当ブログでは、『スレイヤーズREVOLUTION』『スレイヤーズEVOLUTION-R』の感想を中心に、スレイヤーズについて延々と暑苦しく率直に語っております(笑) 最近はスレイヤーズフィギュア紹介ページみたいになってますがw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月12日に、新装版スレイヤーズ13~15巻の表紙絵が公開され、13日にはアマゾンで大きめの絵が公開されたことは、すでにご存知の方が多いと思います。
↓15巻表紙だけ、いちおうリンクを。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4829133503/mm2gou-22/ref=nosim/

以下、この絵について、少し(?)語っています。
なお、ちょっとだけマイナス意見も入ってます(汗)
これは単に、当方のシュミが狭すぎるせいですが……(愚)
 
 

新装版15巻表紙についての語りがメインですが、13・14巻についても少しだけ触れておきます。

まずは13巻。
メンフィスがメインというのはかなり予想外でしたw
まぁ、冷静に考えてみると、登場機会の多さからして、こうなっても全然おかしくはなかったのですが、なんとなく主要キャラの中では影が薄いような気がしていました(汗)

続いて14巻。
ここでミリーナとルークというのは、もはや必然というべきでしょう…。
けどこの絵って……本編第二部を未読の方にも、この二人の辿る運命が見えてしまうよーな(汗)
(本編第二部ネタバレ注意 ↑文字色反転しています) 
 
…そして15巻。
自分にとっては、ここが大本命です。
そして、これが新装版の最後の巻ですから、それを目にするのもちょっと緊張してしまいます。
「今回はどんな感じでくるのかのう?
最後だから、リナとガウリイというのは当確だけど、ちょっと切ない感じか、それとも明るい感じか…?」
期待に胸を膨らましつつ、ページを開き……
目に飛び込んできたものは……

笑顔のリナとガウリイ。
…見慣れぬ格好の(笑)

「…あ……あれ?
服装が違うぢゃん……。
…な……なんで?」
( ゚д゚)ポカーン


…正直なところ、これが最初のリアクションでしたw
で、さらに言うと、最初はちょっと凹みました(笑)
これまでに何度も書いてますが、当方は本編後期の服装のリナが、どーしようもないほどに好きですが、ふつーに考えて、15巻の表紙にもそれが描かれるものと思い込んでいましたのでw
しかし、予想外のサプライズ(笑)を目にして、当方は数秒間、思考停止してしまったのでした(爆)

ただ、よくよく考えればこの絵は、本編終了後のリナとガウリイの未来の姿という事で間違いないですから、ファンにとっては妄想を膨らませるには十分過ぎるもので、大変貴重だと思います。
二人のブレスレットがお揃いというのは、もう「くっついた」としか考えられないですし(笑)
…これはもう、あらいずみ先生からファンへの、粋なプレゼントなのでしょう。
多くのファンの方が喜ぶ事は確実と思われます。
このブログ内で、個人的思い込みに満ちた感想ばかり書いておいてなんですが、これでも当方、ある程度は客観的な思考もできるつもりですので(たぶんw)、「これはこれで良かったのだ」と、わりとすぐに割り切る事ができました。
…って。こーゆー思考に陥る変わり者は、自分しかいないよーな気がしますけど(笑)


で、15巻表紙の二人ですが。
リナもガウリイも、鎧の類を全く身に付けておらず、リナはジュエルズ・アミュレットの類も見当たらず、それまでよりもずいぶんおとなしめな格好のように思えます。
この事から、交戦の機会が少ない状況における服装なのではないか……という気がしています。
具体的には、どこかの町(ゼフィーリア?)に落ち着いた後の普段着とか。
※よく見ると、リナの剣も見当たらないですね。(11/15追記)

それとも、この服装が旅姿だと仮定する場合……
二人とも、長年に渡って(リナの場合で最低5~6年くらい?)、見るからに戦う気満々の装備(笑)でしたから、何かよほど大きな変化がないと、それをやめるには至らないと思います。
…というわけで。
これはもう、カタート山脈の「北の魔王」をどーにかした後の姿ではないかと(爆)
やはり、それをどーにかしないと魔族の活動は沈静化しないでしょうから、それまでの間、リナは魔族に付きまとわれ続けるでしょうし。
リナとしても、それまでの経験から、魔族との腐れ縁が切れそうにないという事はわかっているのでは、という気もしますので(笑)、そうなると、やはり装備の軽装化は難しいと思われます。
(↓原作二部ネタバレにつき文字色反転)
というかむしろ、15巻でリナは魔血玉を失っているのだから、逆にそれを少しでも補うべく、新たな装備を追加するようになるのでは、という気すらします。
(なお、この説には、「魔族と事を構えているうちは、今まで通りの服装でいて欲しい」という個人的願望がかなり混入してたりしますw)

…まぁ、リナたちがゼフィーリアに落ち着けば、「北の魔王」が健在であったとしても、魔族もそうそうリナたちに手出しをできなくなるような気もしますけど(笑)
ただ、個人的には、やっぱりリナたちには少なくともあと数年は旅を続けてて欲しい、という気がします。
そして、ゆくゆくは「北の魔王」を打倒…(くどいw)
どーやって倒すのかなんて、全く想像がつきませんがw


をや?……おかしいですね…。
今回は、表紙絵についてごく軽く触れるだけのつもりだったのですが……またしても、けっこー長くなってます(汗)
…最初に見たとき、ちょっと残念に思ってしまった自分にすら、これだけの妄想をさせてくれるのだから、あの絵に秘められた魔力(?)は、やはりそーとーのもののようです(笑)
今度はそのうち、旧版・新装版の表紙絵全般についての語りもしたいな…と考えています。


余談ですが…
前回記事で、本編後期の服装のリナの絵を載せて、それについての執着を少しだけ語ったのは、べつに新装版15巻に絵に文句があったからというわけではないです(汗)
そちらの記事は、REVO総括感想をこそこそ書いている間、更新の間があくのを防ぐためと、記事にバリエーションを持たせるために載せただけだったのですが、この掲載のタイミングだと、ヘンな意図があるように見えなくもないので、いちおういいわけを書いておきました(汗)
…なんとも、タイミングの悪いブログですね、ここは(笑)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
服装からしてもう旅はやってなさそうですね。
ガウリイと一緒にゼフィーリアに住んでるんでしょうね。
新装版も終わったことだし、個人的に次は
「スレイヤーズ リナちゃん商い物語」あたり始めてくれると嬉しいです。
2008/11/16(日) 15:10 | URL | kobuta3 #sLo3ZbzM[ 編集]
>kobuta3さん
少なくとも、これまでの話のような派手な戦闘を行う事を考慮した服装にはあまり見えないですから、『ガウリイと一緒にゼフィーリアに住んでいる』可能性も高そうですね。
そのあたりはもう、決まった答えのある話ではないですから、各人が想像を広げて楽しむのが一番でしょうね♪

「リナちゃん商い物語」…ですか(笑)
けど、店を構えての商売だと早々とネタが尽きそうなので、結局旅に出てしまうような気もしますw
そうなると、リナ+ガウリイでの「すぺしゃる」もとい「すまっしゅ」になりそうですけど。
ただ、いずれにしても、できることならこの二人の「その後」の話も読んでみたいですね♪
2008/11/16(日) 21:44 | URL | だーくまろ #/I6ykovo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://linadonohahamaro.blog17.fc2.com/tb.php/80-ef46ff34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。