当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰かに褒められる人生
目指している訳じゃないの
私が喜ぶ生き方
ぶつかりながら見つけてく

楽に歩ける道よりも
つらくっても楽しみたい
忙しい退屈な日々
変えたいなら歩き出そう


いきなり「raging waves」の1番と2番のサビを引用した事には、ちゃんと理由があります(笑)

  
…というわけで。

不肖、だーくまろは、12月15日をもって、7年余り勤めてきた

会社を退職いたします(爆)



自分にとって「raging waves」は、人生の転機にあたっての究極の応援ソングなのでしたw 
 
…なんか、世間一般的に考えれば、いきなりぶっ飛んだ事を書いたような気もしますが、
たぶん気のせいだと思います。

10/24の記事で少し触れた、『わりと大きな決断』とは、この事でしたw
ちなみにこの記事は、自分の仕事についての話ばかりで、スレイヤーズとはほとんど関係のないただの日記ですので、興味のない方にはスルー推奨いたします。


前述の通り、退職する事は決まったのですが、会社側の希望もあって、完全に会社から離れるわけではなく、害虫…もといw外注としてそちらの仕事をある程度続ける事になりましたが、その作業は、会社ではなく自宅で行うようになります。

つまり、食糧調達などを除けば、基本的に外出不要という事にw

ついでに言うと、作業量は従来の半分以下に抑えるという事で、話はつけています。
なぜそんな希望をしたのかと言えば……
それはもう、時間を確保したいがため、それだけです(爆)

もっとも、5月からは別の仕事も始める事になりますが(そちらもすでに、ほぼ話はつけてあります)、それまでの間は、けっこー時間に余裕ができそうです。
(5月以降も、現在よりは時間を確保できます)

12月後半~4月まで、時間を多めにとるようにしたのは、ここをご覧になっている方にはもはや説明は不要かもしれませんが、最大の理由は、スレイヤーズの感想を書いたり見たり……
とにかくスレイヤーズを楽しむための時間を確保するためです(爆)

なにしろ、今度の祭りが最後になるかもしれないですから、
『おもい残さないで 今やるだけやろう』という事にしました。(また「raging waves」から引用w)
「…そこまでやるか?」という意見が多そうですけどw
まぁ、次期のスレイヤーズの出来にもあまり期待できないような気がするので、そのへんは引っかかる部分があるのですが。
…って、問題にする部分がズレてるかもw

しかし……これで放送時期の予測が外れたら大たわけですねwww
いまだに次期の放送が地上波でも行われるのかわからないのが困りものです。まさか、AT-Xの放送が始まってから地上波での放送も発表とか?
とりあえずは、まだ静観します…。



…というわけで。
これが、以前の記事の『今後やりたい事などを、思いつくままに書いてみます♪』で少し触れた、
『時間確保の秘策』の正体でした(笑)
(厳密には、当方のイメージしていたものと若干違う形になりましたが)

ただ、自分は1年くらい前から転職を考え始めていましたので、さすがに感想を書く時間を確保したいために転職したわけではないですので念のため(笑)
ただ、次期スレイヤーズにたまたまタイミングを合わせる事ができそうなので、利用できる状況を利用した、という事です。
当方のこの姿勢に呆れる方もおられるでしょうし、まさに「よい子はマネしちゃいけないよ」だと思いますw
ただ、自分は、『誰かに褒められる人生 目指している訳じゃないの』ですから…(爆)

こんなたわけな当方ですが、知り合いの一人からは、
「自分と同じ世界に生きてるとはとても思えない」
「生きるのって、けっこー大変だと思うけど、おぬしを見てるとそんな風には全く見えない」

とか言われたりしてますw
まぁ確かに、生きるのが大変だと思った事はあんまりないですけどw


しかし……辞める話を会社側に伝えたとき、『4月まで仕事量を抑えたい』という話は、向こうにとってはさぞ不思議だった事でせうw
いちおう、「旅行とかに行きたいから」という事にしておきましたが、12月後半から1月前半くらいまでは色々な体勢の移行準備期間という事も含めて完全に休みにしますので、旅行に行きたいのなら、その間にも行けるはずですしw
向こうからすれば、「どんだけ旅行に行く気なんだ?」と、思う事でしょう(笑)
それこそ、「世界を見てくる」なら話は別でしょうけどw
けど、実態としてはスレイヤーズ世界にトリップするようなものですから(爆)、ある意味旅行みたいなものと言えるかもしれませんw


