で解説されたような錯覚を覚えました。

当方も、ここ数回は睡眠時間と感想とどっちを取るかという状態が続いてしまい、こちらに来て読みはすれどコメントを付けるには至らず、なんだか物足りない気持ちです。
もっと色々だーくまろさんとお話ししたいと思っているのですが、今から過去記事にコメントをしてもよいでしょうか…(汗)

総括感想、だーくまろさんがどのようなことを書かれるのか、もうすでにわくわく感が止まりません。ですが、今までの記事の執筆も大変だったと思いますので、どうかこれ以上疲れないよう御自愛くださいませ。

アニメスレイヤーズは小休止に入ってしまいましたが、今後も熱くスレイヤーズについて語っていかれるであろう、だーくまろさんの最新記事を楽しみにしています。
個人的には、音楽についてや、TRYについてどのような評価をされるのかが気になります(笑)
(SOUND BIBLE Ⅲ語りが面白かったので♪)

重ね重ね、3ヶ月間お疲れ様でした!
2008/10/05(日) 22:54 | URL | こまつなぎ #k6BPRcCM[ 編集]
はじめまして。
スレイヤーズに出会って以来、「リナだったらきっとこうする」とか、わたしは自分の中にリナを飼ってきたような人間ですので、管理人さんのいうスレイヤーズ中心の生活というのは共感できます。

さて、長きに渡る時の流れの封印から解き放たれたREVOLUTION第1幕が終わっちゃいましたね。
評価は人それぞれあると思いますが、わたしには「スレイヤーズ」と名のつくものに酷評することはできない。
最終回はホントにカッコよかったよ。
アクア・クリエイトの雨あられ、その水を繋ぎにダイナスト・ブレス。まだ新鮮な魔獣は暴れるから、獣人さんに一発どついてもらい、そしてラグナ・ブレード+光の剣で切って、トドメの増幅版ドラグ・スレイブ。
カッコいいね。
まさにIt's SLAERS.
あと、リナのセリフがよかった。
「あたしの支配者は世界でただ1人、このリナ=インバースだけよ」
「まあ人間なんて間違いだらけの不完全な生き物なんだから・・・頑張んなくちゃね」
自らを灯しに、たゆまぬ清浄行。
なんか仏教みたい。

今後ちょくちょくコメントさせてもらうと思います。
よろしくね。
2008/10/06(月) 03:49 | URL | 金色の魔王 #QVv3QJsY[ 編集]
>こまつなぎさん
こんばんは。
…ああ……またしても、先にコメントをいただいてしまいました…。
9/17に、こまつなぎさんのブログに『なるべく早いうちにコメントさせていただこうと思います』などと書いておきながら、いまだに果たせず申し訳ないです…。
個人的な勝手な思い込みなのですが、こまつなぎさんのブログの、9/16の記事にはコメントしておかないと、総括感想に着手するわけにはいかないと思っていたのですが…。
数日後には、それを果たしたいと思います(汗)

『ここ数回の感想』
もう、最終回だから…という事で全力を傾注して書いたつもりでしたが、それを感じ取っていただけて嬉しいです♪
…ちなみに、体調の方は、睡眠不足が続いてあんまり大丈夫ではなかったので、先週の休日は力尽きて半日寝ていましたw
(REVO放送期間中には、そんな長時間寝ているようなヒマはありませんでしたし…(笑))

ただ、あまりにも作業時間が長引いてしまった事もあって、13話感想の(3)では気力が尽きて、後半の戦闘についてのよかった部分をあまり書けなかった事が少々悔やまれます。
正直に言ってしまうと、好印象を持てなかった部分は、気力が落ちていても書けるのですが、よかった部分というのは、気分がノッている時でないと書けない面もありますので…。
そして、他の方々の感想を見て、「もっと書いておけばよかった…」と後悔です(愚)
このあたりは今後の反省材料にしたいと思います。