※以下、スレイヤーズとは本当に無関係です。
自分の最初の就職先は、わりとふつーの会社(趣味と無関係の仕事)でしたが、その当時の仕事は全く面白いと思えず、単に金を稼ぐ手段にすぎなくなっていました。その上残業もけっこう多く、休日のためだけに生きてるような状況が続きました。
(知り合いの数人は、これより遥かに酷い状況に陥っていましたから、自分はまだマシだったのかもしれませんが…)
この生活に嫌気がして、数年後には現在の勤務先の、自分の趣味(二次元ではないですw)を活かせる超零細企業(社員数現在3人)に転職しました。
この転職で収入は減ったものの、仕事の充実度は比較にならなかったので、もうその時点で冒頭の歌詞のような生き方を決めていたようなものでした(笑)
もっとも、最初の会社にいた頃に「raging waves」を聞いて歌詞にえらく共感しつつ、「いつか転職せねば…」と思っていたのですがw

そんなわけで、物質的な充実度より精神的な充実度を極度に重視した人生を選択したわけですが、現在の勤務先に入って数年もすると、色々気になる点も多くなってきました。
休日の少なさ、休暇の取得できる確率の低さ(有給休暇などという制度は存在しませんw)、将来性の無さ、そしてなにより上司との相性の悪さ、といった所ですが、とくに最後の点は、仕事場で上司と二人きりでしたから、その空気は耐えがたいものがありますw
自分は、会社ではそこそこまぢめを装っているものの、実態としては私生活優先の人ですが、上司は超のつく会社人間で、しかも極度にマイナス思考の人なので、気が合うはずもありませんでした(汗)

結局、昨日になって社長に辞めたい旨を伝えたのですが、そこでの展開が妙な事に(笑)
現在の勤務先では、ある種類の製品の製造・販売を行っているのですが、そこで当方は、製品の設計、説明書や広告の作成、ホームページの管理など…パソコン作業の全てを担当していました。
そんなわけで、辞意を伝えると社長は「困ったな…」を連発。
上司はともかく(笑)、社長には恩義を感じているので、そのまま完全に辞めてしまうのはさすがに心苦しいですので、当分の間は外注として仕事を引き受ける事にしましたが、今後は外注のバイトが会社を支えるという、妙な構図になってしまいますw
(社員のまま自宅で仕事をするという案も提示されましたが、はっきり区切りを付けたかったのでそれは断りました)

そして、次は今後の給与面の話に。
仕事量を半分以下に抑えるわりには高い金額が提示されましたが、当方としてはその金額に見合う仕事はこなせないと思えたため、「それは高すぎる」と言いました。
しかし、社長いわく「こういう時はできるだけ多く貰えるように考えないと」
…なんか、妙な会話なようなw
当方としては、1月から4月までの間は、一時的に、貯金を切り崩す生活でもいいかと思っていたのですが(爆)、「それは駄目だ」と諭され、結局、生活を維持できる額は貰える事になりましたw

そして、社長から思いがけない言葉が…。
「○○君(自分の名前)のおかげで、△△(製品の種類)の××(会社名)としての地位を築くことができた。『どうしてこんな製品ができるのか?』と、お客さんにもよく言われる」
「○○君の代わりになるような人は、どんなに探しても、絶対見つからないと思っている。
その事は自信を持っていいんだよ」

感謝の言葉とともに、このような言葉をいただきました…。
…本当に、恐縮の至りでした(汗)
このような事は、どう考えてもここで書くような事ではないと思いますが、このありがたすぎる言葉を忘れたくないので、ここに書き留めておきました。
(自分はふつーの日記ブログを持っていないですし)
上司との不仲がなければ、多分あと数年は勤めていた事でしょう…。

ちなみに。
自分は、ある特定の方面の知識については少しは自信もありますので、それを今の仕事に活かせていたのですが、それが活かせない仕事についた場合、とたんに無力な存在になりますw
実際、最初に勤務していた、趣味と無縁の会社では、あんまり戦力になれていないようでしたし(爆)
というわけで、次の仕事も当然趣味関係ですw
(逆に、それ以外ではもはや生きていけないですしw)


スレイヤーズと関係ない日記をえんえんと書いてしまいましたが…
最後に。

やっぱり、こーゆー生き方って変わってるのでしょうか?
自分としては、自分にわりと正直に生きてるだけなのですが…(笑)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
素晴らしい生き方だと思います。
うらやましいです。
自分も見習いたいと思います。

あと、「世界を見てくる」の所で笑いましたw

REVOLUTIONが終わって1ヶ月くらい経ちましたが、
これからも楽しい文章を書き続けてくださいませ。
2008/10/28(火) 01:37 | URL | リナちゃんファン #-[ 編集]
まさにREVOLUTIONが終わってEVOLUTIONの時が来たようですね。

趣味を貫くその根性! すごいと思います。
まだ11話までしか見れてませんが、全話見たらまろさんの感想全部読むのを楽しみにしてます。
2008/10/28(火) 23:13 | URL | kobuta3 #sLo3ZbzM[ 編集]
>リナちゃんファンさん
ありがとうございます。
しかし正直言って、あまり先の事を見据えた上での行動ではないので、素晴らしい生き方かどうかは、かなり怪しい気がします(笑)
また、このような生き方は、背負っているものが何もないからできるものですから、基本的にはやっぱり、これを見習うような事はあんまりお勧めできないです(汗)

会社を辞めたい理由は「世界を見てくる」にすればよかったかもしれないですね(爆)
現実には、これを行うことはあらゆる意味で至難でしょうけどw

とりあえず、今後は時間が増えそうですので、今まで以上に駄文を連ねていきたいと考えています。文章以外にもやりたい事は色々ありますけど…♪
2008/10/29(水) 22:58 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
>kobuta3さん
REVOLUTIONというタイトルを最初に聞いたときは「長すぎて言いづらい、書きづらい、つづりがわからない」という事でびみょーに思ったのですが、その後間もなく、内心で転職する事を決意したので、「今の自分にはぴったりのタイトルではないか♪」と思えるようになりました(笑)
そんなわけで、スレイヤーズにも後押ししてもらって、自分の中での「革命」は実現できそうですが、「進化」できるかどうかは、これからの自身の行動次第ですから、色々と精進していかないと…と思っています。

「すごい」とまで言っていただけて嬉しいですが、単に自分勝手に生きてるだけとも言えますので…(笑)

11話までご覧になられたという事は残り2回ですか…。
ちなみに、12話と13話の感想は、とてつもない長文になっていますので(とくに13話)、1回分を見るごとに、その回の感想を見ていったほうがいいかもしれません(爆)
2008/10/29(水) 23:29 | URL | だーくまろ #pOpqBC3.[ 編集]
青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ
サミュエル・ウルマン

人生は後ろ向きにしか理解できないが、前向きにしか生きられない
セーレン・キルケゴール

人生を楽しむ秘訣は普通にこだわらないこと。
普通といわれる人生を送る人間なんて、一人としていやしない
アインシュタイン


人生楽しんでますね^^
青春真っ只中のだーくまろさんに幸あれ^^


真・友情パワー
キン肉アタル
2008/11/02(日) 15:38 | URL | アタル兄 #HfMzn2gY[ 編集]
>サミュエル・ウルマンさん
人生、死ぬまで青春……ならいいですね(笑)

>セーレン・キルケゴールさん
前向きに生きるのは、リナが好きなものに課せられた使命みたいなものだと思っています(笑)

>アインシュタインさん
自分は、はなから普通だとは思っていませんw
個人的見解としては、わりと普通といわれる人生を送る人は、けっこーいると思いますけど。

…先人の皆様へのお返事が済みましたので…(爆)
>アタル兄さん
自分は、今、もしくはほんの少し先の未来を楽しむ事を最優先に考えていますが、知り合いには「もっと長期的な視点で考えたほうが…」とか言われたりしますw
まぁ、当分はこのままでいいかな、と思ってますけど(爆)

ところで、アタル兄さんのお名前の由来はキン肉マンだったのですか?
2008/11/04(火) 22:58 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
名前の由来は「キン肉マン」のアタル様からです。
三次元でもそうですが、好感を持つことはあっても、男が惚れる漢っていうのはかなり希少な存在ですよね。
私にとっては、それがキン肉アタル様だったのです。
だーくまろさんが、「○○さん」と言っているのを見て、「アタル兄さん」と呼ばせられるかも・・・っていうか呼ばれたい!
という、なんとも不純な動機で付けたHNです(;^ω^A
2008/11/05(水) 18:29 | URL | アタル兄 #HfMzn2gY[ 編集]
>アタル兄どの
今回はひねくれた敬称にしてみましたw
多分次回も変えてみます(爆)

やはりキン肉マンが由来でしたか。
って、先のコメントを見るまでは全く気付きませんでしたがw

確かに、好感の持てる人物やキャラはけっこういますが、「惚れる」所までいく存在は、なかなかいないですね。
それで、二次元・三次元を問わず、探してみましたが……自分にとって、そこまでの存在は結局いないようです。「かっこいい」「尊敬できる部分がある」くらいなら別なのですが。
で、男に限らずというのなら、やはりリナだけという事になってしまいます(笑)
色々と感想などを書いてて、「自分って心底リナに惚れてるな…」と思ってますしw
(結局、この方向にしか向けない自分w)
2008/11/06(木) 22:35 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/72-b2f5f544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。