11話以降の感想は、もう何かが吹っ切れてしまったような気がしますw
そのあたりから、ツッコミや脱線の割合が増えていると思いますが、冗談めかして書くことも多くなりました。元々たわけな人間なので、そのような書き方はそこそこ得意なつもりですしw
『完璧すぎるほどに無意味』は、ザナッファー氏が「完璧な魔力と防御力を誇り…」などとほざくものだから、つい、皮肉の意味も込めて……(笑)
…ところで、この言葉がこまつなぎさんの13話感想に引用されていたことは光栄に思います♪
それを見て、こちらも笑わせていただきました♪

『13話の某キャラについて』
…意外とこの記事の評判が良くて(?)びっくりです(笑)
この内容を書く人はあんまりいないという事も影響していると思いますが…。
…ここで触れるのはどうかとは思うのですが、こまつなぎさんの13話感想でのデュクリスについてのお話は、当方の書き殴りっぽいものと違って、非常に筋道が立った整然とした内容で、またもや感服させられてしまいました。
「書かなくてもいいかなー」と思っておられながら、これを書けてしまうのは凄いです。
自分が、こまつなぎさんの考察を先に拝見していたら、まず書けないです…(汗)

『12話の某キャラについて』
こまつなぎさんの12話感想でのシルフィールの印象を拝見して、勝手ながら「同志!」と思ってしまいました(笑)
シルフィールを映像で見れたのはNEXT終盤が最後でしたから、やっぱりその時の印象が残りますよね…。

それにしても……これほどまでにありがたいお言葉の数々をいただけると大変恐縮ですが、本当に嬉しいですし、心底、感想などを書いててよかったと思います♪
自分も、こまつなぎさんの感想や考察は欠かさず拝見していますが、なかなかコメントはできず、もどかしい思いをしていました。
(このコメントを書くために、少々ブログを拝見しましたが、やはりコメントを残したい所がありすぎます(笑))

過去記事へのコメントは、もちろん大歓迎です♪
そもそも、スレイヤーズファンという人種は、十数年前の話で盛り上がる事が当たり前にできますから、数ヶ月前の話なんて全然過去ではありませんし(笑)
…何かが違う気もしますが(汗)、本当にどの記事にコメントしていただいても構わないです。
こちらからも、ぜひともお伺いしたいとは常々思っているのですが…(汗)
(ところでやはり、こまつなぎさんも睡眠を削られていたのですね…。本当に、この世で一番足りないものは時間だという事を痛切に感じます…)

総括感想は……どこまでツッこんだ事を書くべきか考え中だったりしますw
恐らく、最初に良かった点を書いて、その後、問題点指摘を何度かにわたって掲載するような形になると思いますけど。
ただ…一度書き出したら止まらなくなりそうで、ちょっと怖いような気が…(笑)
そう考えると、あんまり楽しい記事にはならないような気もします(汗)
それと……体調面へのお気遣い、ありがとうございます。

スレイヤーズについての語りは、もうそれをせずにはいられなくなっていますから、放っておいても自然発生し続けると思います。
楽しみにしていただけているのは本当にありがたいですので、なるべくご期待に沿えるようにしたい所ですけど…
音楽については、語れるほどの材料が揃うかが問題ですね…。
なにしろ、SOUND BIBLE Ⅲ語りも、ほとんど勢いで書いたものですから、「感動した!」とかそういう話ばっかりで、全然サントラの感想になっていないような気がしますしw
(それでももちろん、面白かったと言っていただけるのは嬉しいですが、もう少し感想らしいものを追加したいような気もしています)

TRYは……必然的に見返すのが最後になってしまいますので、それに関する事を書けるのは、かなり先の話になりそうです。
ただ、TRYを見る際には、こまつなぎさんの考察も拝見しながら見ていこうと思っていますので、以前見た時よりもさらに深く楽しめるだろうと楽しみにしています。

ちなみに、TRYについて、今抱いている印象を少しだけ書きますと…
オリジナルの話でありながら、他作品と違った良さを引き出せていて、かなりよくできた作品だったと思っています。
無印やNEXTと比べても、本放送時に感じた面白さや期待感は決してそれらに劣るものではなかったと思いますし、むしろ、オリジナルならではの未知のストーリーへの期待感という意味では、他作品に勝っている部分もあったと思います。
あえて順位付けすると、個人的にはNEXTが一番になりますが(なにしろ後半が凄すぎましたので…)、次点は無印かTRYか、微妙な所です。方向性が全く違うから、比較も困難ですし(笑)
ただ、いずれにしても、自分にとってはどの作品も、非常に面白かった事は間違いないです。
…後日、ネットを繋ぐようになってから、TRYが他作品より低めに評価される事が多いと知って、ちょっと意外に思ったものです(笑)

…ものすごく長くなってしまったような気がしますが、このあたりにさせていだきます。
こまつなぎさんも色々大変だったとは思いますが、3ヶ月の間お疲れさまでした。
それでは、また後日に…。
2008/10/07(火) 01:27 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
>金色の魔王さん
はじめまして。コメントありがとうございます。

「リナだったらきっとこうする」は、自分も考える事はありますが、直後に「やったらまずいな…」と思う事が多いのも、また現実だったりします(笑)
できる範囲内で、リナのような生き方はしたいとは思いますけど……自分の場合は、人間としての器が小さ過ぎるので、ほどほどにしておくのが無難そうです(汗)

REVOLUTIONをどのように評価するかは、本当に人それぞれでしょうね。
…素直に楽しめた人。
文句を言いつつも、それなりに楽しめた人。
REVOLUTIONを、スレイヤーズという作品として受け入れる事ができず、楽しめなかった人。
途中で見る事が辛くなって(もしくは単に面白くなくて)視聴をやめてしまった人。
…自分の知っている狭い世界の中だけでも、このような方々の姿が見受けられました。

金色の魔王さんが、もし「素直に楽しめた」のでしたら、それはもう間違いなく最高の事だったと思います。やっぱりこういうものは、楽しんだ者勝ちでしょうから。

自分自身は、かなり悩み、考え抜いた末に、何とか楽しめる術を見出したという人ですが、その結果として、「文句を言いつつもそれなりに楽しめた人」の中に入れました。
ただ、個人的な意見を言わせていただきますと…
自分としては、「スレイヤーズ」という名が付いた作品であればこそ、それにふさわしい出来のものを提供して欲しかったですし、1話・2話を見た頃は、そういったものを見れるだろうと期待していたのですが……結局の所、REVOLUTIONは残念ながら到底そのレベルに到達しなかった、というのが自分の偽らざる本心です。
もちろん、REVOLUTIONを放送してくれた事自体は、ものすごくありがたいのですが、一歩道を違えていれば、自分も「REVOLUTIONを受け入れる事ができず、楽しめなかった」でしょうし、現実としてそのような方も目にしていますから、素直に賛える事だけに終始する事は、自分にはとてもできません。

確かに、最終回はラストバトルをはじめてとして、素晴らしい場面が多々ありましたので、それは大いに評価したいと思います。自分の感想で、良かった部分について触れた部分が少なすぎた事を後悔しているくらいですし…(汗)
ただ、その最終回ですらも、主にデュクリスとザナッファーについて納得のいかない部分が多かったですし、リナのよかったセリフとして挙げていただいたものも、感想でも書いていますが、個人的にはどちらも、多少引っかかるものがありました。
後者の「人間なんて間違いだらけの不完全な生き物なんだから…」は、これを言った相手がポコタなのかデュクリスなのかで、評価は正反対になりますけど、どちらかと言うと後者にとられやすいと思える構成は、やはり問題があったと思えてなりません。

…なにやら、意に沿わない事ばかり書いてしまって申し訳ないですが、金色の魔王さんのご意見は、そういった感想を持たれた方もおられるという事で、参考にさせていただく事にします。
それでは、今後もよろしくお願いします。
(このコメントを見て、気を悪くされてしまったかもしれませんが…(汗))
2008/10/08(水) 00:00 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
>金色の魔王さん
いまさらですが、上のコメントが感情的なものになってしまった事をお詫びいたします。

当ブログの、REVOLUTIONの4話感想や8話感想、『第8話について再検証?などを』あたりでは、かなり容赦ない、とも思えるくらいの記事になっています。
それらに代表されますように、当ブログは、いい部分は絶賛しますが、反対に、良くなかったと感じられた部分はまさに『酷評』と言っていいくらい率直に書く、というような方向性でやっていますので、金色の魔王さんのコメントの『酷評することはできない』というお言葉が、当ブログの方針に疑問を投げかけたものなのかと思ってしまい、それに対するいいわけのような事を並び立ててしまいました。
(そのお言葉の前に『評価は人それぞれあると思いますが』との事も書かれていたのは、わかっていたつもりだったのですが…)
また、自分自身、いまだにREVOLUTIONに対する気持ちが整理できていない事もあって、そのような事を書いてしまった面もありました。

ただ、金色の魔王さんとしては、単に「よかった」と感じられた気持ちを素直に書かれただけだったのだと思います。
たまたまその中に、当方にとって『多少引っかかるもの』があったとはいえ、金色の魔王さんのお気持ちに冷や水を浴びせかけるようなものとなってしまった事は申し訳なく思っています。

実の所、先のコメントは数時間の間、どう返すべきか迷いながら書いたのですが、投稿後もそれでよかったのか悩み続け、結局の所、やはり不適切だったとの結論に達して、いまさらながら追加のコメントを書かせていただきました。
先のコメントの中で『人間としての器が小さ過ぎる』と書いていますが、まさにそれを証明するようなコメントになってしまったと反省しています。

ところで、個人的に、リナのセリフでよかったと思えるものは12話に多かったように思います。その中でも、
「残念だったわね。
あたしの知識、力、そして命はあたしのもの。誰にも渡すわけにはいかないわ!
もちろんあんたにもね!」
このセリフはリナらしさがよく出ていますし、その場面にもよく合致したもので、盛り上がりに一役買っていたとも思います。

…というわけで(?)、もしまだご覧いただいているようでしたら、よろしくお願いします。
2008/10/09(木) 21:22 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
久しぶりに来て見れば、なんか管理人さんがえらく恐縮しておられるようで・・・。
今しがたコメント拝見させていただきました。私にしてみれば、それだけスレイヤーズについて熱く語る管理人さんに好感をもつことがあっても、嫌悪感を抱くことはありませんよ。なので安心してください。
それに、テキストというものは作者の手を離れた時点で、いろいろに変容するものです。異なる解釈をしたり、異なる印象をもつなんてのは今に始まったことではないのです、だからこそ、意見交換であるとか会話が楽しかったりするわけで、そんな醍醐味を嫌悪の対象とはしませんよ。
まあ、そういうことですから、安心してください。
自分で言うのもなんですが、わたしはそんなに狭い了見の人間じゃないですよ。
2008/10/11(土) 10:36 | URL | 金色の魔王 #QVv3QJsY[ 編集]
>金色の魔王さん
コメントありがとうございます。
おかげさまで、救われた気持ちになれました…。

今にして思えば、当方のあのコメントを見たら、ふつうは「空気読めよ…」とのツッコミを入れたくなるでしょうし、腹立たしくも感じるとと思います(汗)
それを流していただける事は、本当にありがたいです…。

自分としても、他の方が異なる解釈をしたり、異なる印象をもつからこそ、意見交換などを通じて新たな発見があったりして楽しいと感じられる事が多いです。
ただ、先の当方のコメントは、やはり配慮に欠けるものでしたので、今後はこのような事のないよう、十分注意していきたいと思います。
2008/10/11(土) 22:22 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/65-bd1b0b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。